SDL Trados Studio 2015に翻訳する過程では、セグメントの先頭に二重引用符(英語で使用されている二重引用符)があれば、自動的に引用符(ハングルで使用されている二重引用符)で自動的に変わる現象が現れました。 このため、100%の一致が99%一致のように部分一致(Fuzzy Match)に変わる問題が発生しました。

この場合、 ファイル>オプション>エディタ>自動修正このオプションを無効にすると二重引用符が引用符で変わりません。

下の図では 「二重引用符 "をスマート引用符で置換のチェックを外しさせるようにします。

トラドスで二重引用符が引用符で変わる問題

この時まで問題なくSDL Trados Studio 2011を使ってきたが、最近になって互換性のある問題が発生して仕方なく sdlxliff ファイルの操作は、SDL Trados Studio 2015で作業しています。

Trados、MemoQなどの翻訳メモリ(TM)プログラムを使用すると、既存の翻訳を再利用することができ、用語の一貫性の維持などにより、翻訳品質の向上に役立ちます。 IT、技術、法律などの分野で特に有用です。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください