翻訳速度を向上させる方法II

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

running  - 翻訳速度を向上させる方法II

前へで翻訳速度を向上させるために役立つ方法を紹介したことがあります。

この記事は、以前記事につながる内容で次の翻訳カフェに最近上がってきた文の中で一部を引用したものです。

以下の内容は、単に参考のみしてください。 翻訳を初めて起動する場合にはしっかりとした習慣をつける良い効果があるでしょう。

作業速度を高める秘訣を気にする方が少なくないのですが。
作業速度を上げるには、意外に実力より仕事に対する態度や習慣が重要です。
なぜなら翻訳に食べ生きると思って起動するか、すでに翻訳を専業としている方であれば、実力が足りなくて速度が出ないのは間違った考えです。
そして武功をはじめすべての専門分野がそうであるよう固守から抜け出しチョゴスの境地に入るデエヌンぴったりしたことを学べばされるでしょう。

何よりも重要なのは翻訳の仕事に対する態度ですが。
私はいくら簡単に見える作業も「甘くする、やすい」とは絶対に思わない。
言語は常に変化する生物だ易いだけするはずはなく、どこかで本人の短い実力に嘆くか、挫折するほど難しい部分が必ずあり、おっとの間にとんでもないミスをする可能性がいくらでものです。
だから翻訳を職業とする人ならどのような場合でも、何もしやすいと思いません真剣で謙虚な態度が最も重要です。

このような態度をしない持てば、自分も知らない間に立ち上がるプたり、厄介な表現が少しずつ増して、最終的には少し手抜きのような、だから素人臭いが薄っぺら翻訳が習慣のように量産される可能性がのです。
私は30年以上が姿勢を一度も失わず、今も謙虚な姿勢を維持し、どんなに小さなことでも、より学び改善行こうと努力して、絶えず注意します。 TVを見たり、路上を通るときにも良い表現があればメモしておきます。 一生に一度しかならないはあっても、このような習慣が身に背面いつかは飛び出し出たんですよ。

それにしても私の翻訳品質が素晴らしいではないが、それでもいつもPMが三本の指に挙げるほどでは維持する最も重要な秘訣だと思います。

その次には 無駄な時間を最小限に抑えるすることです。
私の場合、最初に文字に翻訳してから1991年にコンピュータを使用した後、不必要な時間の無駄をなくすために続けてきました。

例えば、特に、長い文章の場合文章全体の翻訳が整理されるまで心配していません。
一目で、だから0.5秒で文章のおおよその構造を把握してブサジョルや従属節など一度簡単に翻訳されている部分から入力しておいて、残りの部分を順次完成していきます。
これ習慣になると、ある瞬間(最小数ヶ月でひどい数年かかるかもしれないが)ほとんどの英文が韓国語のように見えます。

そして文章全体の翻訳がすでに頭の中で完成された場合、手に加え、入力を任せ目は、次の文を表示します。
単語間の、文章の間などで移動するときにショートカットとマウスのどちらが効率的かどうか瞬時に判断して行動します。
だからたとえ20て分しか集中できないが無駄にする時間が全くなくて、他人が見ると、巨大な分量がさっさと終わります。

全体文を表示するには 次のカフェを参照してください(カフェに加入する必要があり文を見ることができます)。

私は最近、翻訳速度が多く落ち翻訳の仕事をしたくないという思いがよく聞きました。 翻訳を長い間してみると、スランプが来たのではないかと思われます。

そうするうちに数日前、インターネット回線の障害が原因で、インターネットが一日程度不通になりました。 KTの記事が訪問して、インターネット接続になるように修理するまでインターネットなしで作業をしました。 私は検索のために、Googleに絶対的に依存するため、インターネット接続がうまくいかなかった、少し心配になりました。

ところが、意外に普段よりも多くの量を同じ時間に消化することがありました。

少し考えてみると、その中に無駄な時間が多かったようです。 翻訳をして翻訳をするたくなければ、ネイバーからのニュースを見るでもユーチューブで動画を見るでもなど他のことをするのが常だったが、インターネット接続が正しくされていないようになると、無駄なところ無駄な時間が確認減っ翻訳速度も速くなっています。

そしてかつては随筆集を購入して、時間が飛ぶたびに読みながら、良い表現を身につけるため、それなりの努力をしました。 しかし、最近10年の間には、そのような努力はほとんどありませんでした。 また、Excelに新しい表現や良い表現があれば整理しているが思うように実践がよくないしました。 今からでも便利な表現があれば整理する習慣をかけて、やたら無駄な時間を減らし、生産性を高めるための努力をしていかなければならなりません。



3のコメント

  1. 翻訳なんて! モトジシね。

    海外の方の資料見れば、あまりにも良いの多いこのようなものの本に作って紹介したいと思い、この煙突みたい(笑)

    能力者おられます。

    応答
    • 最近、英語よくする人多いです。
      翻訳は、外国語を非効率的に活用する分野ではないかと思われます。
      英語や外国語をよくすれば言語能力を活用して貿易をしたり、他の分野に活用すれば、より生産的である。

      私が知っている方は、外国語を活用して貿易をしてお金をよく稼ぐね。 翻訳する頭だけ痛くお金を稼ぐことでは距離が遠いです。

      特に最近では、Googleの翻訳が多く発展して翻訳の需要自体が減る現象もあって。

      重要ではない材料であれば、Googleの翻訳を回し、次に少しずつ修正してご利用でもなりそうです。

      応答