[翻訳]最小単価と緊急翻訳料

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

翻訳をしてみると100〜200単語未満の少量の翻訳件を接する場合があります。 この場合、最小コストあるいは最小単価(Minimum Charge)を請求することが慣行だったいつからかMinimum Chargeを放棄し、分量に応じて費用を受けると要求したり、要求している企業が増えてきているようです。

一見1単語を翻訳したら、1単語の費用を、100単語を翻訳したら、100単語のためのコストを受けることが、顧客の立場では、当たり前のように見えることもあるようです。 しかし、翻訳の立場では、このようなことがなかなか難しいものはありません。 しばらく集中して翻訳をしている、このような依頼件を受ければ集中力が分散され、また翻訳をした1000ウォンあるいは100ウォンを受けると仮定してみましょう。 1000ウォンの仕事を100件を受けても10円にしかならないです。 このようにしてはなら本当にご飯食べて生きる困難になります。

個人的な考えは、いくつかの単語されていない場合は、無料にして与えることはあっても、それを持って1ドル内外を受けるのは気持ちもよくないし、このようなことは、電子メールをやりとりして、請求書(請求書)を作成するために、より多くの時間と労力がかかるではないか思われます。 特に、このような少量の翻訳件を多く取る場合力は力通り持ってお金はまたされていないジレンマに陥ります。

だから、重要な取引先がなければMinimum Chargeを放棄するように要求する業者とはほとんどの取引をしていません。 できればミニマムチャージを下げ、ある程度の下支えを維持しようと努力しています。

これとは別に、緊急に仕事を要求する企業もたまにあります。 特に中国企業が激しいようです。 事実緊急に翻訳を依頼する場合は、「緊急翻訳料」あるいは「円滑化のため」(Rush Rate)として割増必要がありますが、そのような場合は、珍しく顧客がRushので、コストを上げてくれるとすると、標準コストよりも高く受けます。

今日は非常に少量の翻訳を送ってきて15分〜30分以内にしてほしいと要請した企業がありました。 急いで30分以内にしてもらうながらMinimum Chargeを受けないように要求したら気持ちが軽く不機嫌になりました。

このような少量の翻訳件を時々送ってくるとサービス次元で(無料でも)してくれることができますが、この企業はしばしばこのようですね。

翻訳をしてみると、ますます翻訳者に良くない方向に慣行が流れるよう惜しい感があります。 最小単価も以前はかなり高いほうだったが、この費用も引き続き下落傾向にあり、さらには単語ごとに請求するように要求する企業も増えてきてね。 特に最近では、機械翻訳の性能が向上されており、間もなく翻訳系にも多くの影響を与えるよう、より心配になりますね。

同様の問題が翻訳関連のカフェで提起されたことがあって、しばらく考えてから個人的な考えを書いてみました。

Minimum Charge  -  [翻訳]最小単価と緊急翻訳料

次の翻訳する人カフェ

結局、少量の翻訳件を送ってくる企業がどのよう私重要かを判断して奉仕をしてくれるのか、それとも最小単価を要求するかどうかを決定するのがいいようです。

注:



コメントを残す