翻訳、どのように始めることができますか?

翻訳になる方法

はじめ

たまに翻訳をどのように始めることができるかある方がいて、それなりにまとめてみました。

まず翻訳はGoogleの翻訳と同じ機械翻訳の発達で、今後の見通しがあまり良くありません。 したがって、翻訳者として新たに定着するが、以前よりも困難になることができ、既存の翻訳も次第に量が減る可能性が濃厚です。

したがって翻訳としての仕事を開始する前に、真剣な悩みをしてみるといいようです。 かといって、非常に悲観的なものではありません。 それなりの見通し良く競争力のある分野を開発してスキルを磨きならチャンスはいつでも訪ねてくることができるのですから。

翻訳入門段階

翻訳について何も知らない状態であれば、次のような過程を経て翻訳に登録することができます。

  1. 翻訳技術の研磨(準備期)
  2. 就職活動
  3. 本格的な翻訳開始

このような過程は、他の分野でも同様に適用されます。

翻訳スキル研磨

まずすべきことは翻訳技術を磨くことです。 出版翻訳、映像翻訳、技術翻訳などの翻訳には、いくつかの分野があります。 私は出版翻訳で翻訳を開始しましたが技術翻訳に向かって転向しました。 映像翻訳について実践的な経験がないのでよくわかりません。 映像翻訳を検討している場合には、どうしても映像翻訳に関する専門的な教育を受けることが正しい方向ではないかと思われます。

翻訳能力を育てる方法に大きくスタディを通じた学習と塾を利用する方法を検討してみることができます。 スタディは、気が合う人が何人勉強会を組織して行うことができます。 この場合、プロの翻訳が勉強会に参加した場合、非常に効果的である。 本を一つ選定し、毎週のスケジュール分量を分けて翻訳した後に翻訳した内容を発表し、議論することで、スタディが行われるようになります。 あるいはまともな資料を選別して進行してもドゥェゴヨ。 それはお互いに協議して可能になります。

もう一つは、塾での翻訳の講義を聞くことです。 大学で行わ格安カリキュラムも時々あるようです。

  • 翻訳アカデミー正規課程第1期受講生募集

またはハンギョレ教育文化センターのような文化センターで行われる講座もありますね。

  • 予備翻訳のための翻訳入門10機

このような講座を利用することも大丈夫なようです。 ただし、注意すべき点は、翻訳の講義を聞く翻訳仕事量を与えるという場合に注意するのがよいようです。 また、下塗り翻訳という言葉を使用している塾も警戒することが望ましいです。 「ドラフト翻訳」ということ自体が存在しないんですよ。 誰がお金を与えて「下塗り翻訳」をワンでしょうか?


ちなみに私は上記の講義は、参考のためにのみあげたものであり私とは何の関係もありません(ハンギョレ関連リンクは誤解をするか見て削除しました)。 講義をドゥトドゥンスタディをするかどうか、あるいは独学をしても...どのような方法を選択しても、事前に十分調べ進行してください。

そして前述したよう下塗り翻訳云々したり、受講後チケットを与えるという条件を付ける場合には、翻訳のカフェで関連情報を検索してみると、確認することがありますので、検索後に受講するかどうかを決定してください。 (「デボンゲ」を検索してみるされます。といって「デボンゲ」が望ましくないという意味ではありません。ただし、このような塾の利用を検討している場合は、あらかじめ十分な情報を検索し、本人に適しているか確認することを意味であることをお知らせします。)

私はいくつかの方法を推薦しないちょうどそのようなことがあるということだけお知らせします。 私がこの文を金儲けの手段として作成した非難する方があって確実に明らかにします。 (実際にはこの文を作成すると、誰が主催してくれればと思います。スポンサーをご希望の方は、 こここのブログの運営を後援することができます。笑)


私は翻訳学院に通いながら翻訳を学びました。 偶然翻訳求人広告を見て探して行って翻訳を開始したんです、塾での翻訳求人広告を出して訪れる人々に翻訳講義を聞くように誘導するようなケースでした。 私は生活が余裕がなくて講義を聞くことができないとしたところ、その後、塾に登録をするが、コストは翻訳をしてカバーするように、当時副の勧誘を受け入れながら翻訳に入門しました。

翻訳学院で講義を聞きながら、多くの方が途中で放棄することを見ました。 スタディをかどうか、大学や文化センターで提供される翻訳講義を聞きも忍耐を持って最後まで履修することが重要ならないようです。

就職活動

ある程度の期間(例えば、6月)の間の翻訳スキルを磨くし翻訳に自信があるなら今の履歴書とサンプルの翻訳を作成翻訳業者に回して、本人PRを開始します。 最近では、翻訳カフェに求人文が着実に上がってくるのでそんな求人文を見て 無条件 履歴書を送るのもいい方法です。

しかし、あまりにもお粗末な単価を提示したり不合理な作業依頼件については注意が必要です。 履歴書を送信した後、電話をして、履歴書を提出したと教えてくれれば良いことができます。 ネイバーの「外周国"のようなカフェも文を上げるなど、様々なチャネルを介し促進することができます。(「外周国」のような場合、詐欺が頻繁にあるようだから一般的なメーカーとの取引時に少額の場合、全額、大きな金額の場合、前受金を受けて開始するがあります。)

そして、個人のプロファイルのサイトを作成し、本人の実力を見ることができるサンプル翻訳を置くことも役立つでしょう。 個人プロフィールサイトは WordPress.COM無料で提供されるブログを使用しても良いし(少し良くするには、有料プランを利用することができます)、または高速専門的なサイトを作ることができる ウィックスを利用することも大丈夫そうです。 Wix(ウィックス)はSEOが弱く検索がうまくいかないことができますが、見せるためのサイトとしては、これほどのこともありません。

このブログのようなワードプレスのサイトを考慮した場合、次の文を参照してください。

翻訳や関連言語の文を着実に投稿すると、Googleとネイバーなどで検索されてマーケティングにも役立つでしょう。

履歴書を送り続けるながら着実に翻訳スキルを磨くようにします。 そして待つされます。 履歴書を送ってもすぐにご連絡する場合は、珍しく、数ヶ月後に、あるいは1年後とくる場合もあります。

本格的な翻訳開始

エージェンシーでの問い合わせが来たら、簡単な翻訳テストを行うことができます。 翻訳テストを進行していないエージェンシーならなるべく働かないことをお勧め。 しっかりとした翻訳会社は、内部プロセスに基づいて翻訳をテストして管理します。 そうではなく中区暖房式で翻訳を管理する企業は、問題があると考えてもいます。

注: テストは、1〜2枚程度の分量で行われて困難な場合があります。 多くの分量をテストに要求すれば応じないことが望ましい。

翻訳テストに合格すると、翻訳単価と支払条件などについて協議をすることになります。 このような過程なしに無条件翻訳を与える企業も避けることをお勧め。 翻訳単価はキャリア、実力に応じて千差万別です。 しかし、あまりにも低価格は避けたほうがいいでしょう。 キャリアを積むための架け橋と考えている場合には、低価格の受注を考慮してみることができるがあまり(事実はまったく)推奨されません。

各翻訳を開始する前に、翻訳分量(単語数や刺繍)、単価、全体のコストを正確にすることが望ましい。 そうではなく、無条件にいけない場合分量と単価(あるいは正確な分量だけでも)をPOまたは電子メールを介して通知を要請するようにします。 もし「私たちを釘信じる?」とかそのような情報を提供することを快く思わない者がいる場合は取引を再考することをお勧め。 また、約定した翻訳料より少なく翻訳料を与えるも(通常3.3%源泉徴収をした後、翻訳料が支給されます)、約定した期間内に翻訳料を与えなければ、このような会社とは取引をしないようにします。 一度そう業者はずっと苦労を与えています。

翻訳エージェンシーを通さず、企業から直接連絡をしてくる場合には、翻訳単価を高め呼ぶようにします。 PMがなければならないことを自分で行う必要があり、翻訳後の文書のレイアウトなどを調整する付加的な作業があります。 そして翻訳料をどうぞあなたの手ができるリスクので、このようなすべての点を勘案して翻訳料を算定するようにします。 そして少量の翻訳はある場合には、翻訳料の全額を受けるようにして翻訳料が比較的高い場合の半分を先に受けて半分は納品後、数日以内(例えば、1週間以内)に受信するように約定をするようにします。

(時々知っている人からの翻訳を受ける場合がありますが、個人的にはあまり好ましくないと思います。知人とはお金の取引をはじめ、一切の取引をしていないことが最も良いようです。もし翻訳をした後、翻訳料を正しくなかっ受けるか、最善を尽くして翻訳をした翻訳品質のツッコミをかけとかすると知人との関係が断絶されることもあるでしょう。余談だがどのような方は、正常な新製品を安価に知人に売っても、後で良くない話を聞く場合もあると言った。笑)

参考までに、韓国だけの仕事をさせてお金を踏み倒す国もありません。 さらに、中国よりも深刻なのが、韓国のようです。

このような慣行を事前に決めて、個人のプロフィールサイトに置くと、役立ちます。

非常に大きな翻訳はある場合は、プロジェクトを分割して進行することをお勧め。 このようにしなければなら翻訳料を受け取っていなくても、被害を最小限に抑えることができ、一定の管理にも役立つでしょう。

翻訳を納品する前には必ずもう一度検討した後に送信するようにします。 そして、スペルチェックも必ず実行するようにします。 スペルチェックは、MS Wordに組み込まれた機能を使用します。 しかし、MS Wordに内蔵されたスペルチェッカーの機能が完全ではないので、疑われる場合、オンラインカスタム器を使用するようにします。

この手順は非常に重要です。 いくら翻訳がよくなっても誤字/脱字が発見された場合、良い評価を得ることができません。

翻訳エージェンシーのような場合は、最初の取引では、小さな仕事をします。 ある程度の信頼がたまる徐々に仕事を増やしていく方式です。 翻訳をして潜水に乗る翻訳が意外に多いです。 特に、韓国エソヨ。 決してそうすればならず、翻訳をしてやむを得ない事情が生じた場合に、できるだけ早くPM(プロジェクトマネージャー)に連絡して事情を話して仕事を返却するか、他の方法を見つける必要があります。

翻訳単価算定

出版翻訳の場合、以前に原稿用紙基準に策定したんですが、最近は確かに分かりません。 技術分野の場合、単語ベースで翻訳料を算定します。 これ国際的な基準であるため、なるべく言葉基準に翻訳料を算定することをお勧め。

原文が2バイト言語(例えば、韓国語)の場合、単語(Word)の代わりに文字(Character)基準で算定している場合もあります。

A4 1枚あたりいくら...このように策定する企業が昔にあったんです、A4 1章という基準が曖昧できるので、合理的な算定方法はありません。 A4基準である場合、いくつかの単語がA4 1枚で計算されるかしっかりチェックするといいようです。

単価は翻訳カフェで検索したり、お問い合わせしてみると、どの程度が適正レベルであることを確認することができます。 (国内でどの程度受けているかどうかざっと知っているが、誤解を避けるために、ここで言及しません。)

最小単価と円滑化のため

どんなに小さなことでもMinimum Chargeとし、最小のコストが請求されることが慣行です。 そして急いで仕事をする場合、円滑化のための請求されることもあります。 ここでの詳細については、 最小単価と緊急翻訳料 文を参照してみてください。

翻訳関連資格

翻訳会社では普通のサンプルテストを介して翻訳を募集していどの資格を必要としません。 したがって、翻訳資格取得を検討している場合には、よく調べて決定してください。

海外翻訳市場

私は現在、国内企業とは全く取引せずに海外メーカーでのみ取引しています。 海外メーカー取引の特徴をそれなりにまとめてみると:

  1. 翻訳料が国内企業よりも高い。
  2. QAプロセスが難しい。
  3. 翻訳料の支払い期間が30日〜60日長い。

海外メーカーは、国内メーカーより翻訳料が高いです。 しかし、高い常に良いことではありません。 それだけ多くを要求します。 私取引業者の一つは、翻訳して送信するレビュー担当者が確認し、変更を送信します。 修正してくれれば、たまに最終顧客で検討して、また修正を求めてきます。 (このプロセスは、珍しい方だが、時折、このような方法で仕事を進めるために固執する企業もあります。)次に、最終翻訳版を持ってレイアウト作業をした後、最終版をまた検討してくれることを要求します。 翻訳完了後に2回以上のコースをより経るれる方です。

そして翻訳料をPayPalまたは電信送金を介して受けるが、翻訳料を受ける過程でかなりの手数料が差し引かれていきます。 また、翻訳料の支払い期間が国内の場合、通常30日程度であるが、海外では、慣行が2月のところが多いです。 このようないくつかを考慮する海外メーカーと働くことは常に有利であるとだけすることはできません。

国内である程度のキャリアを積んで翻訳に自信が満ちなら海外市場に挑戦を試みることができます。 海外メーカーもインド、中国などでは低価格を要求しても、国内単価よりも低い場合もあります。 そんな企業は無条件避けてください。

* 2018年1月追加: Proz.comを通じて海外で仕事をすることができます。 個人的にはProzを利用しません。 全体的に単価が多く下落し1回限りのことが多いようです。 詳細については、次の記事を参照してください。

翻訳ツール

このブログにSDL Tradosをはじめとするいくつかの翻訳メモリツール(Translation Memory Tool)について説明します。 CAT(Computer-assisted translation;翻訳支援ツール)ツールとも呼ばれるTMツールは翻訳のリサイクル(reuse)に焦点を置いた翻訳補助ツールです。 技術翻訳をする場合は、Tradosをはじめとするいくつかのツールを使用する必要があります。

Tradosツールは比較的高価です。 しかし、私が最初に翻訳を開始する時には、ほぼ100万ウォンに達したために、今は価格が多く低くなっています。 このようなツールは、特にTraodsを使用できるかどうか聞いてきたら、無条件にすることができるとしてTradosサイトで30ことTrial versionをダウンロードして使い方を身につけるになります。

使い方は この記事に導入された映像を参照してください。

自己管理

私は初期の翻訳会社である途中の専門翻訳フリーランスに転向しました。 初めての翻訳を開始すると、フリーランスとして開始されます。 フリーランスは、仕事があれば仕事をし、仕事がなければ、遊んでいる場合があります。 したがって、初期には他の仕事を兼ねながら、翻訳としてのキャリアを開始することもお勧めします。

専業翻訳として仕事をする場合は、プロジェクトを受信スケジュールを設定し、そのスケジュールに基づいて仕事を進めることが重要です。 そして、大規模なプロジェクトであれば、常に一定より少し早く仕事を完了するようにスケジュールを設定するようにします。 楽々仕事を受けることをお勧め通常急いてくる場合があります。 あまりにも多くの分量を急いでしてもらえば無理してすることも拒絶することをお勧め。 (無理に仕事である健康を害することができます。)

一日に消化することができる分量を定め、それよりも超過した場合、受けていないことが長くていく方法です。 スケジュールがゆったりことを受ければ余裕ロプダゴ他の仕事を受けたりするなど、余裕をブリーダーが床を見る方もたまにします。 常に合理的にスケジュールを管理する習慣をつけることをお勧め。

健康管理にも気を使わなければならいます。 翻訳をしてみると、ストレスをたくさん受けます。 その後、酒ストレスを解く方もいますが、そのより運動や散歩などを通じて日運動の調和を図る方法を探してみてください。

注: 初めて業者と取引する際の信頼関係を構築することが重要です。 そして、他の仕事で忙しい場合は、事前の通知メールを介していつまで仕事をできないと知らせるのも良い方法です。 海外メーカーの場合、翻訳作業が可能な日と不可能な日を記入することができる空間を提供しています。 (国内の場合かどうかわかりません。)

複数回連続して仕事を拒絶すると、取引途切れる場合があります。 特に、韓国でそうです。 したがって、仕事を断ることも、賢く拒絶する方法を身につけることが重要です。 あらかじめお知らせを与えることも一つの方法です。

翻訳エージェンシーとの関係

翻訳とエージェンシーとは共存関係という意識を持って仕事に取り組めばいいようです。 翻訳者は責任を持って約束したスケジュール内に問題なく作業を完了する必要があります。 エージェンシーで翻訳を無視に対する場合はないだろうが、もしそのような態度を持つメーカーやPMがある場合は取引をしないことです。

翻訳と翻訳会社との関係

ほとんどの翻訳会社の場合翻訳プールに依存するようになります。 そして検証がされた少数の翻訳とだけ仕事しようとする傾向があります。 それしかないのが新しい翻訳者に仕事を任せが問題になる場合があります。

したがって、一度関係をよく結びおけばかなり長い間取引することができるのがこの業界でもあります。 また一方では、良好な関係を確立することは容易ではない面もあります。 翻訳のスキルを向上させながら待っていると、必ずチャンスが来るようになっています。 実力のある翻訳者は忙しい場合があります。

他の翻訳者が難しく拒絶した翻訳が私にまで来るかもしれない。 このような場合の機会であることができるが、他の翻訳者がいない翻訳を初心者翻訳が正しくて賭けとそれほど手強いができます。 いろいろ初心者翻訳者がしっかりとした仕事を任せが容易ではない側面があるようです。

ちなみに翻訳プール悪い業者の場合、検証されていない翻訳者に多くの翻訳分量を任せしようとする場合があります。 そのような場合は注意が必要です。 (重要な翻訳の場合実力が検証された翻訳者に任せしようとしてい取引関係がなく検証されていない翻訳者に任せしようとしません。)

最初は少量の翻訳件を任せ信頼できるかどうかを確認するための手順が必要です。 翻訳エージェンシーの場合翻訳が責任を持って時間内に翻訳をきちんとして生じるの検証されます。 翻訳の場合エージェンシーがしっかりとしたシステム(プロセス)に基づいて業務を遂行しているか、そして決済が約束どおり行われるかなどを調べて見ることになります。

顧客管理

実力と責任感を備えると、良い会社と働くことができる可能性が高くなります。 現在取引している会社の単価が気に入らなければ、まず単価引き上げを要求し、要求が受け入れられなければ、新しい会社を見つけるてようにします。 翻訳をして、少し暇ば常に求職活動をするようにします。 ポートフォリオを更新して、プロファイルのサイトに上げて、ブログを運営する場合、翻訳や英語と関連記事を着実に上げていくと、より多くの機会が訪れるように設けています。

長い間取引ながらも突然取引途切れることが床でもあります。 私はほぼ10年以上取引する撮像業者に現在食べ住んでいるが、このような企業が、いつ取引切断される知ることができません。 その場合は、新しい会社に連絡して、新しい関係の構築に乗り出すます。 一箇所メーカーにも依存する場合、その業者との関係が疎遠になると、大きな困難に直面することができます。 したがって、あまりにもした企業に依存しないよう配分することも重要なことです。

だからといってあまりにも多くのメーカーと同時に関係を結ぶことはできません。 多くの中から、私の相性が合うメーカーとの取引になります。 個人的な経験上、いくら評判が良く、優れたメーカーでも出て相性が合わない場合は取引あげるますね。 適正数の顧客と取引をするようにして、取引関係が切断される兆候が見えたらすぐに新しい会社を検索するようにします。

注: 年末年始や重要な祝日がある場合に年賀状や電子メールを介して挨拶するのも良い顧客管理の方法の一つです。 この時までに取引していたすべての業者に送信長い取引なかった業者から連絡が来ることがあります。

ボーナスのヒント:サンプルテスト【2018年1月1日追加]

上記のしばらくのサンプルテストについて言及をしたんです。 少し付加言うと、サンプルテストは1〜2章内外が適当です。 あまりにも多くの分量を必要とするとしていない方がいいようです。

しっかりとしたメーカーでは、サンプルテストにも費用の一部を支給します。 そしていくつかのベンダーは、「24時間以内に完了」などのように、時間に制限を置く場合もあります。

通常のサンプル指紋は非常に難しい方です。 コンテキストを知ることができなければ、翻訳できない場合もあります。

私はしたときに、テスト翻訳に応えるほとんど合格し、グローバル企業で実施したテストの翻訳にも合格したことがあります。 その際接続された翻訳会社の中で相性が合うメーカー数社と現在までの取引をしてきています。 (最近では、サンプルのテストに応じる機会がほとんどなかった、2年前、米国のある大型翻訳会社で行われたテストに合格したがしばらくの間の取引関係がないが、最近に少しずつ取引を開始しています。 "Wordfastを購入しました"参照)

サンプル翻訳を完了した後に、全体的に参照することが重要です。 読んで見て、少し奇妙な表現(普段よく使用していない表現や翻訳ツー)がある場合は、その部分は、再検討することを推奨。 良い結果を出すためには...

  • 無生物が与えられた構文は、翻訳で人が与えになるように変更することをお勧めします。 (例えば、This software requires successful installation of these groups - >このソフトウェアは、これらのグループのインストールが必要です。(X)」IT分野で「Require」単語の翻訳"参照)
  • 名詞の一覧も良くありません。 動詞句に変えることを考慮し...( "文章をきちんと書く9のヒント"参照)
  • Youは翻訳できません。 基本的な事項です。 「あなた」、「あなた」...などは、平均以下の翻訳です。 あえて表記しなければならなら状況に適切な表現を検索します。 例:「ユーザー」または「お客様」
  • 読んでみて変な表現がある場合は誤訳である可能性があります。 完全に別の角度で考えてみると、意外に役立つことができます。
  • 一貫性を維持します。
  • 必ずスペルチェックを行います。
  • 良い表現を見つけるための悩みが必要です。 文書を接するときに簡単に考えると、誤訳が出てくる可能性があります。

初期には難しい内容の文書であっても受けて熱心に検索して悩みながら翻訳をしました。 しかし、最近になって難易度が高い文書が来ればよくない引き受けるなりますね。 何度断っているため、難しい文書の翻訳はしたくないいるようです。 実力が良くても文字だけになって自分の開発を怠るとまあまあ翻訳がされているのはすぐです。 過去数ヶ月の間に、他の分野に焦点を当ててみると翻訳を少し怠った気がしますね。 2018年には、心を新たにして初心(初心)を取り戻すために努力しなければなりません。

おわりに

挑戦は、それ自体で美しいものです。 そして若者だけの特権ではないか疑問に思うこともあります。 もちろん年齢が入っても、新しい挑戦をすることができますが、加齢に伴っ新たな挑戦をするということは、かなりの勇気が必要です。

翻訳をするほどの語学力を備えとすれば、他の分野に挑戦しても十分に成功できると思われます。 それでも翻訳を必ずしなければと考えておられる場合は、上記の文が少し助けになるでしょう。

追加

上記の文の「金儲け」のために作成した非難する方がいらっしゃって、これに対する内容を反映して修正しました。 この記事では、いくつかの私心が入っていません。 ただし翻訳を開始し、戸口がないとは言い願いで、この記事を作成したものです。

そして極めて常識的なレベルの内容を入れようと努力しました。 例えば以前に国内メーカーラング働くとき翻訳する前に、私は受けることになる正確な翻訳料を知らずに仕事をした後、実際に受ける翻訳料が私算定した翻訳料との差が出る場合がほとんどでした。 今では、このような慣行が非常に不合理であることを知っているが、当時はそのような認識を持たんでした。 このような慣行が依然としてられるしれません。 おそらく、一部を除いては、合理的に仕事をしていないかと思いますね。 最近の慣行についての下のコメントでお知らせいただければ、この記事に反映するように努めます。

注:

カテゴリー 翻訳

12のコメント

  1. 文感謝よく読みました。 流れを把握するために大きな助けになりました。 ありがとうございます。

    応答
  2. 翻訳に生計をしたくて前後に見つけていた中に入って来ましたどこにも聞いて見所が超過良い記事ありがとうございます。 大まかな流れを知ることになったのだけで大きな助けになりました。^^

    応答
  3. 良い文よく読みました。 一時翻訳に興味を持ったことがあって興味深く読んだね
    専門プログラムがあることも初めて知りました。 私はちょうどスクリブお前、MS Wordのようなもの書くと思った専用プログラムが存在ね+ _ +)

    応答
    • 翻訳メモリツールと翻訳した内容を保存したが、同一または似た内容が出てくる提示する機能をします。 特に技術分野で多く使用されます。 しかし、同時に同じ内容は、コストを支払うことなく、同様の内容の場合、同様の程度に応じ費用を刈る用途にも使用されます(笑)

      応答
  4. 翻訳関連のカフェで私の文を見て「金儲けの手段」と非難する方がいらっしゃって、それに関連内容を追加しました。

    もしこの記事を「金儲けの手段」として作成した場合は翻訳関連学院の後援を受けて、特定の塾に登録を誘導するように文を作成したようです。 しかし、私はそのような塾や団体で文章を良く書いてもらうお金を与えるともそのような要求は受け入れられないでしょう。

    上記の内容は、可能な常識の線で考えることができるように作成されました。

    例えば、私は以前に、国内の翻訳会社と仕事をすると、各翻訳件について私はどの位支払われるかについての情報を全く提供届きません。 いくつかの場所と仕事したすべての企業がそのように働いた。 そして、実際にコストを受けると、私は自主的に算定した費用との差が出る場合がほとんどでした。

    しかし、海外メーカーでは、翻訳をする前に、PO(Purchase Order)を受けたり、他の方法で、各プロジェクトごとに正確な分量とコストを確認し、条件が気に入ったら、Confirm(確定)して作業を開始し、作業が完了すると、通常月末に完了したジョブ件を集めて請求書(Invoice)を送信することによって行われます。

    韓国の場合、企業と仕事をすると、請求書を送ってもらう場合があったが、エージェンシーの場合は全くそのようなことがありませんでした。 一言でシステムが整っておらず、どんぶり勘定式に仕事をしているのです。 翻訳者は自分の仕事のために正確なページを知るかない状況で仕事をするようになって、これにより、ページを支給されるときに不満を持つようになるような構造になっているようです。

    最近も、このような慣行で仕事をしていること正確に分かりません。 これに関連し、最近、韓国の慣行をお知らせいただければ、上記の文を更新するようにします。

    また、翻訳学院について簡単に申し上げますと翻訳学院は翻訳を養成するところがありません。 他の塾と同様に塾の目的は、利潤創出で翻訳を養成するという使命を持って運営されているところがありません。

    したがって 翻訳能力を向上させる目的で翻訳学院に登録すべき、そうではなく学院で実施する資格を取って仕事を受けるという目的のために塾に登録すると、明らかに期待とは異なり、後悔することになるでしょう。 これは私がする言葉ではなく翻訳関連のカフェを検索見れば簡単に知ることができます。

    翻訳学院には、次の文でまとめてみたので、参照してください:
    https://www.thewordcracker.com/translation/%EB%B2%88%EC%97%AD%ED%95%99%EC%9B%90%EC%9D%98-%EB%AA%A9%EC%A0%81%EC%9D%80-%EB%B2%88%EC%97%AD%EA%B0%80-%EC%96%91%EC%84%B1%EC%9D%B4-%EC%95%84%EB%8B%99%EB%8B%88%EB%8B%A4/

    応答
    • 特に韓国の塾という企業は単に学生を金儲けの手段として見る傾向が強いでしょう
      学園行っ上手人々は一人もよくいます。 ただ学ぶ速度の差しかないだけです
      だから塾をも盲信する人々を見ると、息苦しくもあります。

      応答
      • 相談する従業員の話を聞けばすぐにプロの翻訳でデビューすることができるという考えを持つようにされるします。 しかし、現実はそうノクロクていないため、後で被害を見たが...法的にはそのような営業方式が別の問題はないか表示します。 そして学院ホームページに翻訳が有望職種であるかのように施されています。 実際にはその逆なのに...

  5. オ本気がにじみ出る文よく見ました。
    鮮やかな経験とアドバイスがこの分野に興味のある方は本当によさそう。

    ちょうどいいコンテキストのみ把握する私はただ羨ましいだけ。

    応答
    • コメントありがとうございます^^

      翻訳分野が以前から下り坂ですけど、もうGoogleの翻訳などの機械翻訳発展に、より加速されたように思える残念です。(笑)

      他の分野と同様に、最初に翻訳を開始するときジャークをよく分からなくて不利益を見る場合があります。 私もそんな被害者の一人よ。

      ところが、他の分野で働く方と話を分けてみると、最初に社会生活を起動したときにお金を剥がしてみた方が意外に多いですね。 韓国メーカーだけ有毒お金をしない与えようね。 最近では、多くの良くなったが、苦労を与える企業がたまにありました。 海外では全くないわけではないそう深刻ではないんですよ。

      応答
  6. 翻訳エージェンシーを通さず、企業から直接連絡をしてくる場合には、翻訳単価を高めなければならない理由は、翻訳会社で処理しなければなら仕事を翻訳者が直接必要があるため、ワークロードがそれほど悪化されるからです。

    もしかしたら追加して質問がある場合コメントでお知らせください^^

    応答

コメントを残す