機械翻訳の発展が翻訳に及ぼす影響

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

機械翻訳最近の翻訳系の話題の一つは、パフォーマンスが改善されたGoogleの翻訳のものです(参考)。 10〜20年前まで、私は翻訳で活動している間、機械翻訳の影響を大きく受けないと思ったが、技術の進歩は、思ったより早く進行されているようです。 最近、Googleで導入した「ニューラルネットワーク機械翻訳」(Neural Machine Translation:・NMT)は、このような機械翻訳の発展をよく示しているようだ。

取引先のいずれかで、数日前に数年間進めてきた特定の企業のプロジェクトに対してcustom MT Engine(カスタム機械翻訳エンジン)を適用して、その結果を分析して送信しました。 つまり、単に翻訳した時と、特定のベンダーに合ったMTエンジンを適用したときに処理する分量を比較したものでした。 作業には、オンライン翻訳メモリ(Translation Memory)ツールが使用されました。 その翻訳ツール翻訳または監修を進行する時間をチェックする機能があったが、その機能を使用して統計を出したようです。 (翻訳をして1〜2分の入力をしないと、自動的に集計時間が止まる機能がそのツールに組み込まれています。)

これらの統計をもとにMT機能を使用したとき20%程度の翻訳を迅速にすることでいえクライアント件の作業の単価を下げてもらう要請してきました。 結局、機械翻訳(MT)が翻訳料を削減する手段として使用されるという懸念が現実につながっていますね。

翻訳料は10年前も今もほぼ同じ水準だが(むしろ下がったお客様もあります)物価を比較してみると、非常に低評価されていることを知ることができます。 今翻訳は機械翻訳とも競争しなければならない状況に置かれたようです。 結局、機械翻訳の発展は単価引き下げにつながって、多くの翻訳が翻訳を停止するか、または機械翻訳で翻訳した文書を監修(検討)すること(「Post-editing of Machine Translation」)をすることになると思われる。

個人的には、ここ数年の間に、クライアントが送られてくる文書の難易度が全体的に高くなっていることを実感しています。 おそらく、今後このような傾向がより一層深刻化されていないかと思います。 長期的には、創造的な翻訳や非常に専門的な翻訳など、いくつかの分野の翻訳は、人間が続け引き受けだろうが、残りの分野は、機械が翻訳し、人間が監修をする方向に進むようです。

注:



3のコメント

  1. 最近、Googleの翻訳を無分別に使用して問題を引き起こす場合がありますね。

    次の記事を参照してみてください:

    https://www.thewordcracker.com/translation/%EA%B0%80%EC%A7%9C-%EB%B2%88%EC%97%AD%EA%B0%80%EB%A5%BC-%EC%96%91%EC%82%B0%ED%95%B4%EB%82%B4%EB%8A%94-%EA%B5%AC%EA%B8%80%EB%B2%88%EC%97%AD-ii/

    応答
  2. こんにちは。 翻訳キャリア10年目のフリーランスの翻訳者です。
    翻訳と関連してあげ文面白く読みました。 ありがとうございます。
    翻訳協同組合所属でもあるが、今回の私たちの組み合わせのフォーラム(2月4日)「機械翻訳と翻訳業界の展望」というテーマで研究発表をしました。
    「機械翻訳は翻訳者の翻訳料の低下をもたらすことができる。」という要旨の論旨を広げ店主翻訳者さんの上の文の一部を引用したいと思います。
    当然、ソースは明確に明らかになりません。
    あらかじめ申し上げなければもしかして陸こともできると思うあらかじめ申し上げます。
    ありがとうございます。

    応答
    • こんにちは?

      ブログを訪問していただきありがとうございます。 引用は自由にすることができます。
      楽しい正月連休になってください。

      応答