WPML高級翻訳エディタを使用して WordPress サイトを自動翻訳する方法

0

ワードプレスで多言語サイトを運営する場合に多く使用されて WPMLで、最近新しい翻訳機能を導入しました。 まさに機械翻訳(Machine Translation)を使用してサイトを翻訳することができる機能で、グーテンベルク(Gutenberg)でも動作します。

人間の翻訳(Human Translation)と比較される機械翻訳(MT)は、ここ数年の間に著しい成長をしました。 代表的な機械翻訳システムで、Google翻訳があります。

機械翻訳が過去に比べて飛躍的な発展をしたとはいえ、まだエラーが結構いるので、機械翻訳を使用してウェブサイトを翻訳するときには、その言語の専門家や、その言語をよく知っている人の検討を経ることをお勧め。

WPMLで機械翻訳を使用するには、以下のプラグインを有効にする必要があります。

  • WPML CMS
  • WPML String Translation(文字列の翻訳)
  • WPML Translation Management(翻訳管理)

WPML高級翻訳エディタ:機械翻訳を使用している7段階

ステップ1:サイトを翻訳する翻訳を選択

WPML翻訳管理プラグインを有効にすると WPML>翻訳管理でサイトを誰が翻訳するかどうかを選択して、 続きを押します。

WPML翻訳を選択

段階2:翻訳に使用するエディタを選択

使用エディタを選択します。 クラシックエディタと高級翻訳エディタ(ATE)の中から選択することができます。

WPMLの機械翻訳機能を活用する

ATE価格:

WPMLの高級翻訳エディタ(ATE)の使用を開始する新規サイトは2000単語を無料で翻訳することができます。 中程度の量のコンテンツを約5枚を翻訳することができる単語数です。

  • 個人(Personal):$ 0.99 - 1500単語($ 0.667 / 1000単語)
  • ビジネス(Business):$ 9.99 - 20000単語($ 0.5 / 1000単語)
  • パブリッシャー(Publisher):$ 49.99 - 150000単語($ 0.333 / 1000単語)

15万単語であれば1ページの平均単語数を400単語と仮定すると375ページを翻訳することができる分量ですね。

WPML高級翻訳エディタ機械翻訳価格

注:サイトでWPMLを実行している場合は、常に、選択した翻訳(または管理者本人)がATEにアクセスできる必要があります。

ATEが有効であることを確認する WPML>設定に移動します。

WPML機械翻訳を活用する

翻訳を確認するには、 WPML>翻訳管理>翻訳役割 タブに移動します。

ワードプレスの多言語翻訳

段階3:翻訳するページを選択

伝言板>ページ>すべてのページに移動し、翻訳をしようとするページを選択します。 「+」アイコンをクリックすると、翻訳を開始することができます。

ワードプレスWPML  - 翻訳するドキュメントの選択

段階4:ATEからの自動翻訳を実行

翻訳エディタで高級翻訳エディタ(ATE)を選択したため、ATE画面からの翻訳する文章が表示されます。

WPMLの自動翻訳機能を使用する

Translate automatically(自動翻訳)をクリックします。

機械翻訳の設定 -  WPMLMachine Translation Settings(機械翻訳の設定) ウィンドウが表示されます。 まだこの部分はハングルがないなりましたね。

機械翻訳が迅速かつ効率的ですが、常に正確なものではなく作業を完了するために指定する前に、自動翻訳を検討することをお勧め。 二つのオプションから選択することができます。

  • Keep sentences as incomplete。 I will review them and mark as complete myself(recommended) - 文章を「未完了」に維持する。 検討した後、直接「完了」と表示さハゲトウム(推奨オプション)
  • Mark sentences as complete after automatic translation without additional review - 追加検討過程なし自動翻訳後の文章を「完了」と表示さ

段階5:翻訳レビュー

翻訳を確認します。 もちろん修正が可能です。 エラーがある場合修正します。

翻訳レビュー - ワードプレスWPMLの自動翻訳

段階6:検討完了

検討が完了すると、 [Finish](完了)を押します。

WPML翻訳完了

段階7:翻訳完了

これで翻訳が完了しました。 翻訳後は、再び翻訳エディタを使用して編集してもされてワードプレスエディタ(グーテンベルクや古典エディタ)を使用してもされます。 グーテンベルクは、ワードプレスが更新されて更新されるための更新後に互換性の問題がある場合はWPMLでの更新を出すことです。 WPMLが更新を出す前に、一時的に互換性のある問題が発生する可能性があります。

グーテンベルクは、初期に安定性が低下したが、今では多くの安定化がされたようです。 今後のバージョンでは、パフォーマンスの改善に焦点を置くので期待になりますね。

注:2,000単語を超える場合ATEから追加単語を購入することを知らせるウィンドウが表示されます。

ワードプレスWPML機械翻訳の自動翻訳

おわりに

WPMLこの自動翻訳なのか尋ねる問い合わせが時々ありました。 そのたびに「翻訳は、人間がしなければならない」との回答をいただきました。 今の時代の流れに合わせて自動翻訳(機械翻訳)機能が追加されました。 しかし、前述したよう機械翻訳の性能が大幅に改善されたのは事実だが、エラーが生じますので、なるべく自動翻訳後の検討をすることが望ましい。

ちなみにGTranslateなどの自動翻訳プラグインを使用すると、サイトを自動翻訳することができます。 ただし、自動翻訳プラグインを上要する場合翻訳された文書に固有のアドレスが生成されないため、SEO(検索エンジン最適化)に不利ます( "グーグル翻訳サービスGTranslate活用方法の考察 - 1ヶ月間のテストの概要"参照)。

ワードプレスの多言語翻訳プラグインWPML

注:

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください