WPMLプラグインでの多言語 WordPress サイトを作成する(基本的な設定)

Last Updated:2023年09月28日| 20のコメント

WordPressでWPMLプラグインを使用して英語、日本語、中国語など多言語サイトを運営可能WPMLプラグインの基本的な設定方法

WPMLを使用すると、最初の多言語 WordPress サイトを作成しても簡単に多言語サイトを構築できます。 この記事は「Building a Multilingual WordPress Site in 3 Minutes with WPML(WPMLに3分に多言語 WordPress サイト構築する)「という記事を参考にしました。初めてWPMLをインストールした後、基本的には設定をしてすぐに翻訳を始めるときに参考にしてほしいと思います。

セットアップウィザードは、サイトに言語を追加できるように設定をご案内します。 単一言語のサイトをわずか数分で多言語サイトに置き換えることができます。

WordPress 多言語翻訳プラグインWPML

Avada, Enfold など、ほとんどの人気のテーマでは、WPMLとの互換性を明示しています。 経験上、シンプルなテーマの場合、特に問題なく互換性がしますが、疑わしい場合、テーマ販売者に互換性を問い合わせてみることができるようになります。

この記事を作成した後、WPMLのライフタイムライセンスが終了し、現在は年間ライセンス(購読制)のみが提供されています。 私はライフタイムライセンスを持っているので、低コストで基本的な設定で生涯ライセンスを登録できます(参照)。 また、WPMLから直接サポートを受けたい場合は、私がライセンス登録後にお送りするリンクをクリックしてWPMLに加入すれば、年間39ユーロに更新が可能で、WPMLからサポートを受けることができます。 (直接購入時新規99ユーロ、更新年間74ユーロに比べて安価です。)

多言語サイトの構築:WPMLプラグインvs。 マルチサイト

多言語サイトの構築方法として大きくマルチサイトやWPMLなどのプラグインを使用する方法があります。

多言語プラグインとしてPolylan、TranslatePressなどいくつかあります。 他のプラグインでうまくいかない場合は、WPMLを使用するとうまくいくことがあります。 最近、TranslatePressを使用したときに一部の機能が機能しなかったため、WPMLプラグインをインストールして互換性テストを行ったことがありました。

参考までにWPMLの使用を検討している場合は、WPMLプラグインをインストールして互換性テストを実行できます(参照)。 また、マルチサイトを利用した多言語サイトの設定も可能です。

多言語サイトを構築する方法として、マルチサイトとWPMLプラグインには長所と短所があります。 各言語サイトに対して異なるテーマを使用して完全に異なるものにしたい場合は、マルチサイト方法を使用することが望ましいです。

区分WPMLマルチサイト
コスト有料무료
(言語間接続機能に有料プラグインを使用可能)
必要なテーマライセンス数Avada などのテーマを使用する場合、1つのライセンスで運営可能各言語の数だけライセンスが必要な場合があります。
(Divi, GeneratePress などのテーマは制限なし。
特徴- 言語間コンテンツ連動可能
- 記事/ページ新規追加時に他の言語で翻訳して追加可能
- 各言語間のコンテンツの関連付け
- すべての言語サイトで同じテーマとプラグインを使用する(他のテーマは利用可能ですが、非常に複雑です)
- 人気の有料テーマとほとんど互換性
- サイトを大きくカスタマイズした場合、正常に動作しないことがある
- 他のプラグインと競合する可能性
- WooCommerce モールを運営する場合、在庫などの情報を言語間で共有可能
※言語間の緊密な連動が必要な場合、このオプションがより望ましい場合があります
- 各言語サイトは独立して動作します
- 記事/ページ新規追加時に他の言語サイトから翻訳するには、その言語サイトで新しい記事/ページを作成する必要があります
- 各言語間のコンテンツは接続されていませんが、プラグインを使用して接続可能(プラグインの互換性は低下しているようです)
- 各言語サイトで同じテーマとプラグインを使用することができますが、異なるテーマを適用することも可能(その場合はサイトを新しく作成することになる)
- マルチサイトで動作しないプラグインがあります。
- 一部のプラグインはシングルサイトでは無料ですが、マルチサイトでは有料で提供されます(例: UpdraftPlusバックアッププラグイン)
※各言語を完全に独立して運営したい場合、このオプションがより良い。

* Diviテーマはサイト数に制限がなく、GeneatePressテーマは最大500サイトにインストール可能。

多言語サイトを作成する

WPMLをインストールして有効にすると、プラグインのリスト画面(プラグイン>インストールされてプラグイン)上部に「翻訳を開始する前にWPMLを設定する必要があります」というメッセージが表示されます。 (※ユーザーインターフェースは最新バージョンで差が出ることがあります。)

WordPress 多言語翻訳プラグインWPMLを設定する

"WPML構成「」をクリックすると、WPML設定画面が表示されます。

まず、「現在のコンテンツ言語」を選択してください。 (基本的に WordPressの言語が選択されています。)

WPML現在コンテンツ言語の選択

WPMLは使いやすいように、ほぼすべてのUIが日本語に翻訳されています。 (通常は、韓国のユーザーが多くないので、韓国語に翻訳する場合がほとんどありません。経験上のUIを日本語に翻訳しても韓国語ではよくありませアンドグンヨ)

"다음「を押すと、別の言語を追加できます。

WordPress 多言語翻訳プラグインWPMLを設定する

希望の言語をチェックして追加することです。 言語がアルファベット順にソートされて、簡単に見つけることができます。

次に、言語変換を設定する画面が表示されます。 WPMLは、さまざまな言語変換(Language Switcher)を提供しています。

WPML言語変換

言語コンバータを「メニュー」、「ウィジェット」、「フッタ」などに配置できます(上の図では、「フッタ言語コンバータ」オプションは表示されていません)。

メニュー言語変換から」メニューに新しい言語変換を追加「」をクリックして、言語コンバータを追加するメニューを選択できます。

WPMLメニューに言語変換を追加する

上記の画面が表示されたら、メニューを選択し、適切なオプションを選択して、저장「をクリックします。これらの設定は今後いつでも行うことができます。

WordPress 多言語翻訳プラグインWPMLを設定する

言語コンバータをウィジェット領域またはフッタ領域に配置することもできます。 そして「文の翻訳リンク「から」リンクを別の言語で提供するようにリンクを記事上または文の下に表示「」をチェックすると、文翻訳リンクを文の上または下に表示できます。

言語コンバータの設定が完了したら、「次へ」をクリックします。 これでサイトを登録する画面が表示されます。 WPMLをXNUMXつだけ購入すると、サイト数に拘束されることなくライセンス期間中無制限に使用できます。 WPMLサイトからサイトを追加してサイトキー(Site Key)を発行して下の画面の「サイトキー「部分に追加します。

WPML登録

登録をすると今の基本的な設定が完了します。 他にも テーマのデザイン>メニュー (WordPress バージョンに応じて、 ルックス>メニュー)で言語別メニューを作成することができます。

上記の設定を再構成するには、いつでも WordPress 管理者ページで WPML>言語 メニューをクリックして、WPML設定画面で変更できます。

今すぐコンテンツを他の言語に翻訳することができます。 記事>すべての記事に移動するようにします。

WPMLを使用して書かれ翻訳する

上記のような画面が表示されたら翻訳をしたい文章の横にある、その言語の下のプラグ記号(+)をクリックすると、選択された文を他の言語に翻訳することができます。

WPMLから英語への翻訳する

一般的な記事を書くように、文を翻訳した後に「公開」をクリックすると、その言語サイトに投稿が投稿されます。

この記事を書いた後、WPMLに自動翻訳(機械翻訳)機能が追加され、高度な翻訳エディタが導入され、より便利に翻訳できるようになりました。 」WordPress WPMLプラグインコンテンツ(ページの記事)をコピーして翻訳する方法「を参考にしてください。

文字列の翻訳

サイトの一部のテキストは、ポスト(post)に該当しないが、サイトに表示される場合があります。 たとえば、プラグイン、テーマ、 WordPress などの文字列がこれに該当します。

これらの文字列を翻訳するには、WPML String Translationをインストールする必要があります。 WPML String Translation は Multilingual CMS パッケージに含まれています。 」多言語翻訳プラグインWPMLバージョンの比較「を参考にしてください。

テストに使用したバージョンはMultilingual Blog バージョンなので、WPML String Translationコンポーネントは含まれていません。 しかし、簡単なブログ用にはMultilingual Blog バージョンも大丈夫そうです。

アップデート: WPMLトラブルシューティング依頼を受けて、問題を解決するのにMultilingual CMSのバージョンにアップグレードしました。

最後に、

基本的な設定をした後は、 テーマのデザイン>メニュー (WordPress バージョンに応じて、 ルックス>メモ)に移動して、各言語ごとにメニューを作成し、接続ヘジュオヤメニューが正常に表示されます。

そして WooCommerceをインストールしてショッピングモールを運営している場合 WPMLを使用すると、便利に多言語ショッピングモールを作成することができます。 必要に応じてマルチサイトでも設定が可能ですが、マルチサイトの場合はきちんとしたオプションですが、マルチサイトの場合はプラグイン互換などの制限があり、さまざまな問題が発生する可能性があるため、このような問題を解決するのが容易ではない場合、WPMLがまともなオプションができそうです(」多言語 WordPress ソリューション完全ガイド:WPML、Polylang、マルチサイト比較"参照)。

次のXNUMXつのサイトでWPML(Multilingual Blog バージョン)とマルチサイト WordPress 多言語サイト(テスト)を参考できます。

マルチサイトを利用する場合、初期設定が少し難しい場合があります。 多言語サイトの構築に関連してコンサルティングをしたい、または多言語サイトの構築が困難場合 ここでサービス(有料)をご依頼することができます。

追加: .htaccessファイルが正しく生成されないWebホスティングを利用する場合WPMLが期待どおりに動作しない場合があります。 (近道にどのように設定することができますが、望ましくありませんようです。)実際には.htaccessファイルが何らかの理由(例えば、アクセス権など)で正常に動作しない場合、キャッシュのプラグインなどもきちんと使用することができず、さまざまな問題が発生する可能性があります。 そして、マルチサイトを構成する際にも.htaccessファイルを変更する必要があるため、.htaccessファイルに問題がある場合は、Webホスティング会社と相談して問題を解決しなければなら WordPressを適切に運営することができます。

追加 - 言語コンテンツのコピー時にサーバー内部エラーが発生した場合

SiteGround(SiteGround)でハングルページをコピーして、英語のページを作成するために、そのページの横にある追加(+)アイコンをクリックしてページを作成し、元の言語のコンテンツをコピーし、保存したら、サーバーの内部エラーが発生しました。

この場合は、次のようなコードを.htaccessファイルに追加してくれるので、エラーが発生していない。

<IfModule mod_dtimeout.c>
<Files ~ ".php">
SetEnvIf Request_URI "index.php" DynamicTimeout=300
SetEnvIf Request_URI "themes.php" DynamicTimeout=300
SetEnvIf Request_URI "wp-admin" DynamicTimeout=300
</Files>
</IfModule>

メモ:


20のコメント

コメント

  1. こんにちは。
    私は現在、 WordPress 入門してから約1年になりますが、
    コンピュータをうまく扱うことができない状況に始まったので、まだ一つ一つ難しさをたくさん経験しています。
    その記事を読んで質問がいくつかあります。

    一応は価格部分が一番気になります。 (生涯ライセンス登録と設置作業費用)
    そして私が使うテーマはRehub themeでも、互換性がありますか?
    言語の中でインド語(ヒンディー語)も可能ですか?
    私がハングルで投稿をすると、他の国から接続すると、自動的にその国の言語に変わって見えるようになるのでしょうか? それとも、その..リストの中でその国を選択して見ているのですか? (例としてリンクされているサイトに入ってみると、別にボタンで選択するのが出てこないし、ハングルだけを見せます。)

    あまりにも基本的な質問をした場合は申し訳ありません。
    それなりに探してみましたが、どこからどこまで探して質問をしたらいいのかわかりません。

    もし私の質問にストレスを与えないでください、初心者の無知を広い心で理解してください。
    ありがとうございます。

    ======

    質問だけを簡単にまとめました。

    1. 生涯ライセンス登録と設置作業費用
    2. Rehub theme 互換性があるかどうか
    3. インド語(ヒンディー語など)をサポートするかどうか
    4. ハングルで投稿すると、該当国で接続したとき、その国の言語に自動的に変わって見えるようになるのか、あるいはボタンを選択して見えるようにするのか

    要するに4つお問い合わせいたします。

    応答
  2. こんにちは? インストールしてくれたのをよく使ってカカオトークに共有するには固有アドレスが基本になってこそ可能で変更しました。 その後、英語と日本語の投稿アドレスが変わらず、引き続き404エラーページが表示されます。 言語固有の住所はどのように変更する必要がありますか?

    応答
  3. 「終わり」の段落にテダデザイン - >テーマデザインミスがあるようです。 良い記事を書いてくれてありがとう!

    応答
    • ありがとうございます〜ミスを修正しました。 参考までに、最近 WordPress ハングル翻訳が再び変更され、「テーマデザイン」は「ルックス」に変わりました。

      応答
  4. こんにちは。 wpmlをインストールしましたが、問題が..これをインストールする前に、Googleの速度テストモバイル基準98点デスクトップ100点が出ましたが、これをインストールするとモバイル基準100点が出ます。 問題は、元のドメインはまったく機能しなくて、サイト名/ko(ハングル)で捕まえるということです。 スピードだけがちゃんと出れば構いませんが、koで入力時のスピードがモバイル基準で38点です。 私はko韓国語をただワンドメインにしたいです。 プラグがディレクトリに影響を与えない場合は、韓国語のページでも正しく速度を出したいのですが…方法がありますかㅠㅠ

    応答
  5. WPMLはeコマースホームページのためのプラグインのようだだが、
    もしかしたら、単純な情報性ホームページのためにpolylangをお勧めか?
    ところが心配なのはポストはあまりなく、メイン画面中心の情報性ホームページを制作中だから…
    テーマ内のテキストは、翻訳がないし、心配になりますねㅜ
    プラグイン推薦ちょっとお願い致します〜

    応答
  6. wpmlプラグインを購入し使用中です。
    韓国語のページは完成して、他の言語のページを今構成しようとしする
    ページを翻訳コピーしたところマフィンビルダー(muffin builder)で作成した部分は、
    全くのコピーと翻訳ができません。

    元そんなんですか? ㅠㅠ
    韓国語のページのオプションで、エクスポートしてインポートし、いちいち変更しなければいいですか?
    テーマはBeテーマをご利用中です。

    お手数ですが回答ぜひお願いいたします。 ありがとうございます。

    応答
  7. 年間更新という正確な意味は、任意のゴトインジヨ? wpml既存の翻訳をすべてしておいてセッティングが終わったサイトを1年を過ぎて更新をしなければ翻訳が完了しロック解除はか、それとも翻訳された状態は、残っており、追加の翻訳がないというのか? 年間維持費を計算するのに必要なようで問い合わせをします。

    応答
    • こんにちは?

      更新をしない場合、更新とサポートを受けることができません。

      更新をしなくても、プラグインをそのまま使用することができます。

      しかし、プラグインの更新をしないと、新しい WordPress バージョンとの互換性の問題が発生することがあるでしょう。

      応答
  8. WPMLを使用して、プラグイン/テーマ/ウィジェットの文字列を翻訳する方法は、次の記事を参照してみてください:

    https://www.thewordcracker.com/basic/wpml%EC%9D%84-%EC%82%AC%EC%9A%A9%ED%95%98%EC%97%AC-%ED%94%8C%EB%9F%AC%EA%B7%B8%EC%9D%B8-%ED%85%8C%EB%A7%88-%EC%9C%84%EC%A0%AF-%EB%AC%B8%EC%9E%90%EC%97%B4-%EB%B2%88%EC%97%AD%ED%95%98%EA%B8%B0/

    WPMLを使用してサイトのタイトルを翻訳する方法は、以下の記事で確認することができます。

    https://www.thewordcracker.com/basic/wpml%EC%97%90%EC%84%9C-%EC%82%AC%EC%9D%B4%ED%8A%B8-%EC%A0%9C%EB%AA%A9%EC%9D%84-%EB%B2%88%EC%97%AD%ED%95%98%EB%8A%94-%EB%B0%A9%EB%B2%95/

    応答
  9. こんにちは。

    私完了マルチランゲージでサイトを構築する必要がされている部分が生じたが

    適切な投稿なのでコメントを付けます。

    WPMLを全く想定していなくても、プラグインを購入した後運営する難しい点はないかを心配されます。

    応答
    • こんにちは?

      コメントを残すいただきありがとうございます^^

      使用中のテーマからWPMLをサポートすることを確認すると、問題が生じる場合、テーマ売り手とWPMLの両方に連絡して問題を解決するために、より簡単することができるようになります。

      현재 http://iwordpower.com/ サイトにテストに設置して使用しているが、使用自体はそれほど難しいようには見えません。 (もちろん、個人別に異なって感じられることもあるようです。)

      もし WooCommerce ショッピングモールを運営している場合には、プラグインを考慮すれば、WPMLを使用します。

      応答