[WordPress] SEOに有利な記事を作成する方法

5

概要

SEOとは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)を意味するものとどのようにすると、検索エンジンにも検索されて多くの訪問者を流入させることができる横帰結と思われる。 SEOに関連してAll in One SEO Packや WordPress SEO by YoastのようなSEOのプラグインがあり、多くの方々が、このようなプラグインをインストールして利用していることです。 しかし、このような外形(?)的な側面よりも重要なのが事実」の内容」とすることができます。

よく検索されて、多くの人が読む記事の特徴は、文がよく適性という点です。 結局、SEOとはライティングと関連になるしかなく、そのようなベースでSEO関連作業を進めた場合、効率を向上させることができると考えられます。 検索エンジンでよく検索されている文章を作成するのに役立つプラグインで WordPress SEO Post Optimizerというプラグインがあります。 (注: Yoast SEO以下で説明されているものと同様の機能を提供します。 個人的にはYoast SEOが少し重くはなく、All in One SEO Packを使用しています。)

検索エンジン最適化された文を書くのに役立つ WordPress SEO Post Optimizerプラグイン

事実書くには簡単な作業ではありません。 韓国人もハングルで文を作成するようにすると、すべての文をよく書くことはありません。 私も書くことに自信がありません。 語法に打たれながら論理正方形文を作成することがいかに難しいか文を実際に作成してみた方は既によくご存知でしょ思われます。

検索エンジンの役割は、キーワードに最も適切文を検索してくれるでしょう。 キーワード最も関連性を持ちながら、多くの人が読むには記事を書いているなら、明らか検索エンジンで上位に露出させてくれる確率が大きくなります。 WordPress SEO Post Optimizerは、検索エンジンが好きなスタイルの文を作成するのに役立つプラグインです。

Wordpress SEO Post Optimizer  - ワードプレスのSEO最適化プラグイン

WordPress SEO Post Optimizerプラグインは有料プラグインです。 (有料のプラグインを購入する方法は、 ここを参照してください。)更新されたか古いが、プラグインの作成者によると、正常に動作するとします。 個人的な考えは、あえてこのプラグインを購入する必要はないようです。 (コストはそれほど高くないので、購入して活用することも大丈夫のようだよ。)

このプラグインが動作する原理を理解することによって、どのように文章を作成するときに応用できるかを心配していることで所期の目的を十分に達成することができると考えられます。 原理を理解した後は、安定した練習が必要でしょう。 私は初期のこのプラグインをちょっと使ったことがあります。 そうするうちにしばらくの間自分なりのスタイルで文を続ける作成てきたが、結果的にあまり良い選択ではなかった。 このプラグインで提示する原則が(絶対的な原則ではないだろうが)うまく活用すれば、SEOに有利な良い文章にどの程度役立つと思われる。

このプラグインがどのように動作するかを見ることで、どのよう書くに適用するのかを心配していることも明らかにSEOフレンドリーな文章を作成するのに役立つと思われます。 このプラグインをインストールして、設定をしてくれれば書く画面で、右側のパネルには、次のようにキーワードを設定するボックスがあります。

Wordpress SEO Post Optimizer  -  SEOに有利な書き込み最大3までのキーワードを登録することができます。 簡単にタイトルと内容を少し作成すると、上の図のすぐ下に「General post optimization "パネルと「SEO」パネルには、現在の書き込みのスコアが表示されます。 (定期的に続けて更新されます。)

General post optimizationパネル

Wordpress SEO Post Optimizer  - 検索エンジン最適化された文を書くGeneral post optimizationパネルでは、設定された基準を満たしていない事項を表示します。 たとえば、H2タグを使用することにしたが、H2タグがない場合は、「You do not have H2 tags」というメッセージが、上記の図のように表示されます。

SEOパネル

Wordpress SEO Post Optimizer  - ワードプレスのポスト最適化プラグイン「SEO」パネルは、SEOチェックリストにどのよう適合するかをチェックしてスコアに表示されます。

プラグインは、内容を見ることができないため、はじめに(header)タグ、文の長さ、図を使用するかどうかなどをチェックして、可能な限りSEOに有利に案内してくれる役割をするだけです。 したがって、これらの原則に準拠して文を作成しても、最も重要なことは、どうしても伝えたい内容である。 どのように有用な情報かが最も重要であり、そのような有用な情報をどのように良い器に込めユーザー(訪問者)に提示するかについての悩みがSEOに関連になります。

まず、いくつかのを見てみると

  • はじめにタグ(h2、h3、h4など)を設定して使用する
  • 記事のタイトルにキーワードが含ませる
  • 文の長さを一定の長さ以上の記述の
  • キーワードを太字に設定すること
  • キーワードに下線を適用
  • キーワードイタリック適用
  • 画像を使用すること
  • 画像のaltタグを使用して、altにキーワードを追加すること
  • 内部リンク(ブログ内の他のグローバルのリンク)

事実、特別な内容はないようです。 ただし、このような事項を認識して文章を作成するかそうでないかに応じて、時間が経つにつれて差が出るものと思われます。

まずはじめにタグを使用して小見出しに設定すれば文章を読んでいる人が、より効果的に情報を受け取り、見た目にもいいでしょう。 「文のタイトルにキーワードを含める必要があります」という点はよく知られているSEOの原則の一つです。 加えて、注目すべき点として、「内部リンク(Internal Link)"があります。このブログを運営する初期には文が多くなくて、この部分にあまり気を使わなかった。しかし、グーグル・アナリティクスをインストールして分析してみると、「直帰率」(一つの文だけ見てサイトを離れる割合)が予想よりも高く出ることを知りました。おそらく、関連文章誘導する内部リンクが不足していることがその原因ではないかと思われます。 関連性の高い内部グローリンクを提供することで、訪問者が簡単に関連する情報を読み取ることができるように配慮することはSEOかどうかを離れて良い文章の方法です。

おわりに

良い情報を効果的に提供すること。 このような悩みは、最終的に(上記の強調したように)良い文を作成すること帰結されるようです。 この時までに新しい情報を提供することに焦点を二のに、このような基本的な部分に疎か感を持っていなかったかと思います。 これから時間があるたびに、SEOに最適化された文、すなわちユーザーが読みやすい文章を修正する作業も並行する予定です。

追加(2016 / 10 / 9)

SEO = Moneyつまり、お金であるので、必ず必要なSEOのヒントは、公開していないとします。 企業レベルで体系的なSEOの戦略を立てたい場合All in One SEOを作成業者から出した All in One SEO Pack Proを利用試みることができるようになります。 年間79ドルのライセンス(無制限サイトに適用)に結構高い方だが、もしSEOから適切な効果を見れば、コストは問題になるようではありません。 この商品の特徴と利点は次のとおりです。

  • Advanced Support for WooCommerce(ウコマース上級サポート)
  • SEO for Categories、Tags and Custom Taxonomies(カテゴリー、タグ、ユーザー定義の分類SEO)
  • Video SEO Module(動画SEOモジュール)
  • Access to Video Screencasts(動画スクリーンショット利用)
  • Access to Premium Support Forums(プレミアムサポートフォーラム利用)
  • Access to Knowledge Center(ナレッジセンター利用)

おそらく一般的に公開されていないSEO関連情報を提供していないかを推測してみます。 SEOに問題がある場合や、企業のSEOの戦略を策定する際に助けを得ることができないかと考えますね。

注:

5のコメント

  1. このような書き込み方法を補佐受けたいyoastは、第サイトとの衝突を起こして使用できずいます。 yoastを使用すると、このような悩みは解決なるはずだんですねコレ一つ購入して使用しても無理はない突進。

    • こんにちは?

      ブログを訪問していただきありがとうございます。

      上記で紹介したプラグインは、更新が4〜5年の間にならないされているので、購入していない方がいいようです。 あまりにも古いプラグインは他のプラグインや WordPress あるいはテーマとの衝突を引き起こす可能性があり、セキュリティの問題も発生する可能性があります。

      Yoast SEOとの競合の問題を解決することがいいかと思いますね。

      • 迅速な回答いただきありがとうございます。 私cm tooltipと用語集プラグインを使用しており、内部リンクを全く読まずに、非常にねじれてしまう脾臓大変な苦労を経験しています。 cminds側に支援を要請しても減感ご無沙汰で..もしyoastのような書き込み補助可能seoプラグインはないでしょうか? ㅠ

      • 少し検索してみると、以下のプラグインが、おそらく必要な機能を提供していないかと思いますね。

        https://wordpress.org/plugins/squirrly-seo/

        CM Tooltip Glossaryプラグインは、もしかしたら、ハングルサポートに問題がありますか? 例えばアルファベット順(あるいはㄱㄴㄷ順)にインデックスはよくなりますか? そして文章の途中で調査が付いても用語をよく認識しているだろうね。

      • 個人的には非常に有用に使用されるプラグインです。 ハングルのサポートには問題がないがおっしゃったように子音インデックスが難しく前、ほぼあきらめたHighlight only space separated terms機能をオフにすると用語の調査が付いても認識もされます。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください