WordPress ビジネスプラン、ユーザーのテーマやプラグインを使用可能

コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress.COMで提供されている加入型ワードプレスでは、ユーザーのテーマとプラグインのアップロードが不可能でワードプレスで提供される無料のテーマや有料のテーマだけが利用することができました。

しかし、最近加入型ワードプレスに大きな変化がありました。 右、 Businessプランカスタムテーマのアップロードとカスタムプラグインのインストールを許可したものです。

前回の記事で、これについてのニュースを簡単にお伝えしたことがありました。 しかし、当時は、ユーザーのテーマをインストールできるように変化されることが確実だったが、正式に発表されていません。

今加入型ワードプレスのプラン(プラン)のここに明示的に記載しています。

BueinssPlan  - ワードプレスビジネスプラン、ユーザーのテーマやプラグインを使用可能
加入型ワードプレス料金プラン。

ビジネスプランの場合は、まず、顧客サポートと無制限のストレージスペース、ワードプレスドットコムの広告除去、AdSenseの広告の追加などの機能のほかに プラグインのインストールテーマアップロード 機能が追加されました。

ここに詳細な情報を得るのが容易ではない。 ワードプレス側に問い合わせてみても詳細教えですね。 それなりに連絡して、得られた結果は、次のとおりです。

  • テーマのアップロード可能なサイズは50MBです。
  • マウントワードプレスを利用する場合は、ファイルをExportして WordPress.comでは、Importが可能です。
  • FTP / SSH機能を提供していません。

事業計画 at WordPress.com does not offer FTP / SSH。

However、if your current site is running on WordPress.org、then you can get an export file from it and import it at WordPress。com。

では、このような変化が意味するところは何でしょうか?

ビジネスプランでは、ユーザーのテーマとプラグインのインストールを許可することにより、設置型と加入型の境界があいまいになる結果がもたらされると思われる。

ビジネスプランこの月の24.92ドルであるため、トラフィックが小さいサイトではあまり魅力的ではないが、ビジネスプランで無制限の使用容量を提供するため、 多くのスペースが必要なサイトやトラフィックの多いサイトの場合、コスト削減に役立つと思われる。

参考までに WordPress.comサポートドキュメントを見てみると、ファイルの転送、帯域幅、ダウンロードに制限がないですね。

注:



コメントを残す

コメント