[WordPress]多言語プラグイン - qTranslate X - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

[WordPress]多言語プラグイン - qTranslate X

Last Updated:2017年12月5日| 1のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

qTranslate Xは先に説明した Polylangのように WordPress サイトを複数の言語で運営する場合に使用できるプラグインです。 qTranslateというプラグインが多く使用されたが、ウォン製作者が放棄したことを、他のメーカー数人の力を合わせてqTranslateを受け継いで機能を強化しqTranslate Xという名前で新たに追加されたプラグインです。

この記事では、qTranslate Xの設定方法を簡単に説明しましょう。

メモ: qTranslate XとPolylangは、個人が開発して運営するため、いつでもアップデートが中断されることがあります。 実際にqTranslate XはqTranslateが中断されたことを、他のメーカーが受け継いで開発されたものです。 より安定的に多言語を運営したり、企業の場合、有料のプラグインである WPMLを考慮してください。 WPML多言語翻訳プラグインは、多くのユーザーが使用している Avada, Enfold など、ほとんどの人気のテーマでもサポートされます。 そしてWooCommerceを利用したショッピングモールを運営する場合 WPMLを使用します。

多言語 WordPress

プロの翻訳を介して中国語、日本語、フランス語、ドイツ語、ヒンディー語、インドネシア語をはじめとするさまざまな言語に翻訳したい場合WPMLが運営するICanLocalizeサービスを利用することができます。 詳細については、 この記事を参照してみてください。

2016年12月追加: WPMLやqTranslate Xのようなプラグインを使用せずに、マルチサイトで多言語サイトを構築する方法もあります。 "マルチサイトでの多言語構築する"文を参照してみてください。

ちなみにWPMLやqTranslateのようなプラグインは、基本的に、人間が翻訳する必要があります。 WPMLの場合、Googleの翻訳を利用することができますが、少し複雑です。 自動翻訳機能が必要な場合 Weglotを翻訳 プラグインを考慮してみることができます。 Weglotを利用すれば、自動翻訳した後、ユーザー(あるいは翻訳)がぎこちない部分を変更することができます。

Languages設定

qTranslate Xをインストールして有効にすると、ダッシュボードの設定の下にLanguagesというメニューが追加されます。  設定> Languages> Languagesに移動します。

q Translate X  -  WordPress 多言語プラグイン

上の図のように入力するか、選択して、韓国語を追加するようにします。 上記のように入力して、一番下の「Add Language」をクリックすると、右側のパネルの一番下に韓国語が追加されます。

q Translate X  - 韓国語を追加する

韓国語の横にある「Enable」をクリックすると、韓国語が有効になります。

General設定

全般 タブをクリックして、デフォルトの言語を設定します。

q Translate X  - デフォルトの言語を設定する

Default Langue / Order オプションで、デフォルトの言語を設定して、言語の配列順序を指定することができます。 そしてUntranslated Contentはミボンヨクされたコンテンツをどのように表示するかどうかを指定します。 "Hide Content which is not available for the selected language」をチェックすると翻訳されていない文/ページなどが表示されません。」Show displayed language prefix when content is not available for the selected language」を選択すると、あらかじめ指定したフレーズ(Languages> Not Available Message)が表示されます。

Advanced設定

[Advanced]タブから翻訳するコンテンツの種類を選択することができます。

q Translate X  -  Advanced

希望文の種類をチェックするようにします。

メニュー設定

qTranslate Xをインストールすると、メニューに有効な言語の国旗が表示されています。 各国旗をクリックして、その言語でメニュー名を指定するようにします。

q Translate X  - メニュー設定

注意すべき点は、一言語でメニュー項目を削除すると、他の言語でも削除なりますね。 そして一言語(たとえば、英語)で、メニュー項目のURLアドレスを変更すると、すべての言語で変更されます。 (参考までにPolylangでは、言語ごとにメニュー設定が可能です。)

Menu Switcherをメニューに追加することができます。 Menu Switcherを追加すると、下図のように「Language Menu:国旗 "の形式で表示されます。

q Translate X  - メニューセレクタを追加する

国旗のみを表示されるようにするには、Menu SwitcherのURLを #qtransLangSw?title = noneに変更します。 (ウィジェットでも言語を選択できるメニューを追加することができます。)

書き込み画面

q Translate X  -  WordPress 多言語翻訳プラグイン

書き込み画面もメニュー設定と同様に上部に有効になって言語の国旗が表示されます。 例えば文章を韓国語で作成された後に、英語に翻訳しようとする場合には、 한국어をクリックして次の記事を作成した後、 英語をクリックして、翻訳をします。

最後に、

현재 WordPressで多言語サイトの運営に使用されているプラ​​グインにWPML(有料)、Polylang、qTranslate X程度があります。 無料のプラグインが必要な場合PolylangとqTranslate Xを比較して好みのプラグインを選択するとなると思われる。 無料のプラグインの場合、個人が製作して配布するための更新プログラムがない場合は、後で床を見ることができ、サイトの速度を遅くすることができるから(実際には、このブログでPolylangをインストールしたが速度のために、現在削除して英語サイトをカテゴリに一時的で運営しています)に企業サイトや重要なサイトの場合、なるべく有料プラグイン WPMLを選択するのがよいでしょう。

メモ:



1のコメント

コメント

  1. 多言語翻訳ソリューションの詳細な内容は、「多言語 WordPress ソリューション完全ガイド:WPML、Polylang、マルチサイトの比較」( https://www.thewordcracker.com/basic/%EB%8B%A4%EA%B5%AD%EC%96%B4-%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%EA%B0%80%EC%9D%B4%EB%93%9C-wpml-polylang-%EB%A9%80%ED%8B%B0%EC%82%AC%EC%9D%B4%ED%8A%B8-%EB%B9%84%EA%B5%90/ )文を参照してください。

    応答