SEO:ユーザー定義、Canonical URLを指定する方法

Last Updated:2020年11月14日| | コメントを残す

Canonical(Canonicalは)リンク

「Canonicalはリンク」とも呼ばれるのrel = canonical要素は、Webマスターが重複されたコンテンツの問題を回避するために使用されるHTML要素です。 「CanonicalはURL」を指定すると、重複したコンテンツの問題を防ぐことができます。

アイデアは簡単です。 同じコンテンツで複数の類似バージョンがある場合は、XNUMXつの「キャノニカル」バージョンを選択して検索エンジンにそのバージョンを索引付けするように指示します。 これにより、検索エンジンがどのバージョンのコンテンツを表示するのかわからない状況で、コンテンツの重複の問題を解決できます。

たとえば、このブログは現在SSL証明書が適用されており、デフォルトでhttps://... URLを使用しています。 しかし、昨年初めにSSL証明書をインストールして削除したことがあります。 そのため、Googleで同じコンテンツに対してhttpバージョンとhttpsバージョンが同時に検索される状況が発生しました。 この問題を解決するために、httpバージョンのみが検索に公開されるようにCanonical URLを追加しました。

今は逆にhttpsバージョンだけを検索するようにコードを追加しました。 参考までに Google Chromeの7月から、すべてのHTTPサイトに対して「安全でない」の警告表示とします。 重要なサイトであれば、なるべくSSLセキュリティサーバー証明書をインストールすることをSEOに有利になります。

Yoast SEOを使用すると、簡単なコードで一括的にhttpバージョンをhttpsバージョンに変更したり、httpsのバージョンをhttpバージョンで表示されるように、Canonical URLを指定することが可能です。 詳細については、次の記事を参照してください。

個別記事/ページのカスタマイズ、Canonical URLを指定する方法

場合によっては、個々の文やページのCanonicalのURLを指定してあげたい場合があります。 この場合には、All in One SEO PackやYoast SEOプラグインを使用することができます。

All in One SEO Packプラグイン

All in One SEOプラグインでは、ユーザー定義のCanonicalのURLを指定することができる機能を提供します。

Canonical(Canonicalは)URLの指定

WordPress ダッシュボードから All in One>一般設定をクリックすると、CanonicalのURLを有効にする機能と、ユーザー定義のCanonicalのURLを使用可能にするオプションがあります。

ユーザー定義 Canonical(Canonicalは)URLを有効にをチェックすると、個々の文/ページで、Canonical URLを個別に指定が可能です。

Canonical(Canonicalは)URLの指定

希望、Canonical URLを指定して保存した後、アーティカールのページのソースを確認してみると、CanonicalはURLが指定されたとおりに表示されます。

Canonical(Canonicalは)URLの指定

キャノニカルURLの詳細については、Yoastの「rel = canonical:the ultimate guide to canonical URLs「を参考にしてください。

「SEO=お金」なので、SEOに関する高度な情報はインターネット上で共有されていないようです。 インターネット上で検索される情報は、誰もが知っている「明らかな物語」がほとんどです。 SEOに関する詳細な情報が必要な場合は、All in One SEOが提供しています All in One SEO Pack Proを考慮してみることができるようになります。

Yoast SEOプラグイン

Yoast SEOも、個々の文/ページについてCanonical URLを設定することができます。

Yoast Canonical

メモ:


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy