WordPress アドレスの変更にサイトにアクセスしていない問題の解決

Last Updated:2023年07月17日| , | 119のコメント

この記事では、 WordPress 住所の変更でサイトにアクセスできない問題が発生した場合、またはサイトの移行後に住所を変更する必要がある場合は、解決策を見てみましょう。 また、wpまたは wordpress サブフォルダに WordPressをインストールしたときにサイトアドレスからサブフォルダ名を削除する方法についても説明します。

アドレスの変更後にエラーが発生した場合に回復する方法について可能な限り詳細に説明する努力しました。 DBの操作をする場合、必ずDBのバックアップを先にすることをお勧めします。 回復が困難場合 ここでサービス(有料)をご依頼することができます。 最小限のコストで回復をお手伝いいたします。

[この記事は2022年5月11日に更新されました。 ]

WordPress アドレスの変更にサイトにアクセスしていない問題の解決方法

通常 WordPressは、ルートディレクトリにインストールされるが、場合によっては/ wp、/wordpress または別のパスにインストールする場合があります。 たとえば、Webホスティングサービスを申請し WordPress自動インストールするオプションを選択したとき / wp, /wordpress または、別のパスにインストールすることを選択できます。

この場合www.abc.com/wp/または www.abc.com/wordpress/ のようにサイトのURLアドレスの後ろにサブパスを入力する煩わしさが発生します。 初めて WordPressを接する方が多く犯す間違いが思わず WordPressの管理者ページでサイトのアドレスを変更することです。

WordPress サイトのアドレスを設定

伝言板で 設定>一般 メニューの下で、 WordPress アドレス(URL)サイトのアドレス(URL)を変更することができます。

  • WordPress 住所(URL) - WordPress コアアプリケーションファイル(例えば、wp-config.php、wp-admin、wp-content、wp-includes)が含まれているディレクトリの完全なURLアドレス
  • サイトアドレス(URL) - ユーザー WordPress サイトにアクセスするために入力するアドレスに WordPressのメインのindex.phpファイルがインストールされているディレクトリ

その後、 / wp サブフォルダに WordPress コアファイルが位置しているが、 WordPress アドレスとサイトアドレスを変更すると、どのようなことが発生しますか? まず WordPress URLアドレスとサイトアドレスを変更し保存を押す瞬間のサイトでは、次のようなエラーメッセージを出力します。

Not Found

The requested URL /wp-login.php was not found on this server.

そしてホームページアドレス(例:www.abc.com)を入力すると、

Forbidden

You don't have permission to access / on this server.

上記のようなエラーメッセージが表示されます。 初めて WordPressに接する方は、このような状況に当惑されます。 この場合は、次のような方法で再員の状態に復元が可能です。 (データベースにアクセスすることができない場合は、Webホスティング会社に問い合わせてみてください。phpMyAdminにアクセスする方法を教えてくれています。)

データベース(DB)を復元

多くのWebホスティング会社の基本的なサービスとして データベース(DB)の復元機能をを提供しています。 例えば、 cafe24の場合 cafe24.comでログインした後DATA&DB復元/バックアップメニューから以前の状態に復元できます。

Cafe24 データDBを復元
Cafe24でDBを復元する

DBの復元機能を提供する場合は、この方法で簡単に復元することができます。 ホスティング会社によっては、この機能が提供されることもあり、そうでない場合があります。 海外ホスティングの一つである SiteGroundで、過去30日以内の期間にロールバックが可能です(参照)。 第二の方法を使用する前に、DBの復元が可能かどうか、Webホスティング会社に問い合わせて確認してみてください。

この方法を利用して、DBを過去のバージョンに戻す場合は、その中に追加または更新された事項(例えば、文/ページを発行したり、更新した場合)は、消えます。 バックアップ時点以降の重要な更新が行われた場合、あるいはショッピングモールで注文を続け受ける場合などの環境では、以下のセクションで説明する方法で間違ったアドレスを変更することができます。

DBでサイトのアドレスを変更する

第二の方法は、DBに接続して変更されたアドレスを再元の状態に修正することです。 この操作を実行する前に、必ずDBのバックアップ受けておいてください。 この作業は、通常phyMyAdminというツールに接続して行われます。

ウェブホスティング会社のサイトからログインした後にDBを修正するためのメニューを検索するようにします。 (例えば、 Cafe24の場合 サービス接続管理> MySQLウェブ管理 メニューからアクセス可能 Cafe24では、phpMyAdminサービスを終了しました。 Cafe24を利用する場合 ここを参照してphpMyAdminをインストールしてください。)phyMyAdminにアクセスするには、Webホスティングサービスを申請するときに入力します DB名とパスワードが必要です。

Bluehost, Siteground, FastComet など海外のホスティングを利用する場合、通常cPanelに接続するとき、phpMyAdminにアクセスすることができるツールを見つけることができます。

phpMyAdminにアクセスする
phpMyAdminツール

Databases> phpMyAdminをクリックします。

WordPress アドレスの変更にサイトにアクセスしていない問題の解決 -  phpMyAdminを介してアドレスの変更

phyMyAdminに接続すると次のような画面が表示されます。 データベースを選択します。

次に表示される画面の左側のサイドバーで wp_optionsを選択します。 (テーブルプレフィックスに基づいてwp_部分は異なる場合があります。例えば、wpex_options)

phpMyAdminでアドレスを変更する

実際の画面は、上記多少異なる場合があるでしょう。 (*既存のイメージは、インタフェースが英語であったバージョンが低すぎて、最新の画像に変更しました。画像は、phpMyAdminのバージョンと言語に応じて異なる場合があります。図は、海外のホスティングの一つである SiteGroundで提供されるphpMyAdminをセーブしたものです。)

  • (1)wp_optionsを選択します。
  • (2)[Browse](表示)を選択します。
  • (3)option_nameでsiteurlとhomeのエントリを検索します。

siteurlとhomeのエントリを修正必要があります。 編集アイコン(鉛筆のアイコン)をクリックして、URLアドレスを変更した後に実行をクリックすると、アドレスが変更されます。 siteurlとhome項目すべてについて、この操作を実行します。 今www.abc.com/wpようアドレスを入力すると、サイトが正しく表示されることを確認することができます。

WordPress アドレスの変更

phpMyAdminで WordPress アドレスとサイトアドレスを変更するプロセスを次のYouTubeの映像で確認することができます。

WordPress アドレス(WP_HOME)とサイトのアドレス(WP_SITEURL)

それでは、www.abc.com/wpのように入力せずにwww.abc.comのようにサブパスを省略することはできませんか? 」

まず「WordPress 「住所」と「サイトの住所」の違いを理解すると便利です。

両方の用語が少し混乱する可能性があります。 以前に参照した資料が間違っていたため、少し誤りがありました。 」WP_HOME vs WP_SITEURL「でちゃんと説明していますね。

WP_HOME - Homeアドレス

  • homeurl
  • home_url()
  • サイトのアドレス(URL)
  • http://example.com

WP_SITEURL - WordPress コアファイルのパス(https:// codex。wordpress.org / Giving_WordPress_Its_Own_Directory)

  • siteurl
  • site_url()
  • WordPress アドレス(URL)
  • http://example.com/wordpress

最終的には、次の図のようにアドレスを変更して、ユーザーがルートに接続したとき WordPress コアファイルがあるパスに接続するように設定をヘジュオヤます。

WordPress アドレスの変更

ネームサーバーの問題

Webホスティングの新しいドメインを接続するには、ドメインのネームサーバーがそのホストで提示する情報に変更する必要があります。 そして、ドメインのネームサーバー情報が完全に変更されるまで、24時間で48時間程度かかる場合があります。

ホスティング商品に応じて追加することができるドメイン数が制限される場合もあります。 通常価格の商品では、ドメインをXNUMXつだけ接続できる場合があります。 ドメインのネームサーバを変更する方法については、次の記事を参照してください。

WordPress サイトアドレスをサブフォルダからルートに変更する(アドレスでwp、 wordpress などサブフォルダ名を削除する)

今www.abc.com/wpフォルダに WordPressをインストールした状態で、www.abc.comのようにサブフォルダのパスを入力せずにホームページにアクセスするように設定する方法を見てみましょう。

WordPress アドレスでサブディレクトリを変更する方法として WordPress 関連ファイルをルートディレクトリに移動する方法と、以下で紹介する.htaccessを介したサブディレクトリリダイレクト方法があります。 」WordPress アドレスからサブディレクトリを削除する方法「を参考にしてください。

サイトのアドレス(URL)を変更

Site URL and home URL settings in WordPress WordPress サイトのアドレスと WordPress 住所を設定する

まず、伝言板の 設定>一般でサイトのアドレスをルートに変更します。
上図のように」サイトのアドレスURLからサブディレクトリ名を削除します。

変更を保存を押しても "Not Found. The requested URL /wp-login.php was not found on this server."というエラーメッセージが表示されないことです。 しかし、 http://domain-address/wpでサイトのタイトルをクリックすると、サイトがルートパス(例:www.abc.com)に変わり、 "Forbidden. You don't have permission to access / on this server."のようなエラーメッセージが出力されることがあります。

index.phpファイルと.htaccessファイルをサブフォルダでルート(メイン)フォルダにコピーする

WordPress インストールフォルダ(例: / wp / サブフォルダ)の index.phpを ファイルと .htaccess ファイルをルートフォルダにコピーします(移動せずにワンファイルをそのままにしてコピーするようにします).

copy index to local

例えば、 index.phpを ファイルを / wp /  サブフォルダのルートフォルダにコピーするには、FTPに接続した状態で、 / wp / パスの index.phpを ファイルをローカルコンピュータの任意のディレクトリにコピーします。
コンピュータに一時的にコピーした index.phpを ファイルをルートディレクトリにアップロードします。

Upload index file in WordPress

同様の方法で .htaccess ファイルをサブフォルダ(例えば、 / wp /)でルートフォルダにコピーします。 (FTPを使用する方法は、 ここを参照してみてください。)

index.phpファイルを変更する

今のルートフォルダにコピーした index.phpをで、XNUMXつの修正をします。

FileZillaを使用している場合、 index.phpを ファイルを右クリックして「表示/編集「をクリックします。

Edit index.php file in WordPress

これにより、デフォルトのテキストエディタ(またはFTPクライアントで設定されたテキストエディタ)で index.phpを ファイルが開かれます。

WordPressをサブフォルダにインストールする場合は、ルートに切り替える

最後の行を次のように変更します(図を参照)。

require( dirname( __FILE__ ) . '/wp/wp-blog-header.php' );

メモ: この作業は、 index.phpを ファイルをローカルコンピュータにコピーして、コンピュータから直接変更した後、FTP経由でWebホスティングサーバーに上げても構いません。 /wp/... 部分は、そのサブフォルダ名に応じて適宜変更します。 (例えば、 /wordpress/ サブフォルダに WordPressをインストールした場合 / wp //wordpress/に変更するようです。)

一意のアドレス設定を保存する

ここで、変更が完了しました。 設定>固有のアドレスに移動し、任意の設定を触れずに設定を更新します。 その後、Rewriteルールが新たに生成され .htaccess ファイルが更新されます。 現在サイトが正常に表示されています。 正常に表示されない場合は固有のアドレス設定を保存をもう一度押してみます。

メモ: もし、自動的に .htaccess ファイルが更新されない場合固有のアドレス設定画面の一番下に記載されているコードをコピーして、 .htaccess ファイルに上書きします。

参考までに、ルートフォルダの下の.htaccessファイルと/ wp /サブフォルダの下の.htaccessファイルを比較してみると(.htaccessファイルに別の修正をしていなかったと仮定)の下に表示された部分だけの差がありますね

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /   <!-- * /wp/ 하위 폴더의 .htaccess에서는 RewriteBase /wp/ -->
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]  <!-- * /wp/ 하위 폴더의 .htaccess에서는 RewriteRule . /wp/index.php [L] -->
</IfModule>

# END WordPress

歌声雨優れ海外ホスティング

付録

追加1 - サイトアドレスの変更によりサイトにアクセスできない問題が発生したときにDBに接続せずに一時的に回復する方法

上記の方法は、通常の回復方法ですが、DBに接続に吐き気を感じる方のための一時的な方法を紹介します。 FTPに接続してwp-config.phpファイルを開きます。

// ** MySQL settings - You can get this info from your web host ** // ラインのすぐ上に次のXNUMXつの行を追加します。

define('WP_HOME','http://www.example.com/wordpress');
define('WP_SITEURL','http://www.example.com/wordpress');

URLアドレスを変更する前のサイトのアドレスに変更します。 保存してアップロードして WordPressに接続すると正常に接続されています。 サイトのURLアドレスと WordPress URLアドレスの設定を編集することができないようにロックされます(参照).

追加2 - WordPress 関数ファイルでサイトのアドレス変更方法

WordPress テーマの関数ファイル(functions.php)に次のXNUMXつの行を追加します(参照).

update_option('siteurl','http://www.example.com/wordpress');
update_option('home','http://www.example.com/wordpress');

以上でいくつかの方法を使用して WordPress サイトのアドレスの変更によるエラーを修復する方法を説明しました。

メモ:


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy