ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress: 特定のカテゴリページのレイアウトを異なるデザインにする

Last Updated:2022年6月19日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

たとえば、AppleというカテゴリとAndroidというカテゴリのレイアウトを他のカテゴリテンプレートとは異なる方法でレイアウトしたい場合を考えてみましょう。 この場合、いくつかの方法を考えることができます。 カテゴリテンプレートを自分で作成したり、一部のテーマまたはページビルダーが提供するテーマビルダー(Theme ビルダー)が利用可能です。

エレメンタープロ、 Avada テーマ、Diviテーマ、 Newspaper などのフルサイト編集機能を提供するテーマやページビルダーを使用すると、通知パネルでカテゴリテンプレートを含むサイトのすべての要素を簡単にカスタマイズできます(「完全なサイト編集機能を提供する WordPress テーマとプラグイン"参照)。

この機能が提供されていないテーマを使用している場合は、Codexのドキュメントを参照してカテゴリテンプレートを作成できます。

[この記事は2022年6月19日に最終更新されました。 ]

カテゴリーテンプレートファイルの作成

Category Templates (WordPress 公式文書)を見ると、カテゴリページへは、以下の手順に従って、テンプレートファイルを検索します:

  1. category-slug.php
  2. category-ID.php
  3. category.php
  4. archive.php
  5. index.phpを

たとえば、「ニュース」というカテゴリのslugが「news」でカテゴリIDが「6」の場合、「ニュース」カテゴリはまずcategory-news.phpファイルがあるかどうかをチェックした後でなければcategory-6.phpファイルを探し、ファイルが存在しない場合は、category.phpファイルを見つけて、「ニュース」カテゴリを書いてください。

したがって、特定のカテゴリのレイアウトを異なる方法で表現したい場合は、category-slug.phpまたはcategory-ID.phpファイルを作成してレイアウトを変更できます。 レイアウトの違いが少ない場合は、if(is_category('news'))などの条件構文を使用してcategory.phpファイルを編集することも可能です。

たまにget_template_part()関数を使用して、テンプレートを読み込む場合もあります。 この場合、 この記事を参考に読み込むテンプレートファイルを特定のカテゴリに応じて別の方法で設定することが可能です。

この方法を利用する場合はチャイルドテーマを作って チャイルドテーマ フォルダ内にカテゴリテンプレートファイルを作成して作業することが望ましい。 テーマエディタでテーマテンプレートファイルを編集できますが、可能であればテーマエディタを無効にし、 FTPを介して接続して作業することを検討することができます。

基本的な内容ですが、このような部分をよく知らないと、どうすればいいのかを止めることができるようで簡単にまとめてみました。 ちなみにカテゴリIDを確認する方法は この記事を参考にしてみてください。

この方法は、一般のユーザが行うのは容易ではないかもしれない。 コーディングの知識がない場合は、以下で紹介するテーマまたはページビルダーを使用してサイトのすべてのセクションを WordPress 管理者ページ内でカスタムが可能です。

フルサイト編集機能を提供するテーマまたはページビルダーの使用

エレメンターページビルダーのテーマビルダーを使用する

エレメンターページビルダー(Elementor ページビルダー)は、現在500万以上のサイトにインストールされ使用されている人気ページビルダープラグインです。 無料版でもクオリティの高いサイトを作ることができ、多くの人気を集めています。

エレメンタープロ(Elementor プロ)では、ヘッダーからフッター、そしてカテゴリページなどすべての要素を作成できる Theme Builder機能が提供されます。

Avada テーマのLayout Builderを使用する

Avada テーマのレイアウト
Avada テーマレイアウト(Layout)

ベストセラーのテーマである Avada (Avada)テーマはバージョン7に更新されLayout Builderの機能が追加されました。 Avada テーマのラリーアウトビルダーを使用してフッター、シングルポスト、ポートフォリオポスト、アーカイブ(カテゴリーなどを含む)、検索結果ページなどをカスタムすることができます。

Diviテーマの Theme Builderの使用

最も多く設置されて使用されている WordPress テーマの一つである Diviテーマは Theme Builderが新たに搭載され、サイト全体だけでなく、個別ページ、ブログページ、商品ページ、文、カテゴリページ、タグページ、404ページ、検索結果ページなどのヘッダー、本文、フッターを自由にデザインが可能になりました。

Newspaper テーマ:クラウドライブラリ

Newspaper テーマ(Newspaper Theme)でも、カテゴリごとに異なるテンプレートを使用できます。 Standard Packを使用すると、デフォルトで提供されているテンプレートを利用できます。 この場合、スタンダードパックで提供されるテンプレート内で指定が可能です。 クラウドライブラリを使用すると、テンプレートを自由に作成できます。

メモ:



コメントを残す

コメント