WordPress 基本文エディタを交換するCKEditor for WordPress

Last Updated:2015年09月17日| | 3のコメント

WordPress 基本エディタでハングルを使用するのは楽しい経験ではありません。 特に「ビジュアル」モードでハングルを入力すると、ハングルが正しく入力されないという問題が発生します。 私は TinyMCEの高度をインストールして使用していますが、それでもビジュアルモードでハングルが正しく入力されない問題が解決できませんね。 英語の入力は何の問題もありません。 だから私はやむを得ずハングルを入力するときは常に「テキスト」モードを使います。

TinyMCEの高度 Plugin in WordPress
TinyMCEの高度 Plugin

TinyMCE Advancedはデフォルトのエディタに比べてさまざまな機能を提供しています。 しかし、個人的には文を作成し、画像を挿入している用途以外には大きく使用をしないようになりますね。 ぜひつ、蛍光ペン機能を使用したい機能をサポートしていないですね。

ハングル入力の問題でストレスを受ける場合 CKEditor for WordPressを使用してみることができます。
CKEditor for WordPress
図のように非常にすっきりとしたインターフェースを提供します。 機能も大丈夫そうです。 特にハングルが問題なく入力される点が最も心にね。 そして、時にはなければ寂しい蛍光ペン(ハイライト)機能まで提供しています。
CKEditor for WordPress -  Highlighter
(ちなみに私はマクロとして蛍光ペンHTMLコード(例: ... )をAutoHotkeyというマクロプログラムに保存しておき、必要なときはいつでも使う方です。)

このプラグインは、明確な利点は、多くの優れたプラグインであることは明らかと思われる。 しかし、残念ながら、このテーマでは、使用していないです。 このテーマで使用するPixGridderというビジュアルエディタプラグインが正常に動作していないからです。 CKEditor for WordPress プラグインページのレビューを見ると、評価が呼びかけが確実に分かれていることがわかります。 うまく動作すれば良いのですが、問題を経験するユーザーが多いですね。 たとえば、メディアファイルがアップロードされないとかなど...おそらく、更新は昨年10月末以降に行われず、互換性の問題があるようです。 テーマに応じて動作するかどうかが極端に分かれるようです。 テストして問題がないか確認して使用してください。

メモ:


3のコメント

コメント

  1. コメント入力機をCkeditorに変えました。 一部の機能(HTMLタグ制限)を除いては、うまく動作します。

    応答
  2. コメントシステムにCkeditorを試してみようと思わずTinyMCE Visual Editor Commentをインストールしてみました。 多くの機能を提供するわけではありませんが、それなりに大丈夫ですね。 ところでここでもハングル入力に若干問題がありますね…

    TinyMCE Visual Editor Comment

    時間になると、Ckeditorをコメントに連動させて表示するか考え中です。

     

     

    応答
割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy