[WordPress]日付/時刻の形式を変更する

Last Updated:2016年02月29日| 2のコメント

WordPressで表示される日付と時刻の形式を変更したい場合があります。 仮に 2016年 2月 12日のような形式を 2016-02-1216/02/12 などのように短縮形で使用することをお勧めすることができます。 (特に英語、韓国語など複数の言語を同時に動作している場合、デフォルトの日付/時刻の形式ではなく、省略形で使用言語に応じて日付が異常に出てくる現象をある程度変更することもできます。)

WordPressでデフォルトの日付/時刻形式を変更するには WordPress 管理者ページの左側のパネルで 設定>一般に移動します。

タイムゾーンの設定の下に見ると、 日付の表示形式時間の表示形式を指定するセクションがあります。

Date format in WordPress

デフォルトで提供されている形式から選択するか、希望の形式がない場合は、「カスタム」に直接日付/時刻形式を追加できます。

日付/時刻の形式をカスタマイズする場合 WordPress Codexの「Formatting Date and Time「ページを参照してください。

How to Customize Date format in WordPress

日付形式をカスタマイズする場合は、上記の図を参考にしてください。 例えば、

Y/m/d

上記のように指定した場合 2016/02/26のように日付が表示されます。

How to Customize Time format in WordPress

時刻の形式をカスタマイズする場合は、上記の図を参考にすることができます。 例えば、

a g:i

このように、ユーザー定義した場合 午後5:20のように表示されます。

ポストの日付を直接テーマのソースに追加する場合 get_the_date()を使用することができます。 たとえば、ループステートメントの次のようなコードを追加すると、日付が表示されます。

<?php echo get_the_date( 'Y-m-d' ); ?>

ところが上記のように WordPressの一般的な設定で、日付/時刻の形式を指定しても変わらない場合もあります。 そのような場合のテーマのソースを分析して、適切に日付/時刻の形式をカスタマイズしてくれるようです。 または、テーマのソースから日付部分を get_the_date() コードに置き換えることも考えてみることができます。

そしてテーマで日付と形式を制御することができるフックを提供する場合、そのようなフックを利用してもいいようです。 たとえば、最も人気のある WordPress テーマである Avada(AVDA)では medium alternate layout blog and post format box を追加するために使用される avada_blog_post_date_and_format アクションを提供しています(参照).

ポスト公開日(公開日)の代わりに更新日を使用する場合には、 the_modified_time('F jS, Y')を使用することができます。 現在の日付を表示するには、 echo date('l jS F Y')echo date(get_option('date_format')) コードを使用することができます。

メモ:


2のコメント

コメント