ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

Brizy Cloud、第2のWixになるのだろうか?

Last Updated:2022年4月24日| 1のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ブリジーは WordPress ページビルダーに続き、Brizy Cloudというクラウド商品を公開しました。 Brizy ページビルダーは WordPressにインストールして使用するページビルダーですが、Brizy CloudはBrizyで作成されたCMSと呼ばれ、ウィックスと同じように動作します。 Brizy Cloudが第2のWixになることができるかどうか興味深く見てください。

ブリジー WordPress プラグイン対。 Brizy Cloud

WordPress Brizy ページビルダープラグイン

Brizyは人気 WordPress ページビルダーである エレメン(Elementor)同様に、ドラッグアンドドロップ方式で簡単にサイトを作成できるページビルダーで始まりました。 個人的には、Brizyが力を発揮してエレメンターの競争相手になることを望んだが、エレメンターに比べてユーザー数が大きく足りないという方です。

エレメントのような使いやすさ WordPress ページビルダーが必要な場合 Brizyページビルダーを代替として考えることができます。 有料版の場合、エレメントの価格がやや高価であるため、安価なページビルダーソリューションを探している場合は、やや安価なBrizyが大丈夫です。

ブリジークラウド

Brizy Cloudは、BrizyでホストされているBrizyで動くサイトビルダーと言えます。 次のビデオでは、Brizy Cloudでどのようにサイトを作成できるかを確認できます。

Brizy Cloudには無料版があるので、サインアップしてテストできます。

Brizyクラウドは WordPressとは区別になる別のCMSだと思えば理解しやすいでしょう。 Brizyでホスティングを提供し、訪問者数が多い場合でも追加費用なしで利用できるため、訪問者数が多くてホスティング費用が負担される場合、安価なオプションになることができるでしょう。

無料プランに加入してテストしてみると、ウィックスとほぼ似​​ているという感じを受けました。 無料版でも、カスタムCSSコードとヘッダー/フッターにカスタムコードを追加するオプションがあります。 この点では、ウィックスに比べてメリットがあるようです。

要約

  • 別の設定作業なしですぐに使用でき、簡単に始めることができます。
  • Brizy Cloud には何もインストールされておらず、Brizy だけを使用してサイトを作成する一方、 WordPressはテーマとプラグインを自由に選択してインストールできます。
  • FTP/phpMyAdminへのアクセス権は提供されません。
  • 無料版でもランディングページを作成したり、ブログを運営したり、カスタムコード(CSSなど)を追加することができます。
  • 高度な機能(PROブロック、PROレイアウト)を使用するには、有料プランにアップグレードする必要があります。
  • 無料版でも無料のブロックとレイアウトを使用できます。
  • ドラッグ&ドロップで簡単にページを作成できます。

Brizy Cloud、第2のWixになるのだろうか?

最初はBrizy Cloud WordPressに基づいてページビルダーとしてBrizyが使用されたと思ったが、実際に使ってみると WordPressとは完全に独立したサイトビルダーとして機能しました。 Brizyと相談することで、Brizyがどのような意図を持ってBrizy Cloudを作成したのかを少し把握することができました。

Brizy PRO access is by default. You don't install anything in Brizy Cloud. That is not in WordPress 環境。

有料プランでは、Brizy PROがデフォルトで使用されます。 Brizy Cloudでは何もインストールしません。 つまり、Bryzy のみがインストールされた環境でサイトを作成でき、 WordPress同様に、テーマをインストールしたり、機能拡張のためにプラグインをインストールしたりすることはできません。

機能は Brizy PRO が提供する機能に限定されます。 無料版では機能が多少制限されていますが、マーケティング用のランディングページを作成したり、シンプルな会社サイトを作成したり、ブログを運営したい場合などに便利に活用できると思います。

Brizy Cloudの無料プランでもカスタムコードを追加するオプションが用意されているため、カスタムCSSコードを追加したり、ヘッダーとフッターにコードを入力したりできます。 この機能を使って Naver サイト所有の認証コードを追加できます。 実際にテストしてみます。 Naver サーチアドバイザーでサイトの所有を確認し、サイトを追加することができました。 (Googleにサイトを登録するときでも、HTMLメタタグをヘッダーセクションに追加してサイト所有認証を行うことができます。)

Brizy Cloud、第2のWixになるのだろうか?

ウィックスの無料プランでは 設定>カスタムコードでカスタムコードを追加できますが、プランをアップグレードする必要があります。

ウィックスのカスタムコード

このため、無料プランでは Naverにサイトを登録できません。 Naverに登録するには、有料プランにアップグレードする必要があります。

Brizy Cloudでは、個々のページでEmbedブロックを使用してHTML / Javascriptコードを挿入することもできます。

ブリジークラウドは毎月/年間プランがあり、一時的に一生(ライフタイム)プランが提供されています。 ライフタイムプランの詳細については、「Brizy Cloud Lifetime」を参照してみてください。

エレメンターでも ElementorクラウドWebサイトというクラウドグッズを年間99ドル価格で発売しました。 Brizy Cloudは訪問数、ストレージ(ストレージスペース)、トラフィックなどに制約がありませんが、エレメンタクラウド商品では訪問数(月間10万訪問数)とストレージ(20GB)、トラフィック(100GB)などの制約があります。

簡単かつ迅速にランディングページを作成

Brizy Cloudは無料プランも提供していますので、まず無料プランで試してみてください。 費用をかけずにすぐにランディングページを作成したい場合は、良い選択のようです。

私はウィックスも使ってみましたが、 Bridge クラウドがより便利に感じられますね。 WordPress サイトを運営していますが、ページビルダーを使用してランディングページを作成できますが、Webホスティングに参加していない場合は、Brizy Cloudを試してみてください。

"WordPress メンテナンスプログラムサービス「ページ ブリジークラウドで作ってみました。 無料プランでは、さまざまなPRO機能が適用されていませんが、シンプルなランディングページを作成するのに適しています。 ドメインを使用したり、PRO機能を使用したりするには、有料プランを使用する必要があります。 このページを作成するのに1時間もかかりませんでした。 初心者でも簡単にできるでしょう。 」1時間で無料ランディングページを作成する方法」を参照してみてください。

一時的に販売される ライフタイムライセンスでもありますがコストがかなり負担されますね。 長期的に活用するためにライフタイムライセンスを考慮していますが、今すぐ購入する余力にはなりませんね。

Freelancer CloudとAgency CloudはプレミアムCDN&SSLを提供しているため、無料プランやPersonal Cloudよりもスピードが速くないと思います。 有料プランでは、トラフィック(訪問者数)やストレージに制限を設けないことが大きなメリットのようです。

参照



1のコメント

コメント

  1. Brizy Cloud Free Franceに参加してテストしてみてください。 エレメントよりは少し不便な点がいくつかありますが、慣れればすぐにサイトを作ることができるようです。
    ==>もう少し使ってみると、それなりに便利な側面もありますね。

    https://word.brizy.site/

    応答