WordPress自動翻訳機をタルジャ

12

"Googleの翻訳を私のホームページにタルジャ"という文でGoogle Language Translatorプラグインを簡単に紹介しました。しかし、このプラグインをワードプレスのブログに追加するには、ショートコードを利用しなければならないので、好きなところに付けが容易ではないことがあります。たとえば、メニューに追加するには、 wp_nav_menu_items フックを使用して、目的のメニューに追加したり、ワードプレスのテーマファイルを変更する必要があります。

このような作業は、初心者には容易ではないことがあります。 この場合、 Ajaxの翻訳革命というワードプレスのプラグインを考慮してみることができます。

Ajaxの翻訳革命 WordPress プラグイン

Translator Revolution WordPress Pluginは、ユーザーフレンドリーなカスタマイズが簡単なワードプレスの翻訳プラグインです。 簡単に動作させることができますが、ユーザーに合わせて翻訳設定をすることができる強力な機能を提供します。

Translator Revolutionは、自動翻訳プラグインです。 つまり、人間が翻訳して適用するPolylang、WPMLなどの 多言語プラグインとは異なり、Googleの翻訳機能を使用して、サイトを自動的に翻訳してくれます。

ウェブサイトのコンテンツは、ビジュアルコンポーザー、スライダー、メニュー、グリッド、ポップアップ、カレンダー、テーブル、フォーム(フォーム)、ポートフォリオ、ギャラリーなど、さまざまなソースを使用して構築されます。 他の翻訳プラグインとは異なり、Translator Revolution WordPress Pluginでは、これらのソースを国際化(Internationalization)のために WordPress Codexに基づいて構築する必要がありません。 このプラグインを使用すると、すべてのページ、記事、カスタムポストタイプ、タグ、カテゴリー、ウィジェット、プラグイン、テーマなどを難なく翻訳することができます。

Ajaxの翻訳革命 WordPress Plugin Feature List

上の図は、このプラグインが提供する機能の一覧です。 およそまとめてみると:

  • 91の言語を使用可能
  • 簡単かつ迅速に設定
  • 翻訳を編集し
  • 直感的な管理者パネル
  • 翻訳するコンテンツを選択
  • 除外する項目を選択
  • JavaScriptのコールバック
  • FAQ&サポート
  • カスタムCSS
  • インラインドキュメント
  • オンラインバックアップ
  • ...

他の内容よりも「翻訳編集」という目立つね。 自動翻訳した内容を編集することができる意味で聞こえるこの部分は確認しなければならないようです。 そして、ユーザーが最後に選択した言語を記憶する機能もあります。

デモページを見ると、上部に別の言語メニュー(国旗)が表示されるので、別途の作業なしに言語メニューをテーマに追加することができそうです。 (他の自動翻訳プラグインの場合ショートコードをテーマのソースに直接挿入したり、フックを使用して手動で追加する必要があります。)

Ajaxの翻訳革命 WordPress プラグインはユーザーの評価に4.73(5.0満点)を受けて、非常に高い方の販売台数は1,700以上(2016年5月現在)を記録しています。 特殊分野のプラグインでは、比較的高い数値です。

追加: Ajaxの翻訳革命 WordPress プラグインは、自動翻訳された内容を手動で変更する機能を提供します。

translator-revolution-cached-translations-edit

自動翻訳(Googleの翻訳)プラグインに関する注意事項

下のコメントに示すように、自動翻訳プラグインを取り付ければ翻訳されたページに固有のURLが付与されないため、検索にさらされていないSEOの観点から望ましくありません(Hackyaサイトの 「SEOと多言語、UIスタディ(XE使えば滅びるでしょう。) " 文を参照)。

可能な場合 WPMLのようなプラグインを使用して、多言語を構築すると、検索エンジンにさらされる可能性が高くなり、SEOに有利です。 詳細については、 この記事を参照してみてください。

12のコメント

  1. 各ドキュメントに言語固有のリンクを提供していないし、翻訳をする方法は慎重に検討する必要が問題です。

    http://hackya.com/kr/seo-와-다국어-ui-스터디/

    • Googleは、「固有の(unique)の記事を好きで「自動翻訳で翻訳された文書を嫌いという内容をどこかで見たことがあります。

      どうしても自動翻訳文書は、SEOに良くない影響を与えるでしょう。 しかし、翻訳サービスを任せて翻訳するには費用負担が大きくならざるをえないのが現実です。

      自動翻訳した後も話ならない部分は、直接変更することもコストを削減しながら、効率的に多言語サイトを運営する方法の一つであると思われる。 (ただし、これもほとんどの企業では、現実的に容易ではないようですね。)

      • 他の国の言語でサービスされるべきコンテンツがある場合(ショッピングモールのような場合に一度や二度です。)自動翻訳+修正、または専門の翻訳である雇う。 この方法はあるだろうが、翻訳が問題ではなく、そのコンテンツがどのようにサービスされるかが問題です。

        同じ文書を他の国の言語でサービスになると、固有urlが存在します。 その理由は、上記のリンクから詳細に説明をしておいたんです。

        また、すべてのドキュメント/コンテンツが各言語でも提供されるべき理由もありません。 また訳文を提供していなくても、クロム、ユーザーはクロムでドキュメントを翻訳することもあり...

        このような問題のために翻訳をサイトで提供される問題は、本当に慎重に検討する必要がある部分です。

      • 上記のプラグインの場合、プラグイン作成者の主張によると、「SEOに影響がない」とね。

        the plugin has zero impact on SEO。 Search engines will not notice the existence of the translator。 As an AJAX script、the translation takes place on the visitor's browser and is not saved / cached。 The translated content does not exist until a visitor asks for a translation。

        実際に影響がないかはわからないが、上記のプラグインにより、SEOに影響をたくさん受けた面は明らかにクレームがあったようだがそのクレームは見つけることができないですね。 (参考までに、私は、上記のプラグインを擁護することはありません。)

      • 「原文」には何の悪影響も与えないから、the plugin has zero impact on SEOは、この言葉も正しい言葉だとすることができます。 翻訳された文章が露出にならないんだ原文が露出アンドゥェヌンゲないのです。 ふふふ

        しかしながら翻訳された文は、絶対露出がありません。 crawlerが翻訳文を埋め込むことができがないから。

        「レッドブル」で検索すると、このサイトが開かなければならず、

        http://www.redbull.com/kr/ko

        「red bull "で検索すると、このサイトが開かなければします。

        http://www.redbull.com/us/en
        これが一番理想的な方法です。
        私はこのような観点から話をすることです。
        そして、各言語のページが同じ理由は全くありません。
        英語では、 WordPress 関連の開発情報/ヒント、jQueryに関する内容が、洪水のようにあふれています。 だから、私は英語ではあまり使う内容もありません。 私も書いてみても、スパム文しかないから。

        しかし、韓国語では WordPress 関連して、他の開発関連して、紹介されている内容がない場合が多いんですよ。 だからハングルではなく、書きたい文もすべてが失敗してグロプニだ。

        他の例として、韓国内の政治ニュースが英語に翻訳されていない理由が全くないでしょう。

      • 自動翻訳機を有する方は、金銭的な余裕がないため、甘くはないかと思いますね。

        言われた通り http://www.example.com/ko, http://www.example.com/en처럼 震えるようにすれば良いですよ。 この場合、多くの企業はWPMLプラグインを使用することです。 WPMLの場合、プラグインUIを各国の言語に翻訳するために多大な分量を毎年翻訳しています。

        しかし、前述したよう他の言語に翻訳すること自体がコストが入ってから、中小企業は、意欲を出せないようです。 投資と考えればいいのに...今すぐに出るコスト的に考えるのです。 海外企業もグロトゴヨ。 そのような企業が各国の言語(特に韓国語)に翻訳する必要が私のような翻訳がご飯を食べて暮すはずだ言葉です...(さらに韓国の大企業もマインドが異常して翻訳コストを言葉にならないよう切りしようとする場合があります。そして、コストをよく支払っていない場合は、企業もあって。最初に翻訳会社で働くときにどのよう大企業で6月手形を切ってくれるとして取引をしていないこともありました。最近では、手形制度がほとんどなくなったことを知っています...)

      • 低コストをかけて、製品やサービスの翻訳をすると、非常に大きな利益に発生することがある状況にもでたらめ翻訳をヘノァソ損をしている場合もあり、あえて翻訳をしなくてもされるが(英語圏での需要がないサービスや製品なので)翻訳をしておく場合も表示されます。

        オーナーの力量と見でしょう。 翻訳ず、PGのほうも問題があります。 韓国でecommerceは、Active-X、Active-Xを取り替えたexeので(これは実際に希代の寸劇です。ふふふ)、海外のバイヤーは、購入自体が不可能な状態です。

        韓国のLG面それでも、大企業だが、このLGで作るlithium ion batteryを中国の会社から購入をして、オンラインで米国の消費者に売っています。 韓国とは異なり、中国はTenpayで、Alipayのように、米国でも、いくらでも自由に利用できるオンライン決済基盤が備わっているんですよ。

        それで韓国の大企業も、米国の消費者に直接製品を販売していない状況です。 かなり衝撃的な事実ですか? (笑)

        もちろん腕に売るのです。 アメリカ支社から売ればよいです。 しかしながら、韓国企業は、Webやecommerceの事情が明るくない関係で、自分たちがB2Cに関心を持たないにして、今どのよう莫大な損害を被っているかどうかさえも認識をできません。

      • オーナーの戦略的判断が重要な、翻訳を単に「コスト」で片付けてしまう場合が多く、損害をたくさん見るようですね。

        BTWは、1つ聞いてもいいですか? 見積もりフォームをブラウザの右下に固定させようとするだけで、CSSで使用すると、無難でしょうか? それとも... jQueryが大丈夫でしょうか? この時点で、ちょうどCSSのfixedを使用して、このような機能を実装した、突然jqueryを使用してみるとどうだろうかという気がしドゥルオソヨ...

      • cssで実装可能な形であれば、cssでするのが良い。 CSS3に実装できない形のelementは、scrollに応じて姿が変わらなければならする場合がほとんど唯一です。 これ不可欠でjavascriptの力が必要です。 しかし、その場合でも、jQueryよりサンジャス(vanilla javascript)で実装するのが最近の傾向です。

      • ありがとうございます〜

        その後、CSSで実装してみ、[X]ボタンを一つ作ってクリックすると、非表示にする機能だけjQueryなどで実装してもなりそうですね。

        vanilla javascriptということですね。
        最近、あまりにも多くの情報が含まれてくるみる頭で過負荷がかかると思われる〓〓

      • vanilla javascriptはjQueryのようにlibraryを使う形ではなく、元の純粋なjavascriptを言うのです。 cssで打てばSassではなく、ただ純粋なcssのような式ですよ。

      • ありがとうございます〜
        まだ学ぶべきことが山積みだ時間はないですね。
        (おそらくすべてがそうではないかと思われます。)

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください