「Word Cracker」でブログの名前を変更する

Last Updated:2024年05月05日| コメントを残す

この WordPress「WordCracker」という名称で始まったが、Hackyaサイト運営者であるMatthewさんが「クラッカー」は否定的な意味だと指摘してサイト名を「WordPress 「情報パッケージ」に変えて長い間運営してきました。それから最近のブログの名前を再び「ワードクラッカー」に変更しました。

「Word Cracker」でブログの名前を変更する

「ワードクラッカー」という言葉の二重の意味

個人的にはWordPressを破る人または WordPressを征服する人」の意味で「ワードクラッカー」という名称を考案しました。しかし、英語辞書を探してみると、「Cracker」は「他のコンピュータに侵入してデータを利用したり破壊する人」つまり「ハッカー」という意味を持っています。このため、英語を話すネイティブの人々には否定的に感じられると言われています。

今は歳月8~9年ほど経ったので、その間に「ワードクラッカー」という単語が持つ語感も変わらなかったかと思われ、チャットGPTに「ワードクラッカー」という名前について聞いてみました。

次はChat GPTの答えの1つです。😄

「ワードクラッカー(WordCracker)」という名前は、ユニークで覚えやすい面があります。この名前 WordPress 関連情報を提供するブログの名前として使用することについての肯定的な感情と否定的な感情を次のようにまとめることができます。

肯定的な感じ

  1. 創造性と記憶に残る名前:「クラッカー」という言葉は一般的ではなく、名前自体がユニークで、これは訪問者の記憶に長く残る可能性があります。
  2. 専門性と深さの暗示:「クラッカー」は複雑なことを解決したり、深い情報を提供するイメージを与えることができ、 WordPressの深い情報を扱うブログとしての専門性を強調できます。
  3. アクティブでダイナミックな感じ:「クラッカー」はアクティブでダイナミックな感じを与え、ウェブサイトが積極的に WordPress 関連する最新情報を提供する印象を与えることができます。

否定的な感じ

  1. 二重の意味:「クラッカー」とは、コンピュータのセキュリティ用語でハッキングを試みる人を意味することもあり、一部の訪問者に否定的な感覚を与える可能性があります。これは特にセキュリティに関するウェブサイトであると誤解を招く可能性があります。
  2. 非専門的な印象:一部の人々は「クラッカー」を非公式または非専門用語として受け入れることができ、 WordPressの専門的な情報やサポートを提供するブログの信頼性を低下させる危険があります。
  3. 文化的感受性:特定の文化では、「クラッカー」を否定的な言葉として使用することができ、世界的な観点からはブログの名称には適していない可能性があります。

「Word Cracker」でブログの名前を変更する

最近、海外でこのブログに協賛ポスト(ゲストポスト)を載せることに関する問い合わせが増えました。おそらく時間が流れながら「ワードクラッカー」という言葉に対して否定的な語彙より肯定的に見つめる海外ユーザーが増えるのではないかと思われます(純粋に私の脳フィシャルです)。 😄

この WordPressを運営してからもう9年が経ちました。これまで多くの変化がありました。当初、このサイトを頻繁に訪問していたブログの友達の多くは、本業のためにブログ運営をやめたり、ブログを管理せずに放置しているようです。 😥

私がブログを始めたときにだけ私たちの国では WordPressに否定的な認識がたくさんありました。変化を恐れていた開発者やウェブエージェンシーなどのユーザーを中心に WordPressに対する否定的な噂(?)がたくさん回っていたようです。今は否定的な認識がたくさん転換しています。 WordPress ユーザーも過去に比べて増加しました。

しかし、この世界も急速に変化していることを体感します。昨年彗星のように登場して話題になっているチャットGPTをはじめとする生成型AIがブログ世界にも大きな影響を及ぼしています。 人工知能(AI)を活用した自動投稿この活発に試みられており、Googleなど検索エンジンでは自動生成コンテンツなどスパム性コンテンツをフィルタリングするために検索アルゴリズムを更新しながら対応しています。

この WordPress ブログでは、 WordPressとSEO(検索エンジン最適化)、 ウェブホスティング、チャットGPT、その他の日常的なお知らせなどをお届けしておりますので、大変お世話になります。そして WordPress Naver カフェから WordPress ユーザーとコミュニケーションをとり、質問があるかもしれません。

参照


コメントを残す

コメント