WordPress WPMLプラグインコンテンツ(ページの記事)をコピーして翻訳する方法 - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress WPMLプラグインコンテンツ(ページの記事)をコピーして翻訳する方法

Last Updated:2020年11月14日| 6のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress英語、日本語、中国語などの多言語サイトを運営する場合 WPMLプラグインを使用すると、簡単にコンテンツを多言語に翻訳して多言語サイトを作成することができます。

まず、韓国語サイトを完成したらWPMLを使用してコンテンツを多言語に翻訳することができます。 最も簡単な方法は、すべてのコンテンツまたは一部のコンテンツを他の言語で複製することです。

この機能は、WPMLプランに基づいて提供されていない場合があります。

WPMLでページや記事を他の言語に翻訳するためのオプションには、大きくXNUMXつあります。

  1. 手動翻訳
  2. クラシック翻訳エディタを使用
  3. 高級翻訳エディタを使用

クラシック翻訳エディタと高級翻訳エディタはWPMLで提供される翻訳編集インタフェースです。 このツールを使用してテキストにコンテンツをエクセル(Excel)と同様に左の列は、原文(Source Language)が表示され、右側の列には、翻訳(Target Language)が位置するようになります。 左の原語文章を右欄に翻訳します。

ページの編集画面からコンテンツをコピーして翻訳する

ページの編集画面で、現在のページのコンテンツをコピーして翻訳する方法があります。 翻訳するページの編集画面で、左側のサイドバーの この文書の翻訳>複製をクリックするします。

WordPress 翻訳 -  WPML

これにより、次のように複製ボタンが表示されます。

WordPress WPML翻訳する

これにより、現在のページのコンテンツが複製され、同じ名前のファイルが生成されます。 今 WordPress 管理者のページ>ページ>すべてのページをクリックします。

WordPress WPMLページを複製する

上部の言語を英語(あるいはその外国語)に変更します。 あるいは「ページ」のタイトルの下に「英語」をクリックします。 その後、英語のページのリストが表示されます。 先ほどコピーしたページを確認することができます。 ページのタイトルの上にマウスを上げて「編集」をクリックします。

WPML翻訳

上記のように複製したページを独立して翻訳するかどうかを尋ねるダイアログが表示されます。 ワン言語とは別に編集するので、「独立して翻訳」をクリックします。

今ページの編集するようにページを編集しながら、文字列を翻訳します。 言語に応じて、画像等を異にするする場合は、画像を交換し、必要のないフレーズは削除することができます。 そして、その言語のみ必要な項目があれば、追加することができます。

手動で翻訳する

WPML>設定から 文とページを翻訳する方法にXNUMXつのオプションの中から選択することができます。

WPML翻訳方法

手動で翻訳しを選択すると、基本的に上記の方式と同様に文とページを英語、日本語などの外国語に翻訳することができます。

ページや記事のリストから翻訳するページや記事のタイトルの横にある、その言語欄に該当する「+」をクリックして、その言語に翻訳を追加することができます。

WordPress WPML翻訳方法

上の図では、「英語に翻訳を追加」ボタンをクリックして、英語でページを翻訳します。

WordPress 多言語翻訳プラグインWPMLで翻訳する

上記のような画面が表示されたら "韓国語でコンテンツのコピー」をクリックすると、そのページの韓国語のコンテンツがコピーされます。

(例では、古典的なエディタからコンテンツをコピーしたが、ページビルダーを使用している場合は、まず、そのページビルダーをロードした後に、コンテンツをコピーしても、結果は同じようです。もし問題が発生した場合の古典エディタ状態でコンテンツをコピーする方法とページビルダーからコンテンツをコピーする方法をすべてテストして、問題が発生しない方法を選択してください。)

WordPress WPMLのページと記事を翻訳する

上記の図のように、コンテンツがコピーされます。 しかし、多くのコードが表示されています。 この場合、 AvadaのFusion Builderでコンテンツを編集する」Edit With Fusion Builder」 ボタンをクリックすると、コンテンツが正常に表示されます。

WPMLプラグインを使用して WordPress ページ翻訳する

今のページ内のコンテンツを、その言語(たとえば、英語)に翻訳するようにします。 同様に、元の言語とは異なるページを編集してもされます。

クラシック翻訳エディタを使用してページや文章を翻訳する

WPML>設定から 文とページを翻訳する方法으로 クラシック翻訳エディタを使用を選択すると、WPMLで提供される既存の翻訳エディタを使用して翻訳することができます。

WordPress WPML翻訳プラグイン - クラシック翻訳エディタ

ちなみに自動翻訳(機械翻訳)と翻訳メモリ(Translation Memory)の機能を使用するには、「高度な翻訳エディタの使用」を選択して、高度な翻訳エディタを使用して翻訳することができます。

翻訳するページや記事のタイトルの横にある「+」アイコンをクリックして、その言語に翻訳を追加します。

WordPress WPML翻訳方法

これにより、次のようにWPMLのクラシック翻訳エディタでコンテンツを翻訳することができる画面が表示されます。

WPMLの古典的な翻訳エディタを使用する

文字列全体を目標言語のフィールドにコピーするには、「ソースからすべてのフィールドをコピー」をクリックします。 翻訳を完了した後は、「翻訳が完了しました」チェックボックスをチェックするようにします。

クラシック翻訳エディタと高級翻訳エディタは翻訳するコンテンツだけを抽出して翻訳に集中するためのインターフェイスを提供します。 通常翻訳者にコンテンツの翻訳を任せたときに使用することができます。

翻訳を保存し、後であって翻訳することができます。 翻訳待ちの文書は、 WPML>翻訳で確認することができます。 (WPML Translation Managementプラグインをインストールする必要が、このメニューが表示されます。)

翻訳管理画面

WPML Translation Managementを使用すると、翻訳するコンテンツをXLIFF形式にエクスポートして、プロの翻訳者に翻訳を任せることができます。 XLIFF形式でExportするTradosなどの専門の翻訳メモリツールを使用して翻訳することができます。 ( "WordPress サイトのコンテンツをプロの翻訳者に送り、翻訳させる"参照)

WordPress WPMLプラグインで翻訳する

クラシック翻訳エディタで任意の文字列を翻訳して、「翻訳が完了しました」をチェックした後、保存すると、翻訳された文書は、その言語で公開されます。

翻訳が完了して、その外国語に翻訳が公開されると、ページのリストから該当するページを編集することができます。

WPMLを使用して翻訳する

Translation Editorに翻訳されたドキュメントを開くと、上記のような警告が表示されます。 Translation Editorで開くをクリックして翻訳を変更したり、 "편집"をクリックして、 WordPress エディタで編集することができます。

高級翻訳エディタを使用してページや文章を翻訳する

WPML>設定から 文とページを翻訳する方法으로 高級翻訳エディタを使用を選択すると、WPMLで提供される高度な翻訳エディタ(Advanced Translation Editor)を使用して翻訳することができます。

WPML高級翻訳エディタで翻訳を編集する

高級翻訳エディタを使用して翻訳する方法は、基本的にクラシック翻訳エディタ(Classic Translation Editor)を使用する方法と同じです。

ページのリストから翻訳するページのタイトルの横にあるプラスアイコンをクリックします。

WordPress WPMLで翻訳する

これにより、次のように高度な翻訳エディタが開きます。

WordPress WPMLを使用した翻訳

上部の Translate Automaticallyをクリックすると、機械翻訳では、言語に自動翻訳になります。

機械翻訳の品質は信頼できないので、必ず、その言語をよく知っている専門家の検討を経て、エラーを修正する必要があります。

高級翻訳エディタやクラシック翻訳エディタは、ページを直接編集せずに翻訳する文字列のみを抽出して翻訳が可能なので、慣れていない言語に翻訳するときに便利することができます。 しかし、翻訳が完了した後に画像やスライダーなどを修正する作業が必要になることができます。

※Multilingual Blog プランでは自動翻訳機能は提供されません。

最後に、

以上で多言語翻訳プラグインWPMLを使用してページや文章を複数の言語に翻訳する方法を説明しました。 上ではベストセラーのテーマである Avada テーマを例に挙げて説明したが、 Visual Composerナ Beaverページビルダー など、他のページビルダーを使用しているテーマでも同様の方法で翻訳が可能です。

Avada, Enfold, Flatsome, BeTheme など、ほとんどの人気のテーマでは、WPMLとの互換性を表示しています。

WPMLの互換性
인기 WordPress テーマの一つである BeThemeでWPMLとの互換性を明示している。

WPMLを使用する場合、テーマはWPMLと互換性のあることを確認してください。 互換性を知ることができない場合には、テーマ開発者に連絡して確認することができます。

최근 WordPress バージョン5がリリースされ Gutenbergが基本エディタに統合されました。 Gutenberg ため、互換性の問題が発生する可能性があります。 Gutenbergで作成された文書もWPMLで翻訳が可能ですが、問題が発生した場合 古典的なエディタ(Classic Editor)のプラグインをインストールして Gutenberg 代わりに、古典エディタをデフォルトのエディタに訳さすると問題が発生しないことです。

WordPress 多言語翻訳プラグインWPML

メモ:



6のコメント

コメント

  1. こんにちは嬉しいです。
    WordPressを初めて触れた後から、あまりにも多くの役に立つ文をお寄せいただきありがとうございます。
    私が多言語サイトを一つ作ろうとするのに一つの質問がありました。
    WPMLを利用して作られた英語サイトで AdSenseを貼るには
    再び AdSense 承認を得て別々に広告コードを挿入する必要がありますか?

    応答
    • こんにちは? AdSenseはドメインベースで広告を掲載できるため、WPMLとは関係ありません。 WPMLを使用してサブディレクトリを英語サイトとして指定する場合、またはサブドメイン方式で英語版を追加する場合は、 AdSense 承認を受ける必要はありません。 ただし、完全に異なるドメイン(例:example.co.krを韓国語サイト、example.comを英語サイトとして指定)を使用している場合は、各ドメインで AdSense 申請をして承認を受けなければなりません。 プライマリドメイン(example.com)に対して承認された場合、サブドメイン(en.example.com)については追加の承認を必要とせずに広告を配信できます。

      応答
      • ああ..これはXNUMXつのドメインに英語に翻訳された文章を追加する方法ですね^^;;
        とても良いプラグインです。
        フレンドリーな説明ありがとうございます。
        本当にすごい!

      • サイトの URL はさまざまな方法で可能です。
        1. サブディレクトリ方式: example.com/en...
        2. サブドメイン方式: en.example.com...
        3. 別のドメイン: example.com, example.co.kr, example.co.jp...

        上記からXNUMX番目の方法で言語サイト別に別のドメインをリンクする場合は、 AdSense 承認が必要です。

  2. よく見ました。^^
    最近WPMLを備えたブログをたくさん接するて私一つかと思いをしています。
    良い一日を過ごす

    応答
    • 多言語サイトを運営する場合、WPMLを考慮してみることができます。

      イカルスさんも楽しい一日を過ごす🙂

      応答