WordPress URL短縮と追跡のプラグイン - Shortlinks by Pretty Links

Last Updated:2024年01月14日| 10のコメント

長いURLアドレスを共有するのが負担になる場合は、URL短縮サービスを利用すると便利です。 私はGoogle URL Shortenerサービスを頻繁に利用したが、昨年のサービスが終了しました。 そして Naverで提供された同様のサービスも終了しました。 必ずURL短縮サービスを利用するには、tinyurl.com、bit.lyなどのサービスを利用することができます。

このようなサードパーティのURL短縮サービスを利用すれば、いつサービスが終了されるかわからないという不安感(?)もあるが、ユーザーの立場から https://bit.ly/2FjSL1u のようにbit.lyなどで始まる正体不明のリンクをクリックすることに消極的ことができます。 そのリンクがスパムサイトや奇妙なサイトに接続することもあるからです。

このような懸念をなくす方法として、独自のドメインを利用した短縮URLを共有する場合、効果が良くなります。 WordPress サイトを運営する場合、 Shortlinks by Pretty Links プラグインを使用すると、自分のドメインに短縮URLを作成することができます。

Shortlinks by Pretty Links - WordPress リンクトラッキングプラグイン

WordPress URL短縮プラグイン

このプラグインは、現在、20万以上のサイトに設置されて使用されており、ユーザーの評価も良い方です。 この無料のプラグインの有料版であるPretty Links Proを使用すると、より多くの機能を利用することができます。 しかし、あまりにも負担価格ですね。 通常は、無料版を使用すると、なりそうです。

このプラグインをインストールして有効にすると、管理者ページの左側のメニューに Pretty Linksが追加されます。 Pretty Links> Add New Linkで新しいリンクを追加することができます。

WordPress用URL短縮と追跡プラグイン(無料)

上記のように、新しい短縮リンクを作成することができるページが表示されます。 使用は非常に直感的です。 無料版では、Redirectionタイプで301、302、307 Redirectのみを許可します。

高度なオプションをクリックすると、いくつかの追加のオプションを指定することができます。

WordPress URL短縮プラグイン - 高度なオプション

詳細オプションでは、グループを指定することができ、No Followを追加することができます。 そしてParameter Forwarding(パラメータ転送)と追跡(Tracking)するかどうかを選択することができます。

Pretty Links> Pretty Linksで追加された短縮URLのリストを見ることができ、統計を確認することができます。

WordPress 短縮URLプラグイン

※このプラグインを使用している場合は、必ず最新のバージョンに更新してください。 Shortlinks by Pretty Links 2.1.9以前のバージョンからのStored XSSやCSVの脆弱性が発見され2.1.10バージョンで修正されました。 WordPressを安全に運営するためには WordPress、テーマ、プラグインを可能な場合は常に最新のバージョンに保つことが重要です。

PHPスクリプト: Linkity - Business URL Shortener

PHP URL短縮スクリプト

WordPress サイトにプラグインをインストールして、サイトに負担を与えることが懸念される場合LinkityようなPHPスクリプトを利用してみることもあるようです。 機能は、上で紹介したShortlinks by Pretty Linksと似ています。

詳細情報とデモは、 Linkityサイトを参考にしてみてください。 (アップデート:このプラグインは、2020年1月以降の更新がないされています。)

また、他のプラグインで プレミアムURL短縮というPHPスクリプトがあります。 このスクリプトは上で紹介したLinkityよりも多く販売されており、ユーザー評価も4.90で良い方です。

そして BeLink - Ultimate URL Shortener 同じPHPスクリプトもあります。 BeLinkまたはPremium URL Shortenerを使用してURLショートカットサービスサイトを作成できます。

WordPress リンククリックトラッキングプラグイン

Shortlinks by Pretty Linksプラグインを使用すると、長いURLの短縮URLを生成し、クリックを追跡できます。

サイト内のすべてのリンクのクリックを追跡したい場合は、Track The Clickなどのプラグインを使用できます。

最後に、

Shortlinks by Pretty Linksをプラグインを使用すると、長いURLは、特にハングルが含まれ、URLが汚れて見える場合、効果的にリンクを共有することができるような気がしました。

参考までに WordPressで、URLにハングルが含まれてリンクが壊れて見えて汚れて見える場合は、共有時文のshortlinkを利用することもできます。 shortlinkの詳細については、次の記事を参考にしてください。

Shortlinks by Pretty Linksを使用できるプラグインをこれ以上使用しない場合には、.htaccessにリダイレクトコードを追加するか、リダイレクトプラグインを使用してリダイレクト設定をしてくれる方法を考えてみることができます。


10のコメント

コメント

  1. こんにちは WordPressに旅行アフィリエイトマーケティングの投稿を作成していますが、アフィリエイトリンクを付けるときはno followやsponsoredにチェックをすればseoスコアに打撃を与えないとしてそのようにチェックをして作成しています。

    ところで、ダイナミックバナーなどをhtmlコードで追加するときは、このようなコード追加ボタンが別にありませんでした。

    視覚的に目にぴったりなのがバナーばかりがないので、3つの投稿に4~XNUMX個ほど着実に入れているのですが、もしかしたら今後の露出に問題になるかと少し心配になってよかったです。

    応答
    • Kupang Partnersなどのダイナミックバナーはiframeとしてロードされるため、nofollowなどを追加することはできません。そして、iframe内のコンテンツはGoogleではないと見なすので気にする必要はありません。

      応答
  2. 先生の質問が一つあります。もし'no follow'をチェックすると短縮リンクを他の場所に残した場合、リンクジュースが越えないようになるのでしょうか?

    応答
    • おそらくNo FollowオプションをチェックすることがSEOの面で望ましいようです。

      プラグインでこのオプションについて次のように説明していますね。

      Add a nofollow and noindex to this link's http redirect header. (Recommended)

      このリンクのhttpリダイレクトヘッダにnofollowとnoindexを追加するとします。

      応答
  3. 先生こんにちは。

    突然、その投稿が完全に欠落してしまいました。 まったく問題のない文でしたが、一体なぜこういうのか分かりますか?

    恥ずかしいです。

    応答
    • 偶然の一致ではないかと思います。 たまにSNSにリンク(実際のリンクまたは短縮リンク)を共有して価値が落ちる訪問者が突然急増する場合には問題になるかもしれませんが、通常は短縮リンクを使ったとしても問題は発生しません。 最近では、Googleの流入が急落するケースが増えているようです。 https://avada.tistory.com/3130 文を参照してみてください。

      応答
  4. もしRedirectionsプラグインに見れば。
    301,302,303.304,307,308
    こんなことがあるのに意味が何なのか気になります。

    そしてRedirectionsプラグインで特定のiPhiバンドをブロックした状態で
    Pretty Linksを使用して短縮リンクを設定するので、そのリンクはブロックされませんでした。 もしかしたら WordPress 独自のサーバーを使用して短縮リンクを指定する方法は、書き込み方法しかありませんか?

    応答