WordPress Publisherのテーマでハングルフォントを設定する

2
Publisher demo compressor  - ワードプレスのPublisherのテーマでハングルフォントを設定する
ワードプレスのPublisherのテーマデモの一部

ワードプレスのブログには、現在の Publisherというマガジンのテーマが使用されています。 人気のある Newspaperと同様の機能を提供し、個人的な感情では Newspaperより設定が簡単に思われる。

このテーマには、 視覚的な作曲家が搭載されており、 スライダー革命を含む様々なプラグインがバンドルされています。 数えてみると、約20以上の有料プラグインと自作プラグインが含まれていますね。

私は視覚的なコンポーザーを無効にしてサイトを設定しました。 このテーマの利点の一つは、ビカムを無効にしても、フロントページを、さまざまな「ブロック」を組み合わせて飾ることができるという点です。

Publisherのテーマでは、 伝言板> Publisher> Theme Optionsで、さまざまなオプションを設定することができます。 フォントの種類とサイズは Typography(タイポグラフィ) タブで詳細に指定することができます。

ワードプレスのPublisherのテーマフォントを設定する

CSSを利用することなく、各項目で、目的のフォントサイズと種類を指定することができ、便利なようです。 フォントは、基本的に、英語のフォントで指定されているので、ハングルフォントに変えるのがいいようです。 (私は長い間、基本的なフォントをそのまま使用している途中、最近変更しました。)

分かち合いゴシックハングルのフォント指定

目的の項目で Font Family(フォントファミリー)をクリックすると、フォントの種類を指定することができるポップアップが表示されます。

ワードプレス分かち合いゴシック

上記のような画像が表示されたら、右上の「Gothic」で検索すると、いくつかのフォントが検索されます。 ハングルのフォントではNanum Gothic(分かち合いゴシック)とJeju Gothic(済州ゴシック)があります。 この二つの中から選択すると、なりそうです。 私は「分かち合いゴシック」を選択しました。

必要に応じて、右上の「Upload Custom Font(カスタムフォントアップロード)"ボタンをクリックして、ユーザーのフォントをアップロードすることができます。別のプラグインなしで直接カスタムフォントをアップロードすることができる機能が提供さね。

私はサイトのパフォーマンスのために、Googleフォントをロードしないように設定しました。 このため、サイトのハングルフォントが正しく表示されないこともあるようです。 もしかしたら、このブログのハングルフォントが異常表示されたら、以下のコメントを介してご連絡ください。 その後、Googleフォントを再ロードするように設定を変更することを検討します。

最近 見せるという多目的テーマをインストールしてテストしたことがあります。 このテーマをインストールしたら、ハングルフォントが、ブラウザのフォントでそのまま表示されているようでした。 上記と同様の方法で、ハングルフォントを設定してくれるので、フォントが正しく表示されました。

テーマでは、Googleフォントを使用してフォントを指定するオプションを提供する場合「分かち合いゴシック」にフォントを設定してくれれば無難であろうと思われます。

注:

2のコメント

  1. 私 Visual Composerは最初から削除をしてしまいました。
    私の性格上の使用をしない場合は、無効より削除をすることが精神的に良いようだから。
    Newspaper ハングルのフォントを適用するいくつかのややこしくよ。ㅜㅜ

    • はい。 使用していないプラグインは、最初から削除しても安全です。
      전 Visual Composerを最初からインストールしていない。(笑)

      私のフォントについてそれほど敏感ではないが、サイトを作成するときに、フォントの問題のために苦労している方をたまにします。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください