[WordPress] PolylangでWPMLに変換するプラグイン

Last Updated:2016年08月13日| | コメントを残す

현재 WPMLから Polylang to WPML Importer プラグインを作ってテストを行っています。 Polylangを設置したが速度などの問題に悩む場合、このプラグインを使用してWPMLに変換が可能であることです。

現在開発が完了し、 GitHubからダウンロードすることができます。 テスト中で、このページでコメントを要求すると、プラグインを送信くれるそうです。 これとは別にkkarpieszukという開発者がgithubにmigrate-polylang-to-wpmlプラグイン(アルファ版)を公開しました。

このプラグインを これらのプラグインは、現在のテスト段階であるため、 使用する場合は 必ずデータベースをバックアップしてください。

ちなみにWPML 3.4.1とString Translation 2.4ではSTメモリを約70%、実行時間を約50%短縮させるます。 そしてWooCommerce Multilingual 3.8.1は商品管理画面のロード時間を約40%短縮させるね。

私はこのブログにPolylangを設置したが速度のために、プラグインを整理しながらJetPackなどと一緒にPolylangを削除しました。 WPMLを他のブログに設置したところ、意外に速度低下がほとんどないですね。 先ほどPingdomでWPMLがインストールされてブログのスピードテストを実行した速度が542ミリ秒出ますね。

https://tools.pingdom.com/#!/cxx6R7/http://iwordpower.com/

どのようにこのような速度が出るのか私も多少理解がされていません。 現在、基本的なプラグインとWPMLは、キャッシュプラグイン程度設置した状態であり、ホスティングは海外ホスティングサービスである Ipageをの低コストプラン(Essential)を使用した状態でテストを実施みています。 (iPageの詳細については、 この記事を参照してみてください。 低コストなので、たまに不安になるかもしれません2週間ほど使用した現在まではこのような症状がほとんどないですね。)

Pingdom Speed Test

Google PageSpeed Insightsでも比較的高い点数が出ますね。 (最初は90点台が出てきた、現在のイメージの最適化問題のためにスコアが80点台序盤を記録している状態です。)

WPMLを使用してテストしていますが、確かにPolylangのような無料版とは、パフォーマンスの違いがたくさんあるようです。 数日前にPolylang to WPML Importerプラグインのテスト版を発表したので、テストが完了すると、正式版が出ないかと思われます。


多言語 WordPress

上記のバナーをクリックして、WPMLの詳細を調べることができます。 そして この記事で多言語プラグインWPMLの複数のバージョンについての情報を見ることができます。


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy