WordPress ジェトペク(JetPack)プラグインのセキュリティアップデート

0

WordPress.comで提供されるJetPackプラグインが更新され、ショートコードを埋め込むコードの脆弱性が修正されました。 ジェトペクを使用している場合は、最新バージョン(現在7.9.1)に更新してください。

ワードプレスJetPackプラグイン

JetPack(ジェトペクあるいはジェットパック)は、セキュリティ、性能、利便性機能など多くの機能を提供するプラグインで、現在500万以上のサイトに有効になっており、 加入型ワードプレスデフォルトでは、搭載されています。

私はこのブログでは、このプラグインを統計機能のために、初期に使用したことがあります。 加入型ワードプレスでは、サーバーに最適化されてそうなのかジェトペクが搭載されていても高速を示したが、 マウントワードプレスでは、ジェトペクため、サイトの速度が遅くなることがあります。

一部のWebホスティングでワードプレスを自動インストールするときにJetPackが一緒にインストールされることもあります。 たとえば、海外のホスティングの一つである ブルーホスト(Bluehost)でワードプレスを自動インストールとJetPackをはじめ、Opt-in Monster、Monster Insightsなど、いくつかのプラグインがインストールされます。 速度のために、これらのプラグインを使用していないことが望ましいことがあります。 使用を希望する場合には、 プラグインを有効前活性化後の速度を比較して速度に影響を与えることはかどうかを確認してみるといいようです。

JetPackで提供される特定の機能が必要な場合、その機能だけを提供するプラグインや方法を利用することができます。 例えば、統計機能が必要な場合はJetPackで提供される統計機能の代わりに、Googleアナリティクス(Google Analytics)を利用することができます。

Monster Insightsよう、Googleアナリティクスの統計情報をワードプレスのダッシュボードに表示するプラグインも、このような機能自体の特性上、サイトの速度を遅くすることができるとしたら参照してください。

常に強調するが、安全のワードプレスのサイトを運営するには、ワードプレス、テーマ、プラグインを最新バージョンに更新してください。 更新する前にバックアップを作成しておくの更新後に問題が発生してもロールバックすることができます。

先週ワードプレスのバージョンが5.3に更新されました。 PHPのバージョンが7.0以上にならなければ、ワードプレスのサイトをスムーズに運営することができます。 PHP 5.3で実行されているワードプレスのサイトを最新のバージョンにアップデートして床を見る場合に時折表示します。 PHPのバージョンが低い場合は、まず(バックアップを確実にして)PHPバージョンをアップグレードした後に更新を進めてください。

ちなみに現在のPHPの最新バージョンは、7.3で11月28日にPHP 7.4がリリースされる予定です。 PHP 7.0以下は、セキュリティサポートの期限が切れれ7.1もすぐサポートが切れます。 可能な場合はPHP 7.2を使用することが望ましいとします。 PHPのバージョン5でPHPのバージョン7にアップグレードすると、大幅に速度が向上することができます。 (現在のワードプレスでは、 PHP 7.3以上を推奨)

PHPのバージョンリリース
PHPのリリース履歴。 出典:Wikipedia

注:

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください