WordPress Astraテーマインターフェースのローカライズ方法(一部翻訳されたファイルをダウンロード)

0

アストラOceanWP などと一緒に多言語翻訳プラグインWPMLを開発したメーカーが推奨する軽量、高速ワードプレスのテーマの一つです。

このテーマのインターフェースをローカライズしたい場合Loco Translateようなプラグインを使用したり、PoeditなどのPC / Mac用のプログラムを使用することができます。 Loco Translateを使用すると、ワードプレス伝言板内でワードプレスコア、テーマやプラグインの文字列を、日本語のような他の言語に翻訳することができます。

Astraテーマの文字列をローカライズするには、Loco Translateを有効にした後、 Loco Translate> Themesをクリックして、テーマのリストからAstraを選択するようにします。

ワードプレスのテーマファイルの翻訳方法

Choose a location(場所の選択)Author:themes / astra / languages / ko_KR.poを選択して、 Start translating(翻訳開始)をクリックします。 その後、翻訳をすることができる画面が表示されます。

ワードプレスのテーマファイルのローカライズハングルに翻訳する

順番に翻訳してもされ、必要な単語やフレーズを検索して翻訳してもされます。 翻訳後 [Save](保存)をクリックすると、言語ファイルが更新されます。

翻訳後 テーマのデザイン>カスタマイズで英語の文字列がハングルに翻訳されたことを確認することができます。

ワードプレスのテーマAstra翻訳ローカライズ

2番目のメニューまで翻訳されたAstra翻訳ファイルを次のネイバーブログ記事からダウンロードすることができます。

翻訳は、Astra 2.0.0バージョン基準であり、34%翻訳が完了しました。 残りの文字列は、Loco Translateを使用して翻訳することができます。 翻訳された文字列も検討して、エラーを修正してください。 (一部の文字列を翻訳メモリ(Translate Memory)を使用して翻訳したので文脈に合わないように翻訳されています。)

ダウンロードしたzipファイルの解凍を 蛍家や7-zipのような解凍プログラムを使用して圧縮を解除して、FTP経由で / wp-content / themes / astra / languages / フォルダの下にアップロードしてください。

Avada(ア海), Enfold(円フォールド) など、他のテーマの翻訳も同様の方法で可能です。 いくつかの翻訳された言語ファイルを次の記事でダウンロードすることができます。

注:

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください