WordPress アップデート - バグ修正と機能改善

Last Updated:2020年11月14日| 2のコメント

WordPressが5.2.2バージョンに更新されました。 今回 WordPress アップデートは、メンテナンス(保守)リリースでブロックエディタ(Gutenberg エディタ)、アクセシビリティ(Accessibility)、国際化(Internationalization)、5.2で導入されたSite Health機能の改善をはじめ、13かのバグが修正されました。

※2020年4月更新: WordPressが5.4バージョンに更新され、いくつかの便利な機能が追加され速度も大幅に改善されました。

5.2.2バージョンに WordPress アップデート - バグ修正と機能改善

ほとんどのサイトでは、自動的に5.2.2バージョンに更新されます。 自動的に更新がされない場合 伝言板>アップデートから直接更新してください。 安全 WordPress サイトを運営するためには、 WordPress、テーマ、プラグインなどを常に最新のバージョンにアップデートすることが重要です。

WordPress 5.2以降、最小PHPバージョンは5.6.20に上方修正されました。 PHPバージョンがこれより低い場合、最新バージョンにアップデートすると、下図のように「Your server is running PHP version 5.xx but WordPress 5.2.x requires at least 5.6.20" フレーズが表示されます。

WordPress PHP踰キョᆴジェᇁ

この場合、サイトをバックアップした後、PHPのバージョンを利用可能な最新のバージョンにアップグレードしてください。 PHPのバージョン5のセキュリティパッチが提供されていないため、サイトが安全でないことがあります。

そして、最近、いくつかの WordPress プラグインでセキュリティ上の欠陥がパッチされた。 次に該当するプラグインを使用している場合、すぐに最新バージョンに更新してください。

  • Messenger Customer Chat - Facebookが作成した公式無料メッセンジャーカスタマーチャットプラグイン
  • WooCommerceのためのFacebook - 同様にFacebookが作った WooCommerce用のプラグインとして WooCommerce를 Facebookに接続する機能を提供する。 わずかなセキュリティの脆弱性が発見された現在のパッチされていないこと。 現在、20万以上のサイトに使用されている
  • Seo by Rank Math - バージョン1.0.26以下でXSS問題が発見され、最新バージョンで修正されました。 現在5万以上のサイトに設置され使用されている
  • Real Estate Manager
  • WebP Express - webpをサポートするブラウザ(クロムなど)で画像の読み込み時間を大幅に短縮するプラグインで、jpegファイルの場合、画質を維持しながらファイルサイズを半分以下に減らすことができるそうです。 0.14.0 バージョンで CSRF 問題が検出され、最新バージョンで修正されました。
  • Crelly Slider
  • WordPress Managerをダウンロードしてください。
  • WP-メンバー
  • 有料メンバーシッププロでAuthenticated Open Redirectの脆弱性が発見され、最新のバージョンでは、この脆弱性が修正されまし

他にもGA Backend Tracking、Easy Pdf Restaurant Menu Uploadプラグインでもセキュリティ上の欠陥が発見され修正されました。

WordPress アップデート前にバックアップ実施

WordPressは5.2バージョンに更新され、新しいセキュリティ機能が導入されたため、なるべく最新のバージョンにアップデートしてご使用ください。 WordPress 自体は、セキュリティに強いが更新さを無視する場合は、無効なプラグインを使用している場合は、誤ったセキュリティ慣行(例えば、弱いパスワードを使用、admin、管理者のIDとして使用する場合など)により、セキュリティホールが生じることがあります。

マイナーアップデートは、通常、自動的にアップデートがされています。 メジャーアップデートである場合、更新後のサイトに問題が発生することがありますので、バックアップを受けた後に更新を行ってください。

参考までに Cafe24でSite Healthページ(WordPress 伝言板>ツール> Site Health)を訪問すると、何の内容が表示されず、白い画面だけが表示されています。 Bluehost, SiteGround などのホスティングされているサイトは、何の問題はありません Cafe24のみそうですね。 この問題は、 WordPress 5.2にアップデートして発生したが、まだ問題が解決されていないようです。 すべてのプラグインを無効にしてテーマをTwenty Nineteenに変更しても問題が発生しますね。

メモ:


2のコメント

コメント

  1. 常に良い情報ありがとうございます。
    自動的に更新がされてい..そして Cafe24を使用しているSite Health情報が表示されます。^^

    こぶは、Google AdSense ads.txt適用はありましたか。?
    合わせたが一週間だたのに、そのままですね。

    応答
    • おそらくPHPのバージョン可能性がありそうですね。

      私はGoogle AdSense ads.txt警告が表示されていないが一つ作成してアップロードしてました。

      寀ーでも一部のユーザーはads.txt問題が発生するとですね。 寀ーでads.txtファイルをアップロードすることができないので、解決方法はありません WordPressでads.txtファイルを正しくアップロードすると、問題が解決されると思われる。 解決にならないと、 Cafe24に一度お問い合わせ見ればどうでしょうか

      応答