ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress 管理者ページログイン不可能:iThemes SecurityのHide Backend URLを修復する方法

Last Updated:2020年9月30日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress セキュリティプラグインのいずれかである iThemesセキュリティは、ログインページを隠すHide Backend機能を提供します。 Hide Backend機能を使用して WordPress ログインアドレスを変更したが、たまに変更されたログインページのアドレスを記憶できず、管理者ページログインができない場合があります。 そのような場合、以下で紹介する方法で、管理者ページのURLを回復したり、Hide Backend機能を無効にすることができます。

パスワードを紛失してログインしていない場合には、電子メールアドレスにパスワード再設定のリンクを受けて、パスワードを再設定することができます。 管理者パスワードを紛失し、電子メールでパスワードリセットのリンクを得ることができない場合には、 WordPress 管理者パスワードを忘れた場合簡単にリセットするを参考にして、管理者パスワードを初期化することができます。

WordPress 管理者ページログイン不可能:iThemes SecurityのHide Backend URLを修復する方法

WordPress 管理者ページログイン不可能:iThemes SecurityのHide Backend URLを修復する方法

WordPress ログインページのアドレスを変更したい場合iThemes SecurityのHide Backend機能を使用して WordPress ログインページ(wp-login.php、wp-admin、admin、およびlogin)を非表示にボットの攻撃に備えることができます。 実質的にこのような方法は、セキュリティに効果があるかどうかについては、議論があります。 ログインページのアドレスを隠したい場合に利用を試みることができます。

多くの場合、ログインページのアドレスを変更したが変わったログインアドレスを記憶できず、管理者ページにログインしていない場合があります。 このような場合は、以下の方法で管理者ページログインページのURLを復元することができます。

Hide Backend URLを無効にする

FTPに接続してwp-config.phpファイルに次の行を追加すると、Hide Backendで設定したカスタムログインスラグ(Login Slug)が無効になります。

define('ITSEC_DISABLE_MODULES', true);

上記の行を/ * That's all、stop editing! Happy publishing。 * /のすぐ上に追加するようにします。

この方法が最も簡便であり、上記の行をwp-config.phpファイルに追加して、Hide Backend機能を無効にしたら、もうサイトのアドレス/ wp-adminにアクセスして、管理者ページにログインすることができます。

この方法を利用するには、FTPに接続が可能でなければです。 Bluehostナ SiteGroundのようなホスティングを利用する場合 ファイルマネージャーを利用することも可能です。

FTPに接続する方法がわからない場合のホームページ管理者、ウェブホスティング会社に問い合わせてみてください。

DBからHide Backend URLアドレスを確認する

少し複雑ですが、DBに接続して忘れてしまったログインページのURLを確認することも可能です。 上記の方法が可能であれば、あえてこのような方法は、使用する必要はないようです。 もし「Hide Backend URLを無効にする」方法でログインページのURLが回復されない場合に、この方法を利用することができます。

phpMyAdminにアクセスしてhide-backendで検索してみるwp-optionsテーブルの下にisec-storageというoption_nameで確認が可能です。

WordPress iThemes SecurityのHide Backend URLの確認方法

オプションの値にhide-backend設定値が含まれています。

"hide-backend";a:6:{s:7:"enabled";b:1;s:4:"slug";s:7:"myadmin";

上記のような場合myadminがiThemes SecurityのHide Backend機能を使用して変更したログインスラグ(Login Slug)です。

他の方法 - プラグインフォルダの削除

他の方法でiThemesプラグインを削除することも可能です。 FTPに接続して / wp-content / plugins フォルダに移動して better-wp-security フォルダを削除するとされます。

もし再びiThemes Securityをインストールする場合Hide Backendに設定されたオプションを有効にすることができますので、このプラグインを有効にした後、Hide Backend(バックエンドを非表示)の設定でログインスラグを変更したり、この機能を無効にしてください。

おわりに

以上でiThemes Securityでログインアドレスを変更した後ログインをしていない場合に回復する方法を説明しました。 ログインアドレスを変更した後、サイトアドレス/wp-login.phpまたはサイトのアドレス/ wp-adminに接続しようとする404エラーページ(ページなし)が表示されます。 この場合、あわてずに導入された方法で復旧が可能です。



コメントを残す

コメント