WordPress 目次の作成プラグインFixed TOC

長い文を作成する場合は、目次を追加すると、読者が簡単に必要な部分に移動することができており、文章の読みやすさと使いやすさを向上させ、Google検索順位にも積極的に作用します。 ワードプレスには、自動的に目次を生成する様々な目次の作成プラグインがあります。

概要

SEOに良い文を作成するには、まず文の順番(目次)を定めることも良い方法です。 Googleで検索してみると、多くの場合、ウィキペディアの記事が上に公開されます。

ウィキペディア(ウィキペディア)文書作成の方法を研究してみると、Googleによく露出されている文を作成するのに役立ちますです。 ウィキペディアの記事では、目次と最初の段落の前に導入部あるいは書き出しがはじまっ位置します。

Wikipediaの記事の導入部(lead section)、またはラッシュ(introduction)は、目次と最初の段落よりも前にある段落を指します。 導入部は、文書を紹介し、最も重要な部分を要約する役割をします。

出典:ウィキペディアサイト

文を作成するときに、最初に「文を紹介し、最も重要な部分を要約」し、各部分を小見出しで区分して文を解いていくことが良い文章習慣です。 小見出し(H2タグ、H3タグ、H4タグ...などのヘディングタグ区切り)を指定すると、目次(TOC)のプラグインでヘディングタグを認識して、目次を自動的に生成します。

無料目次作成プラグイン

"WordPress Table of Contents Plugin」で検索してみると 簡単な目次, LuckyWP Table of Contents など、様々なワードプレス目次プラグインが検索されます。 目次作成プラグインの中で 詳細目次が、多くの人気を得ています。

無料目次の作成プラグインTable of Contents Plus

このブログを起動するときにTable of Contents Plusプラグインをインストールしてしばらく使用しましたが、当時、長い間プラグインが更新されずに放置され、このプラグインを削除しました。 しかし、このプラグインは、再び活発に更新されています。 無料目次プラグインを希望する場合は、このプラグインをインストールしてテストすることができます。

このプラグインは、Wikipediaを念頭に置いて製作され、基本的に内容がページ内の最初の小見出しの前に表示されます。 したがって文の作成者は、文を要約したり、重要な事項を明らかに導入部を目次の前に配置することができます。

プラグインをインストールして有効にした後、 ワードプレス伝言板>設定> TOC +をクリックして、オプションを設定することができます。 目次は、長い文にのみ表示されるように設定することをお勧め。 例えばヘディング(heading)タグは、4つの以上の時だけ、目次を表示することができます。

ワードプレス目次生成プラグインTable of Contents Plusの設定ページ
Table of Contents Plus設定ページ

無料版ですが、目次のスタイルを指定するスキンまで提供するなど、機能面では申し分ないようです。

プレミアムワードプレスの目次プラグインFixed TOC

有料目次プラグインFixed TOC

このブログには、現在の有料目次プラグイン Fixed TOCがインストールされています。 Fixed TOCは、一般的な無料の目次プラグインで提供される機能に加えて文章をスクロールしたときに、目次アイコンを表示する機能が追加されています。

サイドバーの固定された目次アイコン

目次が有効になって記事では、マウスを下にスクロールすると、上記の図のような目次アイコンがサイドに表示されます。 目次アイコンをクリックすると、目次が広がります。

このブログでは、目次アイコンのみを表示しており、開かれた目次のセクションを表示しないように設定しました。 設定に応じて、さまざまな方法で目次を表示することができます。

目次があるとしてすぐに訪問者の流入が増えません。 このサイトでは、長い文に目次アイコンがサイドに表示されるので、訪問者が目次機能があるかを認識できないことがあるようです。

おわりに

ランク数学, SEOPressのようなSEOのプラグインでは、読みやすさのために、目次を使用することを推奨しています。

Rank Mathプラグインでは、読みやすさが向上し、検索エンジンのランキングにも有用であるので、目次を使用してコンテンツを細分化することを推奨する。
SEOプラグインでは、目次の使用を推奨している。

文の長さが長い場合、目次作成プラグインを活用すれば、SEOの向上に役立つでしょう。 無料版でテストしてみサイトの速度に影響を受けるならば、有料版も考慮してみることができます。 (Fixed TOCを購入する前に、サイトの速度に影響を与えるか問い合わせてみるの影響を与えないという回答をいただきました。しかし、プラグインを有効にしてテストしてみるとわずかに影響を与えるようです。)

注:


6のコメント

  1. 毎日来てみるが、横の目次が良かった有料ですね。
    投稿を読んだときに便利そうです。
    後で私似ていること設置見るなり.. !!

    返信
    • 文が長くヘディングタグ(H2、H3 ...)に小見出しが設定されている場合には、目次のプラグインが効果があるでしょう。

      返信
  2. 前Easy Table of Contentsを使用しています。
    タイトル本数、位置、形式だ任意に設定可能です。
    最近の更新は2月18日ですね。 頻繁に更新されるがします。

    返信
    • TOC Plusプラグインがしばらくアップデートがないされてブログで目次プラグインを削除しましたが、最近では、TOCのプラグインが、全体的に頻繁に更新がされているようです。

      返信
  3. 私も左に見えるのプラグインが見えるというので、検索をしてみたところ、有料のプラグインですね。 以前にイージーテーブルを使ったがジウォトヌンデた。 無条件的に目次を順番を決めて作る方法のためなくした目次が必要そういえばね。 htmlの作成リョニなかなか面倒値はありません。 ㅠㅠ良い情報ありがとうございます。

    返信
    • 長すぎる文には、手動でHTMLの目次を作ったが、本当に面倒ですよ...

      Table of Contents Plus(無料)の場合ヘディングタグが一定数(例えば、4個)以上の場合にのみ、目次を表示するように設定することができます。 しかし、個々の文で目次を表示または非表示機能は、確認してみるないようです。

      この記事で紹介する Fixed TOCはヘディング(小見出し)タグが一定数以上の場合にのみ表示するようにする機能のほか、個々の文でもTOCを有効/無効にするオプションが提供されます。

      目次が長い文にはTOCが助けになります。

      最近コロナウイルスのために世界が騒然とですね。
      健康気をつけていってらっしゃい。

      返信

コメントを残す