ベストセラー WordPress テーマTop 30 자세한정보

WordPress 画像の透かしプラグインEasy Watermark

Last Updated:2020年11月14日
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기
コメントを残す

WordPressは、プラグインを使用して、新しくアップロードする画像に透かしを適用したり、既に適用されて、画像に透かしを追加することができます。 現在多く使用されている WordPress 画像の透かしプラグインImage WatermarkとEasy Watermarkがあります。

二プラグインは、それぞれ6万個と4万を超えるサイトに設置されて使用されています。 この記事では、Easy Watermarkを中心に説明します。 二プラグインの機能と使い方は似ているようです。

WordPress 透かしプラグインを使用すると、個々の画像にいちいちウォーターマークを追加することなく、新たに追加するすべてのプラグインにウォーターマークを追加することができ、既存のにアップロードした画像ファイルも一括的に適用することができて便利です。

WordPress 画像の透かしプラグイン - Easy Watermark(簡単な透かし)

WordPress 画像の透かしプラグイン -  Easy Watermark(簡単な透かし)

簡単に透かしイメージファイルを WordPress メディアライブラリにアップロードするときに、イメージに自動的に透かしを追加することができます。 また、既存のイメージに手動で透かしを適用することも可能です(バッチジョブまたは個々の画像に適用)。 透かしは、画像やテキスト、またはその両方が可能です。

デモを見る:

プラグインの機能

このプラグインを使用して、画像にXNUMXつの透かしの適用が可能です。 テキストの透かしや画像の透かしを同時に追加することも可能です。 ウォーターマークの位置と大きさを制御することができ、独立して、メディアに適用することができます。

  • 画像の透かし:JPG、PNG、またはGIF
  • PNPとGIFファイルの透明とアルファチャンネルに完全対応
  • JPGやGIFファイルとテキストの不透明度(opacity)設定可能(0〜100%の間)
  • ttfフォントを使用してテキストの透かしが生成される
  • テキストの色、サイズ、回転設定可能
  • すべての組み込みの画像サイズに透かしを適用可能(サムネイル、中サイズ、最大サイズ)。 テーマやプラグインが登録されたすべての追加サイズにも適用可能
  • イメージバックアップを作成して、簡単に画像の復元が可能

テキストの透かしの場合、テストしてみると、ハングルは文字化けしますね。 ハングルを透かし意図面透明画像ファイルとして作成イメージウォーターマーク適用してください。 テキストの透かしでは、次のようなフォントがサポートされます。

  • MS Pゴシック
  • アリアルブラック
  • Comic Sans MS
  • クーリエ
  • ジョージア
  • 影響
  • Tahomaの
  • はTimes New Roman
  • トレビュシェットのMS
  • Verdanaの

プラグインは、 WordPress 管理者ページ>プラグイン>新規追加で「Easy Watermark」を検索してインストールすることができます。 このプラグインをインストールして有効にして、ツール> Easy Watermarkに移動し、新しいウォーターマークを作成してください。

Toolsタブ> Bulk Watermarkで、メディアライブラリのすべての画像に透かしを迅速に適用することができます。

WordPress 透かしプラグインEasy Watermarkツール]タブ

透かしを削除するには、個々の画像に対して透かしを削除するか、 Tools(ツール)タブ> Restore Backup(バックアップの復元)でバックアップを使用して一括で復元が可能です。

メディアライブラリ内の個々の画像編集ページでは、個々の画像に透かしを追加したり、削除することができます。

個別画像の透かしの適用/削除

元の画像のバックアップ

このプラグインは、基本的に元の画像をバックアップします。 ツール> Easy Watermark> Settingsタブ> Backupにで、この機能を無効にすることができます。

プラグインを使用して画像に透かしを適用するには、元の画像と一緒にウォーターマークが適用されたイメージが一緒にサーバーに保存され より多くのサーバースペースが必要します。 (バックアップ機能を利用していない可能性がありますが、その場合、元の画像に復元することができなくなります。)

ウォーターマークをこれ以上適用したくない場合は、個々の画像に対して透かしを削除するか、 Toolsタブバックアップのリストア 機能を使用してバッチ的に回復することができます。 もしプラグインを削除した場合は、再インストールした後、元の画像を復元してください。

おわりに

WordPressで画像に一括して透かしを適用したい場合は、この記事で紹介したプラグインを使用すると便利でしょう。 しかし、このプラグインが期待したとおりに動作しない、またはエラーが発生する場合もあるね。 私 Avadaテストしてみるとうまく動作しました。 Image WatermarkとEasy Watermarkはこの記事が作成される時点を基準に、それぞれ12ヶ月および9ヶ月前に更新されました。 このため、最新の WordPress バージョンやテーマ、あるいは他のプラグインとの競合を引き起こす可能性もあり見えます。

参照



コメントを残す

コメント