WordPress 加入型サイトをGoogleと Naver ウェブマスターツールに登録する

0

WordPressは WordPress.COMで登録して使用することができる加入型と WordPress.orgで WordPress インストールファイルをダウンロードして、ウェブホスティングサーバーにインストールして使用することができる 置型があります。 (最近は WordPressの人気のため、ほとんどのWebホスティング会社の WordPress インストールオプションを提供しています。)

通常 WordPressといえばマウントを意味します。 マウントは、テーマとプラグインを自由にインストールして使用することができます。

加入型はブログやシンプルな会社のサイトを運営している場合に考慮してみることができますが ビジネスプランを除いては、多くの制約があります。 外部のテーマとプラグインのインストールが許可されず、広告運営も制限されます。

加入型 WordPressでは、Googleウェブマスターツールなどのサイトを簡単に追加できるようにツールを提供しています。

WordPress 加入型のGoogleウェブマスターツールの登録

WP管理者>ツール>使用可能なツールで、Webサイトの認証サービスを介してGoogleとビング(Bing)、Pinterest、Yandexのサイトを登録することができます。

ブログをGoogleのウェブマスターツール(Google Webmaster Tools)、ビングウェブマスターセンター(Bing Webmaster Center)、Pinterest Site Verificationで認証するには、メタキー "コンテンツ"の値を入力します。

Naver ウェブマスターツールにサイトを登録するには、 Naver ウェブマスターツールで提示するメタタグを<head> ... </ head>のサイトに追加する必要があるが、ビジネスプラン以外のプランでは、テーマファイルを編集することはできません。

したがって現時点でのビジネスプランを除いては、 Naver ウェブマスターツールに登録することはできません。 Naver ウェブマスターツールで所有確認をせずにサイトを追加することができますが、その場合 Naverに正しく露出されないようです。

(置型 WordPressでは、テーマファイルにメタタグを追加したり、FTP経由でGoogleと Naver 認証のためのHTMLファイルをアップロードして、簡単に所有確認を行うことができます。)

加入型 WordPress를 Naver ウェブマスターツールに登録することができるオプションを追加くれ WordPress.comに依頼して、次のような回答をいただきました。

Thanks for the suggestion! We have not added Naver on our platform yet。 But I think that's an awesome idea! Having it would definitely help out our Korean users。

Although we're not working on that at the moment、I'll pitch it to the dev team and see what they think about it🙂

この問題を開発チームに渡してどのように考えているか知っているみるとね。 加入型 WordPressのウェブサイト認証サービスに Naver ウェブマスターツールのオプションが追加されると Naver 露出に役立つと思われる。

メモ:

*いくつかの文にアフィリエイトのリンクを含めることができます。この投稿はGTranslateを使用して翻訳されています。

関連記事