WordPress 前の投稿リンク

Last Updated:2024年01月15日| | 4のコメント

WordPressから古い投稿リンクを簡単に挿入できます。 ショートカットを使用して古い投稿リンク(タイトルとリンク)をすばやく追加する方法を見てみましょう。

WordPress 前の記事リンク 超簡単挿入方法

WordPress 前の投稿リンク

WordPress ブロックエディタ(Gutenberg)で "'[["または"[["と一緒にキーワードを入力すると、そのキーワードを含む前の投稿のリストが表示されます。 投稿リストから目的の投稿を選択すると、上の図のように前の投稿リンク(内部リンク)が挿入されます。

  1. [[: 最近の10のリストがポップアップとして表示され、選択可能
  2. [[+キーワード: そのキーワードを含む10個の前の投稿がポップアップリストとして表示され、選択できます(例:「[[WPML」)

あまりにも簡単ではありませんか? 次の映像を見れば簡単に理解できます。

リンクの前のアイコンはWindowsの絵文字(絵文字)を利用できます。 Windowsシステムを使用している場合、Winキー+ピリオドを入力すると、Windows絵文字を挿入できるポップアップが表示されます。 ポップアップから目的のアイコンを選択できます。

詳しくは記事をご覧ください。

原文字、ビリヤード記号を保存してすばやく挿入する(ウィンドウ機能)

特定のフレーズ(テキスト)に内部リンクを追加したい場合 Ctrl + K ショートカットキーを押して投稿のタイトルを入力して、前の投稿を選択できます。

ブロックエディタ(Gutenberg)キーボードショートカットをうまく活用すると、書き込み時の時間を節約し、マウスの使用を最小限に抑えることができます。

ヘディングタグ超簡易挿入方法

H2、H3...などのヘッダタグを挿入して小タイトルを表示したい場合 #+スペース ショートカットを使って簡単に追加できます。

最後に、

古い投稿リンクをショートカットで挿入する方法は簡単ですが、知っておくと、書き込み時に古い投稿リンクをすばやく挿入できるため、書き込み時間を短縮し、マウスの使用を最小限に抑えて手首の健康にも役立つと思います。

これからも WordPressに関連して有用な情報を探してみましょう。 Naver カフェにも参加してください。 WordPress ユーザーと交流し、ご質問があります。

参照


4のコメント

コメント

    • この記事で紹介する機能はブロックエディタ(Gutenberg)でのみ機能します。クラシックエディタは、ブロックエディタに進む段階で導入された一時的なプラグインであり、2024年末(または必要な時点)まで維持されるとプラグインページで明示しています。これで、ブロックエディタの機能が改善され、安定化されているので、できるだけブロックエディタの使用を検討してください。

      応答
  1. ワープに前の投稿を発行する関連記事を探して見ました
    こんなに簡単に入れられるとは知りませんでした!
    一つの質問です。
    運営するページでテキストに背景色を入れる方法を検索してみました。
    もしかしたら、重要な章ごとに「参考」「終わり」
    方法も書かれた記事がありますか?

    他の記事を見ましたが、ブロックに背景色を入れるのを見ました。
    上に「参考」、「終わり」のようにグラデーションが入っているのに背景を入れると..
    縦の高さが上のように短いのに…。
    もしあればリンクを残してください。

    いない場合は...教えてくれたら、ありがとうございました...

    応答
割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy