WordPress 人気メンバーシップのプラグイン - ARMember

6

WordPress メンバーシップのプラグイン

ベストセラー WordPress用メンバーシップのプラグイン - ARMember

このブログを介して WordPressで会員制サイトを運営するために使用できるいくつかのメンバーシップのプラグインを紹介しました。 例えば、 WooCommerce 専用メンバーシップのプラグインである WooCommerceメンバーシップUltimate Membership Pro、 YITH WOOCOMMERCE MEMBERSHIP などがあります。

通常まともなメンバーシップのプラグインは、毎年あるいは毎月単位で費用を請求する場合が一般的です。 個人的な考えでは、 WooCommerce Membership、 究極のプロメンバーシップ あるいはここで紹介する ARMemberのようにコードキャニオンで販売しているプラ​​グインに必要な機能を実現することができる場合は、最も経済的なソリューションになると思われる。

コードキャニオンで週間ベストセラープラグインのリストに名を連ねているARMemberは、プログラミング言語の高度な知識がなくて会員システム(会員制)を構築することができる完全な機能の WordPress メンバーシップのプラグインです。

機能:

  • 簡単な会員管理
  • Trial Periodが含まれている無制限のプラン
  • 柔軟なコンテンツ制限
  • いくつかの支払いゲートウェイ - e Stripe、PayPal、Bank Transfer、2Checkout&Authorize.netなどの決済ゲートウェイをサポートします。 我が国では、PayPalと振込み程度を利用することができるようになります。 もしカード決済などを利用したい場合は WooCommerceメンバーシップ プラグインを使用して WooCommerceで支払いを処理する方が良いようです。
  • 定期請求
  • Drip Content機能
  • 会員(メンバー)プロフィール/ディレクトリのテンプレート
  • クーポン管理
  • オプトイン(メールマーケティング)
  • 内蔵モーダルフォーム(Modal Form)をサポート
  • バッジとAchievements
  • フォーム用ナビゲーションメニューのリンク
  • 開発者が簡単に利用できるAPI
  • ユーザー/設定のインポート/エクスポート
  • Captchaを使用していないスパム対策機能
  • 電子メール通知(テンプレートを含む)
  • WooCommerce(WooCommerce)コンテンツ制限
  • BuddyPress統合
  • ワンクリックプラグインを更新
  • 専門的なサポートチーム
  • 翻訳可能

ARMember プラグインには、ログインフォーム、会員登録フォーム、プロフィールフォーム、ディレクトリフォームなどのテンプレートも含まれています。

プロファイルテンプレート
プロファイルテンプレート

このプラグインは、多言語翻訳プラグインWPML(参照)とBuddyPress、WooCommerce、ページビルダーである 視覚的な作曲家 などの互換性と明示されていますね。

詳細と機能は、 ARMemberプラグインのページを参照してください。

メモ:

6のコメント

  1. こんにちは。
    メンバーシップのプラグインを見て、現在進行中の部分における気になる点があっコメントを残すしました

    現在Ultimate memberプラグインを利用して会員登録を受けようとセッティングをしました。
    自動的に生成されたlog inページをメニューに付ける後のメニューからlog in / log out表示が変わる設定できるのは知っていますが、

    メニューではなく、Top bar widgetにloginページをショートコードを利用して追加したところの機能はよくされます。
    しかし、log in後も、そのままlog inに出ていlog in以降はlog outに文字が変更されるようにすることができる方法がこれまでかどうか問い合わせをします。

    ありがとうございます。

    • こんにちは?

      ショートコードを利用して追加する必要があるようですね。

      少し時間を割いて関連ショートコードを一つ作りました。

      add_filter( 'widget_text'、 'do_shortcode'); function login_switch($ atts){ if(is_user_logged_in()){ $ items =「 ログアウト 」; } elseif(!is_user_logged_in()){ $ items = ' ログイン '; } return $ items; } add_shortcode(「switchlogin '、' login_switch ');

      上記のコードを関数ファイルに追加してください。 次に、テキストウィジェットに[switchlogin]を入力してみていただけますか?

      もし[switchlogin]テキストがそのまま表示されたら、次のコードも、関数ファイルに追加するだけです。

      add_action(「pre_get_posts '、' exclude_private_category ');

      テストしてみるとうまく動作するようです。

      • 答えてくれて、本当にありがとうございます。
        教えシンデで関数のファイルに適用するから字が状態に応じて、よく変わります。

        適用したときの文字はよく変わりに、その文字が何の機能がないのですが
        この文字をクリックしたときの機能が動作するようにどのようにするかよく分かりません。

        Log in字が見える時クリックをすると、ログイン機能が動作する必要がありますよ。
        テキストウィジェットに[switchlogin]を入力し、そのショートコードへのリンクをかけるか?

      • 本来はコードがありDisqusから削除されてしまいますね。

        私は別の投稿を介してコードをお知らせします。

      • https://www.thewordcracker.com/intermediate/switch-login-and-logout-link-in-wordpress-widget/ 文を参照してみてください。

      • ああ、すでに投稿をされたのがあったとは思わなかった。
        私を見つける見ている必要煩わしくておかけします。
        投稿されたことを報告されてみましょう。

        お知らせいただき、本当にありがとうございます。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください