WordPress ローカル開発ツール - WordPress Studio 公開

Last Updated:2024年05月20日| | コメントを残す

WordPressドットコムのローカル WordPressを開発できるツール WordPress Studioを公開しました。現在、Mac用はすぐに使用でき、Windows用はベータ版をダウンロードしてインストールできます。 Windows用のベータ版をインストールしてどのように機能するかを見てみました。

サイトを開発する段階であれば、ローカルでサイトを完成した後に物理サーバーにサイトを移行できます。このような状況では WordPress Studioを活用できます。

WordPress ローカル開発ツール - WordPress Studio 公開

WordPress ローカル開発ツール - WordPress Studio 公開

WordPress スタジオの特徴

WordPressドットコム(WordPress.com)の 開発者ブログによると、Studio by WordPress.comの特徴は次のとおりです。

  • デモサイト:Ngrokのようなトンネルなし WordPress.comを通じて開発中のローカルサイトをクライアントや同僚と共有可能
  • クイック WordPress インストール:Stuidoで無制限のローカルサイトを作成できます
  • 依存性のないビルド: Docker、NGINX、Apache、MySQLなしで信頼でき、軽量なローカル WordPress サイト構築
  • ワンクリックマネージャ:各サイトの WordPress 管理者ページをワンクリックで開くことができます。
  • どこでもサイトを開く: お好きな方法でサイト開発可能。ユーザーのワークフローに適した IDE、CLI、またはファイルブラウザでサイトコードを開くことができます。

WordPress スタジオを設置して使った感じ

WordPressドットコム(WordPress。com)からStudioインストールファイルをダウンロードしてインストールした場合 WordPressが一緒にインストールされます。

WordPress スタジオ

サイトを追加 ボタンをクリックすると、 WordPress インストールファイルが配置されているパスを指定することで、単に新しい WordPress サイトを作成することができます。

デザインや方法は、ユーザーが使いやすくなっているという感じを受けました。 WP管理者をクリックすると、ログイン情報を入力せずに管理者ページにアクセスできます。また、ファイルエクスプローラをクリックして WordPress インストールファイルが配置されているパスがファイルマネージャで開きます。

少し扱った後に感じたのは、新規にサイトを制作したり、テーマを開発するなどの用途には大丈夫そうだと思います。システムによっては、移行プラグインが機能しない場合があります。

私は移行プラグインを使用して既存のサイトをローカルに移行できませんでした。おそらくDBのためではないと思います。 WordPress StudioはMySQLではなくSQLiteを使用しています。

StuidoはMySQLサーバーの代わりにSQLiteを使用します。 SQLiteは軽量のスタンドアロンのSQLデータベースエンジンで、DBを単一のファイルに保存します。各サイトでは、次のパスにDBファイルがあります。wp-content/database/.ht.sqlite。このファイルは隠されたファイルなので、(設定によっては)ファイルエクスプローラに表示されないことがあります。 Macでは、Finderを使用して隠しファイルを表示するには、cmd +を押します。

Unixシステムでは、SQLiteはデフォルトでインストールされています。 Windowsシステムを使用する場合 公式サイトからダウンロードすることができます。

DBが原因であるかどうかにかかわらず、移行プラグインを使用したサイトの移行は失敗しました。 オールインワンWPの移行を使用して移行を試みる場合、私のシステムでは データベースを復元しています... 画面でこれ以上進行しません。

All-in-One WP Migrationプラグインを使用したサイト移行

Duplicatorプラグインを使用して既存 WordPress サイトをローカルサイトに移行しようとすると、データベース情報の入力画面でこれ以上進めなくなりました。

WordPress Duplicatorプラグインを使用した復元

WordPress StudioはMySQLを使用していないため、wp-config.phpファイルにDB情報が入力されていません。 wp-config.phpファイルを開いてみると、次の図に示すように WordPress インストールファイルをダウンロードした直後のwp-config.phpファイルの内容と同じように、ディビ(DB)情報はありません。

WordPress wp-config.phpファイル

UpdraftPlusバックアッププラグインインストールしてテストしてみたら動作しませんでした。

既存の WordPress サイトからデータをインポートするには、プラグインを使用して以前に失敗した場合、 WordPressのデータエクスポート/インポート機能を使用してコンテンツを移動できます。その後、テーマとプラグインをインストールして設定する必要があります。コンテンツの移動方法は、次の記事で説明する手順と同じです。

ほとんどのプラグインは問題ありませんが、一部のプラグインのインストール時にエラーが発生する可能性があり、特定の機能が機能しない可能性があります。例えば、 アストラ(Astra)テーマをインストールしてスターターテンプレートをロードしようとしたため、スターターテンプレートが正しく機能しませんでした。

エレメンページビルダー などは正しく機能し、 Diviテーマ私もテストしてみるとうまくいきました。

要約すると...

  1. Studioを使用して簡単にローカルで WordPress サイトを作成して管理できます。
  2. ローカルでサイトを構築した後に物理サーバーに移行したい場合は、このツールを利用できます。
  3. 既存の運営中のサイトをローカル WordPress サイトに移行してリニューアル作業をしたい場合は、プラグインを使用してサイトの移行を試すことができますが、システムによっては機能しない場合があります。
    • 移行プラグインが機能しない場合 WordPressのデータエクスポート/インポートツールを使用できます。 (AIO WP Migrationを使用して移行が可能かどうかを試してください。)
  4. MySQLサーバーの代わりにSQLiteが使用されます。
  5. ほとんどのテーマとプラグインはうまく機能しているようですが、一部のプラグイン(バックアッププラグイン、アストラテーマのスターターテンプレートなど)の機能が正しく機能しない場合があります。

移行プラグインを使用してローカルに移行できない場合 クラウドウェイズVultr などでテストサイトを1つ作成して作業することも考えられます。

ローカルでサイトを完成させたら、実際のサイトに移行する

ローカルでサイトを完成した後に実サイトに移行する場合は、手動でバックアップを受けて移行するか、All-in-One WP Migrationプラグインを使用できます。

手動で進む場合

  • データと
  • DBをバックアップして移行します。

ローカルでサイトを完成した後にデータベースをエクスポートするには、[端末]ボタンをクリックします。

WordPress スタジオディビのエクスポート

端末画面が表示されたら、次のコマンドを実行します。

sqlite3 wp-content/database/.ht.sqlite .dump > backup.sql

このようにDBをバックアップしてインストール WordPress サイトからphpMyAdminなどを通じてアップロードが可能になりそうです。 (データが正しくインポートされているかどうかを確認していません。)

プラグインを使用すると便利ですが、システムによっては、AIO WP Migrationを使用してエクスポート/インポートするとエラーが発生する可能性があります。

AIO WP Migrationのエクスポートに失敗しました

参照


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy