ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress マルチサイト言語スイッチャープラグイン

Last Updated:2021年11月16日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressで多言語サイトを作成する方法には、プラグインを使用するか、マルチサイトを利用する方法があります。 WPMLなどのプラグインを使用すると、言語間のポストをリンクしてリダイレクトできます。 マルチサイトで多言語サイトを構成する場合は、Multisite Language Switcherなどのプラグインを使用して言語間のコンテンツをリンクできます。

WordPress マルチサイト言語スイッチャープラグイン

WordPress マルチサイトで言語切り替えを実行したい場合は、Multisite Language Switcherなどの無料プラグインや WordPress Multilingual Multisiteなどの有料プラグインを使用できます。

Multisite Language Switcherプラグイン

WordPress マルチサイト言語スイッチャープラグイン

無料のプラグインである Multisite Language Switcherを使用して、投稿(ページ)、ページ、カスタム投稿タイプ、カテゴリ、タグ、カスタム分類の翻訳を管理できます。

このプラグインを使用している場合は、マルチサイト言語スイッチャーをメニューに追加するには MslsMenuというプラグインを追加でインストールする必要があります。

Multisite Language Switcherには、訪問者のブラウザ言語に基づいてユーザーを自動的にリダイレクトする機能はありません。 このプラグインページでは jQueryプラグインを活用する Multisite Language Switcher Themeを使用することを案内しています。

しかし、推奨されたjQueryプラグインを適用してみると、無限リダイレクト現象が発生しました。 たとえば、韓国語の訪問者がサイトを訪問すると、ブラウザの言語を検出して韓国語のサイトにリダイレクトします。 韓国語サイトにリダイレクトされて韓国語サイトに移動すると、再度ブラウザ言語を検出して再び韓国語サイトにリダイレクトする現象が発生します。

この問題を解決するには、JavaScript(JavaScript)でコードを再編成するのが簡単です。 現在アクセスしているサイトがブラウザの言語と同じ言語の場合は、リダイレクトが機能しないようにする必要があります。

マルチサイト言語スイッチャーテーマを使用するには、マルチサイトを構成するときにデフォルトのドメインにこのテーマを適用し、各言語サイトをサブディレクトリまたはサブドメインにインストールする必要があります。 マルチサイトを設定した後は、このテーマを使用するのには不適切です。 このテーマを有効にすると、プライマリドメインに入るユーザーをブラウザの言語に基づいて各言語に分岐させます。

WordPress Multilingual Multisiteプラグイン

WordPress Multilingual Multisiteプラグイン

Avadaで作られた WordPress サイトをマルチサイトに構成して多言語サイトに変換する作業を担当したことがあります。 言語コンバータ(言語コンバータ)プラグインを知るより WordPress Multilingual Multisiteプラグインを知り、購入して適用してみました。

このプラグインは、コンテンツを言語間でリンクし、ブラウザの言語に基づいて訪問者をリダイレクトする機能を提供します。

このプラグインの機能:

  • WordPress 翻訳をシンプルに管理
  • ポスト&用語のリンク
  • 国セレクタ(Country Selector)ドロップダウンとページ
  • 自動言語リダイレクト
  • Google、Microsoft、またはDeepLによる自動/機械翻訳
  • 記事/商品データ(在庫、記事のタイトルなど)とメタ同期
  • WooCommerce 統合
  • 翻訳者の割り当て(カスタムユーザーの役割)
  • 記事や用語を他の言語にコピーする
  • ブログ全体を新しいサイトにコピー
  • JSONを介してポストをインポート/エクスポートする(例:外部翻訳者に翻訳を任せる場合)
  • ネットワーク全体に対して XNUMX つの Media Database

私は基本サイトを各言語別に複製した後にこのプラグインをインストールして各ポスト/ページを言語間に接続するノガダ(?)作業をしましたが、プラグイン機能説明を見ると全体のブログを新しいサイトにコピーする機能がありますね。 この機能を使用すると、言語ごとにコンテンツをリンクすることなく、複製時に言語間で接続することができます(確認が必要)。

サイトのコピーは 私のサイト>ネットワーク管理者>サイト 下に Copy blogで可能です。 (このプラグインはマニュアルがあまり親切ではないようです。サイトコピーメニューをやっと見つけました。)

各投稿/ページ編集画面で翻訳をリンクできます。 カテゴリ/タグなどについても言語間の接続が可能です。

WordPress マルチサイト翻訳接続

メニューに国セレクタを追加できます。

ショートコードで国選択を追加する機能も提供されています。 次のショートコードを使用して国のコンバージョンを追加できると、プラグインサイトでは案内しています。

// Shortcode for displaying the country selector of the WordPress Multilingual Multisite plugin

[ wordpress_multilingual_multisite_country_selector text="언어 선택" caret="true" showCurrent="true"]

ショートコードを使って言語セレクタを入れると、下図のような形で動作します。

WordPress 多言語言語セレクタ

ナビゲーションメニューに追加する場合は、より詳細な設定が可能です。 (ショートコードでは、奇妙にキャレットオプションとshowCurrentオプションがうまく機能しませんでした。 見てみると、ナビゲーションメニューで選択するオプションがショートコードで表示する国のセレクタにも影響します。)

リダイレクトは、デフォルトの言語サイトの投稿またはページにアクセスしたときにのみブラウザの言語を検出し、その言語サイトの対応する記事/ページにリダイレクトします。 他の言語サイトにアクセスしてもリダイレクトは発生しません。 無条件にブラウザ言語を感知して言語ホームにリダイレクトさせたい場合にはJavaScriptを使ってリダイレクトさせることができますが、SEO的な面ではそれほど望ましくないようです。

WordPress Multilingual Multisiteは自動翻訳機能も提供します。 この機能は使用していませんが、おそらく有料サービスにサインアップする必要があります。 有名な多言語翻訳プラグイン WPMLでも自動翻訳エンジン(人工知能翻訳)を使った自動翻訳機能を提供します。

このプラグインを使って設定してみると、全体的にまともな機能を提供するようです。 詳細情報とデモ WordPress Multilingual Multisiteプラグインページを参照してみてください。

参照



コメントを残す

コメント