WordPress ポストタイプの変換/変換する方法

2

ポストタイプを簡単に変換することができるPost Type Switcherプラグイン

WordPressは、基本的に文(post)、ページ(page)、添付ファイル(attachment)、リビジョン(revision)、メニュー(menu)など5のポストタイプ(文タイプ)があります。 他にもカスタムポストタイプ(ユーザー定義文のタイプ)を作成することができます。 カスタムポストタイプを作成すると、コンテンツを好きなように表示するようにすることができます。

そして、多くのテーマでは、独自のポートフォリオのようなカスタムポストタイプを提供しています。 しかし、テーマごとに定義する方法が少し異なるため、お互いに互換性がありません。 つまり、他のテーマに作成されたポートフォリオを Avada テーマのポートフォリオへの変換ができません。

このような場合に使用できるプラグインに ポストタイプスイッチャーというプラグインがあります。

このプラグインをインストールすると、個々のポストタイプの他のポストタイプに簡単に変換が可能です。 例えば文章編集画面から右に図のように「Post Type: "項目が追加され、簡単に他のポストタイプに変換が可能です。

そしてバッチジョブを使用して多くの文/ページ/カスタムポストタイプ文を一度に変換することも可能になります。 一括変更する方法は、「WordPressでバッチジョブ機能を使用する"文で説明された方法と同じです。

まず、 제목のチェックボックスを選択するか、必要文を選択(1)した後に、「편집"をドロップダウンメニューから選択(2)して、「適用」をクリックします(3)。次に ポストタイプで、目的のポストタイプを選択して、(4) アップデートを押すと、(5)一括変更されます。

この記事を書くようになった理由が WordPress 関連のカフェでPytheasというテーマで作成されたポートフォリオをどのようにすれば Avada(Avada)のポートフォリオに変換することができるの質問からです。 もしかしたら、同様の悩みをする方がおられるかたく簡単にまとめてみました。

たとえば、Pytheasでポートフォリオを作成した状態で、テーマを Avadaに変更すると、Portfolioメニューがもう一つ生じます。 しかし、 AvadaでPytheasで作成されたポートフォリオを利用することができなくなります。

出典: Naver カフェワード・アンド・プレス

しかし、AVADAテーマを適用した後、既存Portfolioメニュー自体が消え、既存のあげたポートフォリオ文がすべて失われます。 AVADAで再びPytheasテーマに回復させると再びPortfolioアイテムが生じます。 このような状況ではPost Type Switcherを使用すると、簡単に既存のポートフォリオのアイテムを Avada ポートフォリオカスタムタイプに変換が可能です。

メモ:

2のコメント

  1. うわ本当に WordPress プラグインの世界は確かにすごいです。

    私のテーマを変えなければする旧テーマにパッケージと乞食みたいんですが。 私 WordPress 初心者とき作ったので何も考えず作った脾臓テーマをバクルレもこれ為す術がなく、ほぼあきらめ状態でした。

    文を捨てるわけかできなく走っコメントをしまうこともなく放棄した
    今おっしゃられたプラグインをインストールしてみるとよくなりますね。

    本当にありがとうございます。

    • こんにちは、百戦と様。

      問題がうまく解決されたことをうれしく思いですね。

      この記事は、3年前に作成されたが、この記事で紹介するPost Type Switcherプラグインは、今も着実に更新されていて10万以上のサイトに設置されて使用されるほどの人気を集めていますね。 (このプラグインを使用してポストタイプを変換した後は、通常のプラグインを削除することがあります。)

      今日も楽しい一日を過ごしてください。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください