ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress ヘッダとフッターに簡単にコードを挿入する:Insert Headers and Footersプラグイン

Last Updated:2020年11月14日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressヘッダーやフッターにコードを追加する場合、いくつかの方法があります。 通常は、FTPに接続してテーマファイルを変更する方法を利用することができます。

FTPに接続することができないか、テーマファイルを変更したくない場合、あるいは管理者ページで簡単にコードを挿入したい場合Insert Headers and Footersプラグインを使用することができます。

WordPress ヘッダとフッターに簡単にコードを挿入することができるInsert Headers and Footersプラグイン

WordPress Insert Headers and Footersプラグイン

Insert Headers and Footersプラグインを使用すると、Google Analyticsは、カスタムCSS、Facebook Pixel、 Naver アナルリックティクス、 Naver ウェブマスターツールを所有確認メタタグなどのコードを WordPress 管理者ページで簡単に追加することができます。

WordPress 加入型(WordPress.COM)は、ユーザーのコードを追加することができませんが、ビジネスプランでは、プラグインを使用して、ユーザーコードを追加することができます。 ビジネスプランを使用している場合は、このプラグインをインストールすると、ユーザーコードを簡単に追加できます。

このプラグインをインストールするには、 WordPress 伝言板>プラグイン>新規追加をクリックして、Insert Headers and Footersを検索して、プラグインをインストールして有効にします。

WordPress ヘッダフッターコードを追加する

このプラグインは、現在、60万以上のサイトに設置されて使用されています。 このプラグインを有効にした後、 設定> Insert Headers and Footers メニューをクリックして、ユーザーコードを追加することができます。

WordPress ヘッダやフッターにコードを追加する

Scripts in Headerコードを入れると セクションにスクリプトが追加されます。 Scripts in Footerコードを入れると タグのすぐ上にスクリプトが挿入されます。

テーマで提供される機能を使用して、ユーザーコードを追加する

一部のテーマでは、このプラグインで提供される機能を提供しています。 例えば、 Avada テーマAvada > Theme Options> Advanced> Code Fields(Tracking etc.)ユーザーコードを入力することができます。

Avada テーマにユーザーコードの挿入

Enfold テーマの場合見てみると、ヘッダーとフッターにコードを追加することができる別のオプションは提供されず、GoogleはアナリティックスのコードとGoogle Maps APIキーを挿入することができるオプションが提供さね。

Enfold テーマコードを追加する

グーグル・アナリティクスコードはSEOのプラグイン(例えば、All in One SEO)を通じて入力することができます。 そして、多くの有料テーマでGoogle Maps APIキーを追加するためのオプションを提供しています。

DiviテーマDivi> Theme Options> Integrationであるいはにコードを追加することができます。

Diviテーマのコードを追加する

このようにテーマでユーザーコードを追加することができる機能を提供する場合には、Insert Headers and Footersのようなプラグインをインストールする必要がなく、テーマで提供される機能を使用することをお勧めします。 (ただし、テーマを変更するテーマオプションに追加したコードを再追加ヘジュオヤします。)

メモ:



コメントを残す

コメント