ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress テーマなしでエレメントを使えますか?

Last Updated:2022年6月12日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

エレメンターは短期間で大きな人気を得ながらページビルダー市場を支配した人気 WordPress ページビルダーの一つです。 Elementor プロプランを使用すると、通知パネル内のサイトのすべての要素(ヘッダーからフッタまで)をカスタマイズできます。

テーマの機能を使わずにエレメントでサイトのほぼすべての要素を作ることができるので、たまにテーマを必ず選ぶべきかどうかを尋ねる方がいらっしゃいます。

結論として言えば WordPressですべてのサイトに対してテーマを要求するため、テーマなしでエレメントを使用することはできません。 エレメンタだけでサイトを作成する場合は、エレメンタでおすすめのテーマのひとつである Hello テーマを使用できます。 Helloは事実上の缶テーマ(空のテーマ)なので、このテーマを使用してユーザーが望む要素やテンプレートを追加できます。

テーマなしでエレメントが使えない理由

WordPress エレメンターページビルダー - テーマなし Elementor単にサイトを作ることができますか?

WordPress サイトはテーマに基づいており、テーマなしでは何もできません。 テーマアップ Elementorを使用しようとするのは、キャンバスなしで絵を描こうとするのと同じです。

エレメンターはHelloテーマを提供するので、 Elementor単にサイトを作成したい場合は、Helloを使用してください。

모든 WordPress サイトにテーマが必要です

エレメントを使用してもテーマが必要ないわけではありません。 すべてのページビルダーにはテーマが必要です。

テーマはホームページをデザインするために使用される基本的なキャンバスですが、多くの機能を持つテーマを使用する必要はありません。 エレメンタでは機能がほとんどない Hello テーマを提供しているので、エレメンタだけでサイトを作成したい場合は Hello を選択できます。

テーマがないとテンプレートは利用できません

テーマがないと、テンプレートを配置する場所がなくなります。 テンプレートには、会員登録フォーム、フッター、ヘッダー、ポストなどがあります。

使える Elementor Aなし Theme? (No – Here's Why) 記事で説明しているように、テンプレートなしでは WordPress サイトは事実上役に立たなくなります。 エレメントページビルダーは、多くのテンプレートでページを簡単に作成できるようにします。

テーマがないとコーディングできない

開発者ならテーマが必要だという事実を知っているはずです。 テーマには、外観(デザイン)とパフォーマンスを変えるように変更できるコードが含まれています。

テーマがない場合はテーマを開発する必要がありますが、エレメンターで使用できるさまざまなテーマがあるので、エレメンターが推奨するテーマの中から選択できます。

エレメンターがおすすめ WordPress テーマ

エレメンターの「世界 Best Free WordPress Themes Elementor ウェブサイトビルダー「(最高のエレメント用無料 WordPress テーマ)文書では、次のテーマをお勧めします。

何の機能も持たないテーマが欲しい場合は、Helloを選択すればすべてを最初から作るという考えでエレメントでサイトを作ることができます。 別のテーマを選択すると、エレメントとテーマ機能を適切に混在させてサイトを作成できます。

ページビルダーはそれ自体重いので、サイトの速度に影響を与える可能性があります。 しかし、コーディングの知識がなくても簡単に必要なレイアウトを作成できるため、ページビルダーがよく使用されます。 エレメントは WPベーカリー・ページ・ビルダー などに比べて速度が速いと評価されています。 WPBakeryが有料テーマに多く使われて人気を集めましたが、速度の問題とバグのためにエレメントに押されてしまいました。

シンプルなブログを作成する場合は、このブログで使用されています GeneratePress テーマナ Astraのような村を使用すると、スピードが大丈夫になります。 また、有料版を使用すればある程度カスタマイズが可能です。

ブログを運営している場合は、あえてページビルダーを使用する必要はありません。 シンプルな無料テーマを使うのも大丈夫で、このブログのようにある程度カスタマイズしたい場合 GeneratePressナ Astra テーマの有料版を使えば少し便利に作れるはずです。 しかし、コーディングの知識がなくても、エレメントのようにヘッダーからフッターまで自由にカスタマイズするには限界があります。

エレメントページビルダーの使い方

Elementorは現在500万を超えるサイトに設置され使用されています。 無料版と プロバージョンこれがあり、プロテンプレートやプロウィジェット、テーマビルダーなどの高度な機能を使用するには有料版が必要です。

ここで時間が経つたびに、エレメンタ関連のトラブルシューティングや使い方をまとめていますので、参考にしてください。

エレメントの使い方

また、 エレメンターブログ(英語)でも WordPressとエレメンタに関する有用な情報を得ることができます。

完全なサイト編集機能を提供するテーマ

WordPress バージョン 5.9 ではベータ段階ですが、フルサイト編集機能を提供する最初のブロックテーマである Twenty Twenty-Two テーマがリリースされました。 WordPress 6.0の更新では、FSE機能は以前と比較して大幅に改善されました。

長期的に WordPressはお知らせパネル内でサイト全体を編集する機能を提供するものですが、イ・ゴンイ(Twenty Twenty-Two)テーマはまだ初心者の段階であり、行く道が遠く見えます。 WordPressは Avada テーマ、Diviテーマなど一部のテーマやエレメンタープロなどのページビルダーでダッシュボード内で全体サイト編集が機能した機能を提供しています。 詳しくは「完全なサイト編集機能を提供する WordPress テーマとプラグイン"を参照してください。

エレメンターページビルダーが搭載された有料テーマ

過去には、基本ページビルダーとしてWPBakeryビルダーを多く使用していましたが、最近はエレメンターを基本ページビルダーとして搭載または並行する有料テーマが増えています。

Jupiter テーマはWPBakeryを捨て、エレメントを基本ページビルダーとしてマウントしました。 BeTheme, Bridge などのテーマはエレメント用デモを追加で提供しています。

有料テーマでエレメンタを搭載する場合、テーマで独自にエレメンタプロで提供される同様の機能を開発して追加する場合があります。

必要に応じて、これらの有料テーマに Elementor Proを追加してインストールして利用できます。 しかし、 Elementor Proの機能を中心にサイトを作成しようとすると、有料テーマ機能とうまく合わないため、望み通りにうまく動作しない場合が発生することもあります。

Elementor Proをメインにしてサイトを開発したい場合には、機能の多いテーマではなく、上記のHelloなど機能のほとんどないテーマを使用することがスピード面でも良く、互換性の面でも有利でしょう。

さらに、2つ以上のページビルダーをインストールして使用すると、サイトが遅くなり、競合が発生する可能性があるため、望ましくありません(「Avada テーマとエレメントを一緒に使用してもいいですか?"参照)。

参照



コメントを残す

コメント