WordPress シェアの頂点を撮ったのですか? - WordPress 情報パッケージ
인기 WordPress テーマブルフセール 詳細

WordPress シェアの頂点を撮ったのですか?

Last Updated:2022年5月13日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

継続的にシェアの上昇を維持していた WordPressが去る3月以降小幅下落しました。 2018年にCMSシェア30%を超えました WordPressは昨年40%の壁を超えたが、2月を頂点に下落傾向に戻った。

シェアが下がっている WordPress、シェアの頂点を撮ったか?

W3Techs CMS市場シェア統計によると、2022年5月現在 WordPressの市場シェアは42.9%です。

シェアが下がっている WordPress、シェアの頂点を撮ったか?

シェア自体で見ると、他のCMS(コンテンツ管理システム)とは比較にならないほど圧倒的といえます。

しかし、去る3月以降 WordPress シェアが0.4%下落しました。 一時的な現象かもしれませんが、これらの傾向が今後数年間続くと考える見方もあります。

高いシェアを維持していた WordPressは2年前に比べて約10%ほどシェアが上昇しました。 これらの上昇の主な原因として エレメンページビルダーが指摘されています。 Elementorを使用すると、コーディングの知識がなくてもホームページを簡単にすることができます。 この利点により、より多くのユーザーの流入が可能になりました。

しかし、競合他社が手を離していたわけではありません。 WixやSquarespaceなどのライバルはスピードとSEOで改善を行いました WordPressを追いかけています。 特に、ウィックスは1年前のシェア1%台から今年2%台に上昇しました。

ShopifyやWixなど、特定の企業によってすべてが制御されるシステムに比べて WordPressは WordPress コアチームが単にコードを変更してスピードとSEOを改善しても WordPressに関連するテーマやプラグインの開発者や個々のユーザーがそれを適用するには時間がかかるしかありません。

WordPress コアチームがスピードなどを改善することに気をつけていますが、完全に重点を置いているようではありません。 WordPressは、フルサイト編集(Full Site Editing)というやや途方もない目標でアップデートが行われています。 これらの機能を正しく実装するには時間がかかると予想されます。 (Avada テーマナエレメントページビルダー などを使用してサイトのすべてのセクションをカスタマイズすることも可能です。)

ウィックス などは必要なプログラムがすべてインストールされており、ユーザーがすぐにサイト制作を始めることができるが、 WordPressは、テーマやプラグインのインストールと設定のプロセスが必要なので、初心者に複雑に感じることができます。 もちろん、ウィックスは機能を拡張することに制限がありますが、多くの機能を必要とせず、基本的な機能でシンプルにサイトを作成したいユーザーにとっては良い選択肢かもしれません。

ちなみに、ウィックスに拒否感がある場合は、Brizy Page Builderを開発したベンダーがリリースしたBrizy Cloudをご利用ください。 ブリジークラウドはウィックスと同様に機能し、Brizy Proを使用してランディングページなどをすばやく簡単に作成できます。 ただし、SEO的な側面では WordPressに遅れているようです。

最後に、

WordPressはオープンソースプラットフォームとしての利点がありますが、一方ではウィックスのような特定の業者によってすべてがコントロールされるプラットフォームに比べては意思決定と実行が遅いことがあります。

WordPress多くのテーマとプラグインで、ユーザーが望むほぼすべてのサイトを作成できるという利点があります。

速度が重要なサイトの場合、このブログのように速度が速いと評価される軽い GeneratePressのようなテーマを使用し、プラグインのインストールを最小限に抑えれば、速い速度を維持することができます(」WordPress GeneratePress テーマ:Googleページスピードインサイトスコア"参照)。

参照



コメントを残す

コメント

カフェで WordPress 情報を共有できます。

ありがとうございます!