ワードプレスのサイトの翻訳プロセス

ワードプレスのサイトに WPMLプラグインを設置して、多言語で運営する場合には、コンテンツをXLIFFというファイル形式でエクスポートプロの翻訳者/翻訳エージェンシーに翻訳を任せることができます。 その後、翻訳者は、TradosやMemoQのような翻訳メモリ(Translation Memory)ツールを使用して翻訳することができます。

ワードプレスのサイトのコンテンツを外部翻訳者/翻訳エージェンシーに送って翻訳させる場合は、次のような過程を行っています。

  1. 翻訳するコンテンツをXLIFFファイル形式にエクスポート
  2. 翻訳者がXLIFFファイルをエクスポート(Export)します。
  3. 翻訳者がTM(翻訳メモリ)ツールを使用して翻訳します。
  4. 翻訳した内容をXLIFFファイルにします。
  5. XLIFFアップロード/インポート(Import)します。
  6. 翻訳完了

プロセスは少し複雑だが XLIFFファイルにエクスポート - >翻訳 - > XLIFFファイルのインポート 程度理解する容易と思われる。

WPMLにワードプレスのサイトの翻訳

昨年作成した 「ワードプレスWPMLプラグインと自動翻訳(Google翻訳)"という文で、ここでの内容を簡単に説明しました。以下では、実際のWPMLでXLIFFファイル形式でコンテンツをエクスポートして翻訳する方法を説明します。

ちなみにこの機能を使用するには、Multilingual CMS以降がインストールされている必要があります(「多言語翻訳プラグインWPMLバージョンの比較"参照)。

いくつかの用語

上記のいくつかのなじみのない用語があるでしょう。 プロの翻訳者に依頼する場合翻訳者が知って翻訳を完了して、アップロードするので詳細を知る必要はありません理解のための用語をまとめてみましょう。

  • Trados、MemoQ:翻訳をする際に使用される翻訳メモリツール/プログラムです。
  • 翻訳メモリ:翻訳した内容をDB形式で保存して今後の翻訳時に再利用することができます。 Trados(トラドス)が代表的な翻訳メモリのプログラムです。 翻訳メモリのプログラムは、基本的に人間が翻訳をします。 ただし、以前に翻訳した内容を活用して、翻訳プロセスを簡単に作成できます。 必要に応じてGoogleの翻訳を使用して翻訳することも可能です。
  • 翻訳メモリツール:翻訳した内容を保存して再利用することができるツール。 CAT(Computer Aided Tool)とも呼ばれる。 Trados、MemoQ、Wordfast、Deja Vuのようなさまざまなツールがあります。
  • XLIFFファイル:XML Localisation Interchange File Format。 ローカリゼーション(現地化)の過程でツール間でデータを転送する方法を標準化するために作られたXMLベースのフォーマット。 簡単にコンテンツを他の言語に翻訳するときにデータを転送するために作成された標準的なファイル形式だと思えばと思われる。 XLIFF形式でファイルを送信するほとんどの翻訳メモリツールで翻訳が可能です。
  • ローカリゼーション(Localization):現地でよく翻訳されます。 L10N(LとNの間に文字が10つを持ってL10Nとも多く使用される)となるローカリゼーションは、専門家の手を経て作られるの翻訳に地域の文化に対する理解も考慮して、外国の商品を正常に国内に導入するための過程です。 ウェブサイトローカリゼーションは、Webサイトのコンテンツを単に翻訳する次元を超え、その言語が使用されている地域の文化まで考慮してローカライズ作業をすることを指します。

CATツール

CATツールは比較的高価です。 特に翻訳系で使用されるSDL Trados Studioの場合Freelancer(フリーランス)のバージョンが700ユーロ(約に90万円程度)で高価です。 Professional版の場合2.495ユーロです。 プロフェッショナル版は、翻訳会社で複数の言語での翻訳を送信する場合に翻訳を管理する目的で使用されます。

翻訳ツールが以前より安くなったりしましたが、個人が購入するには負担になるガクギョクです。 必ず購入する場合には、割引イベントを進行するとき20%程度の割引価格で購入が可能です。 割引は2〜3ヶ月ごとに進行することがあります。

手頃な価格のツールが必要な場合Wordfastのようなツールも考慮してみることができます。 (個人的にはDeja VuがすっきりとしたUIで機能性も大丈夫なようですが、国内では、ユーザーが珍しいようです。)

翻訳を常時進行しなければなら機関の場合CATツールの購入が必要になるかもしれないが、普通は購入する必要はありません。 ただし、翻訳者はTradosのようなツールを持っている必要があります。 技術分野の専門翻訳なら行き当たりばったりこのツールを使用する必要があります。

規模がある企業の場合、独自の翻訳部門を置くこともあります。 もし社内に翻訳を置く場合には、CATツールの購入が必要になります。 場合によっては、Serverのバージョンも購入することができますが、コストが非常に高価です。

人間翻訳vs機械翻訳(自動翻訳)

たまに多言語(マルチリングアール)プラグインWPMLを自動翻訳で勘違いする方がいらっしゃるんです、翻訳自体は、人間が必要です。 必要に応じて 「ワードプレスWPMLプラグインと自動翻訳(Google翻訳)"に記載された内容を参考に Googleの翻訳に自動翻訳させることも可能します。 しかし、自動翻訳をした後は、必ず確認した後、サイトで公開しても安全です。 Googleの翻訳が多くの発展を遂げたが、たまに不合理に翻訳する場合があります。

重要なコンテンツであれば、プロの翻訳者に任せるのが正しい方向である。 あまり重要でない場合、上述したように、Googleの翻訳で翻訳した後に問題になるような部分だけを変更してあげることも考慮してみることができます。

Googleの翻訳プラグインをワードプレスのインストールして利用する方法も考えてみることができます。 しかし、この場合、翻訳された言語に固有のリンク(Permalink)を生成していないので、SEOには全く役に立ちません。 つまり、SEOの面では、ないも同然です。

準備

ワードプレスのサイトのコンテンツをXLIFFファイルにエクスポート翻訳に翻訳をさせるためには、 WPML多言語CMS 以上のバージョンが必要です。 そして翻訳がワードプレスのサイトに会員として加入している必要があります。 翻訳者は、リンクを受けて直接翻訳したり、XLIFFファイルでExportして翻訳することができます。

WPML Multilingual CMSのバージョンがインストールされているWPMLの Translation Management(翻訳管理)という名前のモジュールを使用して翻訳を効率的に管理することができます。

これで準備ができたらWPMLでコンテンツをXLIFFファイルに変換して翻訳することができます。 内容が長くなる関係に詳細な内容は、次の記事(Part 2)で説明します。

注:

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください