Rank Mathプラグインの使用後のインデックス作成の範囲エラーの減少

11のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

このブログでは、長い間、 Yoast SEO プラグインを使用している途中、先月中旬に ランク数学という WordPress SEOプラグインに変更しました。 SEOプラグインを交換した後、Googleサーチコンソールでインデックス作成の範囲のエラーがほとんど解決されました。

SEOプラグインを変更した場合、訪問者の流入が増加したり、むしろ減少することができます。 私はRank Mathに変更した後、全体の訪問者の流入自体には大きな変化がありませんでした。 SEOプラグインを変更した後SEOの変化は、サイトに基づいてけケイだろうが、このブログでRank Mathに変更した後の変化について簡単にまとめてみました。

Yoast SEO vs. Rank Math

WordPressには、サイトのSEOの仕事を手伝ってくれる様々なSEOプラグインがあります。 Yoast SEOは、現在500万人以上のサイトに設置されて使用されている人気のプラグインです。 Rank Mathは20万個程度の WordPress サイトで使用されており、Yoast SEOに比べて後発としての認知度が落ちる方です。

Yoast SEOは、スキーマタイプ(Schema Type)などいくつかの機能をプレミアムでサポートしますがRank Mathは、無料版でもこのような機能を提供します。

様々なSEO関連のプラグインの中から好みを選ぶといいようです。 Yoast SEOの有料版で提供される、いくつかの高度な機能を利用してみたい場合Rank Mathも一つの選択肢になることがあります。

Rank Mathプラグインを変更した後SEO変化

グーグルサーチコンソールでインデックス作成の範囲エラーの減少

グーグルサーチコンソールインデックス作成の範囲エラーの減少

上の図は、昨年12月から現在までの、Googleサーチコンソールでの「インデックス作成の範囲」エラーを示します。 Yoast SEO プラグインを使用するときは、100を超えるエラーが発生している途中 ランク数学 プラグインに変更した後にエラーが2つ急減しました。

グーグル・アナリティクスインデックス作成の範囲のエラーの詳細情報

詳細を見てみると、XNUMXつのエラーエントリが表示されています。

  1. 提出されたURLがSoft 404を返します。
  2. サーバーエラー(5xx)
  3. 提出されたURLにクロールの問題があります。

3回の問題は、最近の問題を修正して、Googleに再審査リクエストを送ったところ、今では、検証で「該当なし」と表示さね。

Yoast SEOを使用した場合に特にSoft 404戻りエラーが多く発生しました。 今は1つだけ表示されているが、これもすぐに消えることが期待されます。

インデックス作成の範囲のエラー - サーバーエラー(5xx)
インデックス作成の範囲のエラー - サーバーエラー(5xx)

サーバーエラー(5xx)の場合 Newspaper テーマフォルダをGoogleでインデックス作成したが、テーマフォルダ自体にアクセスできないように設定されているので、エラーが返されています。 テーマフォルダがインデックスされている場合、 robots.txtファイルに次の行を追加して、テーマフォルダがインデックスされないように設定することができます。

Disallow: /wp-content/themes

サイトの訪問者の流入の変化

SEOプラグインをYoast SEOでRank Mathに変更した後、前述のように、Googleサーチコンソールで「インデックス作成の範囲」エラーがほとんど消えました。 しかし、Googleの訪問者数は有意な変化がありませんでした。

代わりに Naver 訪問者数が継続的に増加しています。 しかし、SEOのプラグインを変更のおかげだと断定することはできないようです。 Naver 検索ロジックの変更により、一時的に増加する傾向である可能性もあります。

WordPress SEOプラグインを変更した後 Naver 流入の変化

このブログを初めて起動したとき Naver ブログセクションに露出され、 Naverで多くの流入がありました。 しかし、突然 Naver 流入がゼロになったが、後には増加と減少を繰り返しています。 訪問者の流入ソースを見てみると、Googleの流入が絶対的な比重を占めており Naverは過去30日の時点で4.1%に過ぎません。ㅠ

Naver 流入は安定的でなく Naver 検索ロジック変更により減少したが増加するパターンを繰り返すのが特徴です。 グーグルも流入が減少したり、増加することができますが Naverのように劇的に変化はありません。 長期的に見たとき、Googleをターゲットにすることが安定的にブログを運営するのに役立ちそうです。

おわりに

WordPressでSEOプラグインを使用してSEO関連の設定を詳細に設定することができます。 SEOプラグインを変更した場合SEOに変化が発生して、検索エンジンを介して訪問者の流入が増加したり、減少することができます。

私Yoast SEOでRank Mathに変更しながら、Googleサーチコンソールで多くの「インデックス作成の範囲」エラーが急減したが、全体的な訪問者数は有意の変化はまだありませんでした。

Yoast SEOを使用しており、Googleサーチコンソールの「インデックス作成の範囲」ページで多くのエラーが表示される場合Rank Mathに変更すると、エラーがほとんど消えると思います。 しかし、エラーが消えるすぐ流入が増えるようには見えません。 これらの変化は、長期的に肯定的な方向に作用すると思います。

SEOプラグインを選択も重要だがSEOに最適化された文を作成するための努力も同様に重要なことです。 この時までにSEOを考慮せずに自由に文章を作成したが、過去の文を見てみると不十分な点があまりにも多いですね。

これからSEOに有利な記事の書き方について悩んでテストして意味のある結果を得ることと、共有するように努力します。

メモ:



11のコメント

コメント

  1. こんにちは
    WordPress 初心者なのに多くの情報細かい観察に得ています
    最近rank mathインストールして勉強している
    セッティング入るとダッシュボードの下にanalyticsに赤信号が入るのにいくら捜してみた理由がわかりませんもしかしたら方法があるでしょう?

    応答
    • こんにちは、ワープ初心者様。

      文を作成するときにスコアが低く出る問題はありますか?
      「Focus Keyword "を入力する必要がスコアが正しく表示されます。

      応答
  2. 文よく見ました。
    私も最近Rank Mathに変更しました。
    差は大きくないんです。
    - エラーは8程度で3個減り
    - ちょうど一時的にインデックスが作成されたが、サイトマップに提出されていないが数千個登場したリニューアルオープン。
    。 テストしてみると、問題がないと出てくるんです。
    。 そしてこれは、全体の有効インデックス数には影響を与えないゴトヌンらしく置いています。
    。 ハングク認識が完璧ではないないようです。
    たとえばRank Mathは、タイトルの長さを制限していますよ。
    한글제목은 “rank-math%eb%a5%bc-%ec%9d%b4%ec%9a%a9%ed%95%9c-%ea%b2%80%ec%83%89-%ec%b5%9c%ec%a0%81%ed%99%94-%eb%b0%a9%eb%b2%95″
    このように表記されていることをすべて文字として認識して長く認識しているようです。

    コロナ19でみんな大変だ、元気他人に迷惑をかけない範囲内で、楽しい、外部活動も満喫して祈ります。

    応答
    • 私も変更した後、実際に変わったことはないようです。
      ただし本文で述べたように、Googleサーチコンソールで表示されたエラーがほとんどだ消え Naver 流入が増加している点が変わったんです。
      グーグルサーチコンソールに表示されるエラーが消えたとして、Googleの流入が増えはないですね。 Naver 流入の増加は、Rank Mathプラグインとは無関係に Naver 検索ロジックの変更のためではないかと推定します。

      しかし、Yoast SEOよりRank Mathが使用するのにもう少し便利なものです。

      ハングルの問題は、SEOのプラグインを使用するときに考慮して使用すると、なりそうです。 例えばYoast SEOを使用するときに「調査」が付く他の単語として認識んですが。 このため、Yoast SEOの勧告に基づいて調査を分かち書きする方もいらっしゃいますね。

      このような部分は、言語の違いが原因で発生するバグと考えて、それよりはSEOプラグインで提示するが意味することを理解して応用することが重要ではないかと思われます。

      一例として、テキストの長さに問題がありますが。 経験上英文200語をハングルに翻訳すると135単語前後となります。 (長い時間前に直接、複数のサンプルを用いて分析した結果であり、分野によって異なる場合があります。たとえば、法律の場合、ハングル単語が複数の英単語に翻訳されることもあります。そのような場合には、より圧縮されています。 )このような部分も考慮して、適切な文の長さを定めることも考慮してみることができます。

      応答
  3. 良い情報よく見ました。

    英語のブログでは、Yoast SEOがSEOチェックをよくしてくれて助けてくれされるが、意外にハングルのブログはYoast SEOがゼロ〜不思議ですね。 Word様の言葉のように、ハングルの最適化がないてそうなのか文章書きながらちょっと不安ましたが、Rank Mathに置き換える必要がつもり。

    Rank Mathに変えると、ポスティングにSEOを再設定する必要がないでしょう? そうなるかと思っ簡単置換難しいですね。

    応答
    • こんにちは、Jeremy Park様。

      Yoast SEOを無効にして、Rank Mathをインストールして有効にするとYoast SEOデータをRank Mathにインポートすることができます。
      この時、注意すべき点は、サイトの規模が大きい場合は、データをインポートする過程で、まるで止まったように見えることができます。 その場合はキャンセルをクリックするか、後方に移動せずに待っていれば、データ転送が完了します。

      応答
      • 回答ありがとう。
        まず作っ月しかならないハングルのブログからインストールして、英語のブログに加え、インストールする必要がつもり。

  4. こんにちは。

    私もテーマフォルダを除く処理する必要がね。

    良い情報ありがとうございます。 Rank Mathに乗り換えるだろ考えなければならね。

    応答
    • SEOプラグインを変更するとSEOに変動が生じ、検索エンジンの流入に変化が発生することがありますので、変更する場合には、慎重に決定してください。

      応答
  5. あげ Naver 訪問者のグラフを見れば、第サイト Naver 訪問者の傾向ラング本当に似ていて不思議ですね。 絶対値は差があっても推移は本当に似ています。

    応答
    • 昨日は、Googleと Naver すべての流入が普段より結構上昇しました。

      季節的な要因もないかと思われます。
      今は訪問者の流入が上がり始める時期であると思われる。

      水入ったときにノーおこげは言葉があるようこの時良質の文章をたくさん発行する訪問者の流入の増加に役立つと思われる。

      応答