WordPressからリンクにnofollowを追加する&バックリンクを拒否する

Last Updated:2022年12月29日| | 10のコメント

WordPressで外部リンクにnofollowを追加する方法が知りたい場合は、この記事を参照してください。 外部サイトへのリンクを追加すると、自分のサイトの評判(Authority)の一部をそのサイトに渡します。

SEO模範慣行の一つは、権威あるサイトではないかと私は制御できないサイトへのリンクをかける場合には、nofollow属性を追加することです。 クパンパートナーズのようなアフィリエイトサイトへのリンクや信頼できない外部サイトへのリンクをかけるときにはnofollow属性を追加することが望ましい。

広告リンクまたは有料配信リンク(通常は有料リンクと呼ばれる)をrel = "sponsored"としてマークできます。 nofollowプロパティの場合、この種のリンクをターゲットにすることは以前に推奨されており、まだこの方法を使用してリンクを表示できますが、sponsoredを使用することをお勧めします。Googleで外部へのリンクを確認取得"参照)。

リンクにnofollowを追加する理由

外部リンクを追加するときは注意が必要です。 アフィリエイトリンクには、nofollow(またはsponsored)属性を追加しなければSEOから不利益を受けません。 ここについてGoogleの "検索エンジン最適化(SEO)の初心者ガイド「文書は次のように述べています。

私のサイトを他のサイトにリンクすると、私のサイトの評判(Authority)の一部をそのサイトに渡します。 時折私のサイトのコメントセクションやメッセージボードに自分のサイトへのリンクを追加することにより、これを狙うユーザーもいます。 または特定のサイトを否定的に言及したり、そのサイトに自分のサイトの評判を渡したくない場合もあります。 たとえばコメントスパムというテーマを持ってブログに記事を書いてながら、最近の私のブログにスパムコメントを残したサイトに言及すると考えてみましょう。 他の人にこのサイトを注意する警告するために、コンテンツに対応するサイトのリンクを挿入したが、同時に、このサイトに自分のサイトが持っている評判の一部を渡したくはないでしょう。 このような場合nofollowを使用することをお勧めします。

GoogleではXNUMXつの理由でnofollowリンクを使用することを説明しています(Yoast SEOの「Why noindex a page or nofollow a link?」を参照)。

  1. 信頼できないコンテンツ
  2. 有料リンク(Paid links)
  3. クロールの優先順位

WordPressでのリンクにnofollowを追加する方法

WordPressでのリンクにnofollow属性を追加する方法に大きく、手動で直接追加する方法と、プラグインを使用して一括して追加する方法があります。

プラグインを使用して、すべての外部リンクにnofollow属性を追加すると、最も簡単ですが、SEOのプラグインでは、nofollowリンクとdofollowリンクを混合して使用することをお勧めしています。

手動でのリンクにnofollowを追加する

リンクを追加するたびに、手動でrel = "nofollow"またはrel = "sponsored"を追加できます。 WordPress ブロックエディタ(Gutenberg)は、次の画像を参考にしてnofollow属性を追加することができます。

リンクを追加するときは、テキストをマウスで選択します。 Ctrlキー+K ショートカットを入力して簡単にリンクを入力できます。 この方法を使用すると、マウスの使用を減らすことができ、リンク入力時間も短縮できます。 特に、内部リンクを入力するときに効果的です。 」WordPress 内部リンクを追加する簡単な方法(前の記事リンクを入れる)「を参考にしてください。

古典的なエディタを使用している場合には、次の画像を参考にして、リンクにnofollowを追加することができます。

WordPress 5.0以上では、ブロックエディタ(Block Editor; Gutenberg)がデフォルトのエディタとして搭載されています。 WordPress 5.0未満では古典的なエディタが使用されます。 WordPress 5.0以降のバージョンでも古典的なエディタ(Classic Editor)をインストールして古典的なエディタを利用することができます。 Gutenbergが初期に不安の側面があったが WordPress バージョンが更新され、徐々に安定性と速度の面で改善されています。

SEOプラグインを使用して簡単にnofollowプロパティを追加する

参考までに、Rank MathプラグインなどのSEOプラグインを使用している場合は、HTMLモードに切り替えることなく簡単にnofollowまたはsponsoredプロパティを追加できます。

WordPressでのリンクにnofollowを追加する -  Rank Math SEOプラグインの使用

Rank MathプラグインはYoast SEOやAll in One SEO PackなどSEOプラグインに比べて認知度と人気が落ちるが、機能面では、まともなようです。 このブログでは、All in One SEO Packを初期に使用さであるYoast SEOに変えて、長い間使用している今は、Rank Mathを利用しています。 (Yoast SEOやAIO SEOでRank Mathに変更する場合は、データをインポートすることができます。しかし、Rank MathでYoastやAIOプラグインでは、データを移動することができません。)

プラグインを使用してバッチ的にnofollowを追加する

すべての外部リンクに一括してnofollowを追加したい場合、プラグインを使用することができます。

究極のNofollowというプラグインが現在5万以上のサイトに設置されて使用されているが、テストしてみると、ブロックエディタ(Gutenberg エディタ)では正常に動作していないようです。 実際にユーザーの評価を見ると、Gutenbergで動作していない評価があります。 古典エディタでも問題が発生することがあります。

このプラグインを使用すると、いくつかのドメインには、外部リンクでnofollow属性を追加しないように設定することも可能なようだが、これ以上のアップデートが正常にならないして使用していないことが安全に見えます。

この機能をほとんどのプラグイン(無料と有料のプラグイン)この更新プログラムが正しくないことを発見しました。 リリースノーフォロー プラグインがユーザー数は1000人前後で少ないですが、インストールして有効にしたら、外部リンクにnofollow属性が追加されることを確認しました。

WordPress 管理者ページで プラグイン]> [新規追加に移動し、Rel Nofollowを検索してインストールしてください。 プラグインを有効にして必要に応じて動作することを確認しましょう。

前述したようSEOプラグインでは、dofollowリンクnofollowリンクを混合して追加することを推奨しています。 しかし、既存の記事に含まれるすべてのアウトバウンドリンク(外部へのリンク)にnofollowリンクをいちいち追加することが不可能な場合、プラグインを使用する方法を考慮してみることができます。

マイサイトへのリンク(バックリンク)を拒否する

外部サイトから自分のサイトへのリンク(バックリンク)は、私が制御できない可能性があります。 しかし、自分のサイトにリンクされている異常なリンクやスパムリンクが原因で、自分のサイトが直接行動など不利益になる恐れがある、または不利益になった場合、他のサイトから自分のサイトにリンクされているリンクを削除する必要がありますが、これらのリンクを直接削除できないか、リンクが削除されない場合 私のウェブサイトにつながる疑わしいページまたはドメインのURLを拒否해야합니다。

Googleサーチコンソールにアクセスして、 リンクをクリックして、 親リンクサイトで私のサイトにリンクしている親リンクサイトを確認できます。 下の もっと見るをクリックしてサイト全体(ドメイン)を表示できます。

マイサイトへのリンク(バックリンク)を拒否する

私のサイトにつながるサイトの中に、スパムサイトや問題になる可能性があるサイトのドメインを記録し、リンク拒否ツールページ「ドメインを拒否できます。拒否するページまたはドメインを次の形式で入力してテキストファイルとして保存し、アップロードできます。

# 거부할 페이지 2개
http://spam.example.com/stuff/comments.html
http://spam.example.com/stuff/paid-links.html

# 거부할 도메인 1개
domain:shadyseo.com

私のサイトへのリンクを拒否する方法はGoogleドキュメントです。私のサイトへのリンクを拒否する「を参考にしてください。

参照


10のコメント

コメント

    • 外部リンク中にスパムサイトのURLやアフィリエイトサイトのURL、価値の低いサイトのURLにnofollowを追加するだけです。

      応答
  1. 外部リンクをボタンで表示するとNofollowプロパティはなく、「新しいタブで開く」プロパティのみが表示されますが、Rank Mathプラグインで「新しいタブ/ウィンドウで外部リンクを開く」を設定すると、ボタンプロパティで「新しいタブで開く」チェックをしなくても新しいタブで開くリーダーです。 ところで、同様にRank Mathで「外部リンクをフォローしない」を設定すると、ボタンプロパティにNofollowがなくてもNofollowが追加されるのは正しいでしょうか?

    応答
  2. ここには、以前にお問い合わせのコメントをしたことがあります。 Googleは低品質でした。
    フィールドに私のブログアドレスとEメールアドレスを残しました。

    ところで、何百ものバックリンクが作り続けられていることを発見しました。
    押すとここに来てくれました。
    サーチコンソールで拒否を続けるのにも570余りだったのが今は199個が残っています。 このような場合はどうすればよいですか?

    応答
    • 設定 » ディスカッションのディスカッション設定で、「新しい記事で他のブログからリンク通知(ピンバックとトラックバック)を許可する」がチェックされている場合は、オフにしてください。

      応答
  3. では、もしアイハブ獲得リンクのようにリンクに乗って入って相手が物を購入したり決済したときに私に収益が発生するリンクは無条件にnofollowとsponsoredの両方を書くのが良いでしょうか? それとも、XNUMXつの記事に収益リンクが多い場合にのみ使用しますか?

    応答
    • 私は通常nofollowプロパティを追加しています。
      ちなみにnofollowが多すぎる場合、Googleでスパムコンテンツとして疑われる可能性があるため、あまりにも多くのアフィリエイトリンクを控えることが望ましいと思います。

      応答
  4. クパンパートナーズリンクがページに50個程度んですが。 その場合は、nofollow、sponsoredいずれのもの使用か? 現在、すべてnofollowに設定しておきました。

    応答
    • こんにちは、手ボス。

      ここに、Googleでは、次のように述べています。

      広告のリンクや有料掲載リンク(一般的には有料リンクと呼ばれる)をsponsoredに表示します。 有料リンクに関するGoogleの立場詳細
      注:nofollow属性の場合、これらのタイプのリンクを対象に、以前に推奨されており、まだこの方法を使用して、リンクを表示することができますが、sponsoredを使用することをお勧めします。

      nofollowよりsponsoredが良いオプションです。

      私もこれまでNofollowを使用しましたが、sponsoredを使用する予定です。

      ちなみにphpMyAdminで一括変更することも可能です。

      応答