WordPress用 Facebook ライブチャット/ IMプラグイン

Last Updated:2020年11月14日| | 4のコメント

海外サイトにアクセスすると、たまにライブチャットで会話できるアイコンが表示されることがあります。 例えば、 Diviテーマで有名な エレガント Themes サイトにアクセスすると、右下にライブチャットアイコンが表示され、アイコンをクリックして質問をすることができます。

このように、サービスを提供したり製品を販売しているサイトでユーザーが疑問に思うことをすぐに尋ねることができれば、販売につながる可能性が高くなります。

エレガント Themesサイトで利用されるライブチャットサービスが気に入ってどのプラグインを使用しているのか聞いてみる インターコムというサードパーティーサービスを利用するそうですね。 ところで、このサービスを利用するサイトが多いと思います。 人気 WordPress テーマの一つである Jupiter テーマの製作業者サイトにも同じサービスが利用されていますね。

ただし、IntercomのMessagingサービスの費用がEssentialの場合は月53ドル、Proの場合は月85ドルで、個人が利用するには負担のかかる価格です。

WordPress用 Facebook ライブチャットプラグイン

安価なソリューションでサイトに Facebook ライブチャットアイコンを追加して Facebook ユーザーがリアルタイムでメッセージを送信できるようにする方法があります。

検索してみると、さまざまなプラグインがあります。 無料プラグインとして Facebook Messenger Live Chat 同じプラグインがあります。 このプラグインの無料版では、限られた機能が提供されており、高度な機能が必要な場合は、プレミアムバージョンを購入できます。

Codecanyonで販売されている有料プラグインで Facebook Live Chat for WordPressFacebook Messenger for WordPress秋の評価は大丈夫です。

どちらのプラグインも同じ開発者(Ninja Team)によって作成されました。 WordPress秋価格が少し安い方です。 このプラグインは現在このブログの サービスお問い合わせページに適用され、特定のページに Facebook ライブチャットウィンドウを表示するオプションがあります。 (現在は削除された状態です。)

WordPress Facebook ライブチャットプラグイン

Facebook Messenger for WordPress プラグインにはFacebookメッセンジャーのアイコンがサイトに表示され、アイコンをタップするとメッセージを送信できるダイアログが表示されます。 次の動画を参考にしてください。

Facebook メッセンジャーのプラグインや Facebook ライブチャットプラグインは Facebook ユーザーだけがメッセージを送信できます。 誰でもライブチャットで相談できるようにするには、上で紹介したIntercomのようなサードパーティーソリューションに加えて、 WordPressのためのライブチャットプラグインがあります。 ただし、ライブチャットプラグインを使用するとサイトの速度が遅くなる可能性があります。

WordPressのライブチャットプラグインがサイトの速度に影響する場合 PHP Live Support ChatのようなPHPスクリプトを試すこともできます。

参照


4のコメント

コメント

  1. 良い情報ですね。
    リアルタイムでサービスを強化して利用者の使用経験を高めるための良いツールですね。
    ただ、ペメ以外もカトクになればとてもいいと思います。 韓国では...

    応答
    • カトックチャットプラグインがあるか検索してみると検索できませんね。 代わりに Naver トークプラグインが検索されます。

      私はカトックを米国番号でPCにのみインストールして使用しています。 (カトクが便利ですが、たまに仕事に集中するのに邪魔になる場合があり、フォンには設置しませんでした。)

      応答
      • 良い情報ありがとうございます。
        Naver Toktokプラグインは個人が作成するのか、それとも Naverが後援したのだろうかと思いました。
        ワープとは関係ありませんが、 Naver買い物が強くなる理由がわかります。
        Naverラ...

      • Naver Toktokプラグインは、コードエムショップというプラグイン開発/販売業者で作られたものがあります。 Naverの後援を受けた可能性もあるようですね(もちろんコードエムショップで独自に開発して無料で公開することに決めたかもしれません)...