WordPressドットコムプラン、既存プランに戻る - WordPress 情報パッケージ
인기 WordPress テーマブルフセール 詳細

WordPressドットコムプラン、既存プランに戻る

Last Updated:2022年7月26日| 6のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressドットコム(WordPress.com)は4月から新しく導入されたプランを終了し、プランを元のモデルに戻し、今すぐ無料プランを含む5つのプランで提供されます。

WordPressドットコムプラン、既存プランに戻る - 5つのプラン

WordPressドットコム、試験的に導入したプランを終了し、既存プランに復帰

数ヶ月前、 WordPressドットコムは、既存の5つのプランで WordPress 無料で WordPress ProなどXNUMXつのプランでプランを改編しました。

実験的 WordPressドットコムプラン

WordPress プロでは50GBのストレージスペースが提供され、200GBを提供していた従来のビジネスプランよりもストレージは減りましたが、ビジネスプランの機能を月10ドル安く利用できました。

しかし、新しいプランに関する多くの苦情が提起され、スタータープラン(月5ドル)を導入しましたが、新しいプランに対する否定的な反応は続きました。

数ヶ月間、新しいプランが良い反応を得られない WordPressドットコムはプランを再び既存の5つのプランに戻しました。

私は長い間、 プレミアムプランを使用して数ヶ月前に設置型 WordPressに移転しました。 WordPressドットコムのプレミアムプランは月8ドルで利用できますが、カスタムCSS以外には事実上できることはあまりありません。 プレミアムプラン:

  1. カスタムCSSサポート
  2. WordPressドットコムが提供するプレミアムテーマ設置可能。 ただし、プレミアムテーマは WordPress.orgが提供する無料テーマに似ており、 Avada などの有料テーマではない。
  3. 外部テーマのインストール不可能
  4. 外部プラグインのインストール不可
  5. sftp/phpMyAdmin 接続不可
  6. AdSense 広告配信不可(WordPressドットコムが運営するワードアズという広告プラットフォームを承認して利用することができますが、広告収益はGoogle AdSenseに比べて非常に低い方です)
  7. トラフィック制限なし

WordPressドットコムで WordPress サイトを適切に運営するためには、ビジネスプラン以上を選択することが望ましいです。 ビジネスプランを使用すると、設置型に比べて制約がありますが、設置型で利用できる機能をほとんど利用できます。

  1. カスタムCSS/WordPressドットコムが提供するプレミアムテーマが利用可能
  2. 外部テーマインストール可能
  3. 外部プラグインのインストール可能
  4. sftp 接続を許可
  5. phpMyAdmin接続を許可する
  6. AdSense 広告配信可能
  7. モール運営可能
  8. 置型 WordPressに比べて制約がある(何かうまくいかないことがあるかもしれないので、カスタムをたくさんしなければならない場合は推奨しない)

実験的に導入された WordPress プロプランは月15ドルで負担が少ない方でしたが、ビジネスプランは月25ドルで多少負担となる価格のようです。

ブログやシンプルな会社のサイトを運営し、訪問者数が多い場合 WordPressドットコムの ビジネスプランは良い選択かもしれません。 訪問者数が大幅に増加してもトラフィック WordPressドットコムに住んでいるため、訪問者が多くのサイトを運営している場合は、コストを大幅に削減できます。

しかし、サイトを自由にカスタマイズしたい場合は、Webホスティングに参加して利用する 置型 WordPressは、より良いオプションです。

※ WordPressドットコムは WordPress.comで登録して利用する WordPress タイプとして加入型 WordPressとも呼ばれます。 加入型 WordPressは WordPressドットコムでホスティングを提供するので、ウェブホスティングについては気にする必要はありません。 しかし、プランに応じて制約があります。

※ WordPress プロまたは WordPress スタータープランに参加したユーザーは、必要に応じてそのプランを更新して使用することができます。

参照



6のコメント

コメント

  1. WordPressドットコムにブログを作ると Naver ブログのようにコミュニティ形式で文が検索されるのか気になりますね。 なると、訪問者の流入に有利と思われます。 有料で少なくならないと機能が良く提供されますが、訪問者の流入だけになれば出せるようですね。 私のブログはインストールタイプです WordPressしかし、訪問者が一日に20人ほど来るのにグーグルアズもやっていていろいろ努力中です。

    WordPressドットコムも考えてみると、一度ウェブホスティングの自由度がいいですね。

    応答
    • WordPressドットコムはSEO的な面で設置型 WordPressと似ていると思えばいいようです。 ただし、 WordPressドットコムコミュニティを通じても露出になるので、チャンネルがさらに増えたと考えることができます。

      前述のように、加入型 WordPress(WordPressドットコム)は制約があるため、カスタムがあまり必要ないシンプルなブログや会社紹介サイト、ポートフォリオなどのサイトに適しており、特に訪問者数が多い場合 WordPressドットコムを使用すると、コストを大幅に削減できます。 (例えば、訪問者が多いコミュニティサイトの場合、ウェブホスティングを利用するとホスティング費が月100万ウォン内外になることもあります。 WordPressドットコムを使えば、訪問者数がいくら多くても WordPressドットコムでトラフィックを担当しているので、ホスティングコストを心配する必要はありません。)

      応答
  2. こんにちは^^ 本文とは関係ない内容ですが。 韓国で現在アクティブになっている WordPress コミュニティはどこなのか知っていますか?

    応答
    • 韓国WordPressユーザー会議サイトがありますが、それはアクティブではありませんでした。

      https://kopress.kr/

      다음 Naver カフェで比較的多くの質問と回答が来るので、参考にしてください。

      https://cafe.naver.com/wphomepage

      応答
      • コミュニティを作って育てるには多くの努力が必要なので、手軽に始める方法で Naver私次に提供するカフェプラットフォームではないかと思います。 WordPressウェブホスティング、ドメイン設定などについてご質問がある場合は、いつでもこのブログの任意の投稿にコメントするか、 Naver カフェに質問を投稿してください。 暑い気候に健康に気をつけてください。

カフェで WordPress 情報を共有できます。

ありがとうございます!