ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPressの「Hello Dolly」のプラグインを削除しても安全か?

Last Updated:2018年12月8日| 6のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress 「ハロー異なり、

「ハロー異なり」は何のプラグインなのか?

WordPressをインストールすると、デフォルトでインストールされているプラ​​グインのいずれかがHello Dolly(ハロー違って)です。 私は昔からこのプラグインを無条件削除してきました。 そうするうちに、ふと、このプラグインの機能が何であるか疑問に思うました。

このプラグインがどのような役割をしていることは、「ハロー違い「プラグインの説明を見ると、推測することができます。 WordPress 伝言板で プラグイン>インストールされてプラグイン リストから「ハロー異なり」は、次のように説明されています。

これは、単純なプラグインがありません。 これはルイ・アームストロングが歌っ非常に有名なHello、Dollyの二つワード【Hello、Dollyという二つの単語]に意味された全世代を網羅希望と情熱を象徴化します。 有効にすると、ページが変わるたびに、管理者画面の右上から任意[ランダムに]に表示されるHello、Dollyの歌詞を表示することができます。

上記の説明から分かるようにHello Dollyはルイ・アームストロング(Louis Armstrong)が歌った歌の歌詞を、管理者ページ画面の右上にランダムに/ランダムに表示してくれる機能をします。 つまり、実質的に何の機能をしていないプラグインです。 ルイ・アームストロングが歌ったHello Dollyがどんな曲だろうか気になって検索してみると、1965年にベルリンで公演した映像がYouTubeに上がってきていますね。

ルイ・アームストロングと、以前にTV広告に挿入されたWhat a wonderful worldという曲でおなじみのジャズミュージシャンとして記憶している方が多いようですね。 1965年には、私が生まれた前ですね(笑)

Hello Dollyプラグインは、2004年5月 WordPress 1.2がリリースされてから、WordPress プラグインアーキテクチャ」を紹介するために含まれている開始しました。

後に WordPress コミュニティから削除してほしいという要請が、いくつかのあったが、現在までに維持されているそうです。 このプラグインを維持させている表面的な理由/言い訳は、新しい開発者がプラグイン制作を開始するためにを与えるためだとします。

しかし、海外のブログの記事を見ると、 Plugin Handbookや良い材料が多くHello Dollyはそれほど良いリソースではなく、点を勘案してみると、このプラグインがデフォルトのプラグインとして提供されるのはただ「伝統「あると推測されます。

「ハロー異なり」を削除すべきか?

その後、「ハロー異なり」を削除してもいいですか? Hello Dollyは、実質的な機能をプラグインではないのでそのまま削除ください。 プラグインが多くていいのはありません。 このような何の機能をしていないプラグインを維持する理由はないようです。

WordPressの最大の特徴/魅力は、テーマとプラグインを使用して、レイアウトと機能を拡張することができるという点です。 しかし、プラグインにより、 WordPressのセキュリティが脆弱になったり速度が遅くなる現象が頻繁に表示されます。 また、プラグイン間の競合が原因でサイトに問題が発生したりして。 たとえば、多くのユーザーが使用する 革命スライダー私Contact Form 7は、セキュリティ上の問題を引き起こしており、実際に Slider Revolutionは、昨年初めにセキュリティ上の問題で新聞にも出たことがあります。 Hackyaサイトの次の記事を参照してください。

もし多くのプラグインのインストールのためにサイトの速度が大幅に遅くなった場合、P3(Plugin Performance Profiler)プラグインを使用して速度を低下させるプラグインを確認することができます。 ※更新:このプラグインは、アップデートが長いされていないため使用しないでください。 代わりに、次の文を参照してみてください。



6のコメント

コメント

  1. 初めて WordPress 接した時から基本的に敷かれているプラ​​グインと必要なしにもどのような理由があるだろうしノァドォトたが消しても構わないことよね。 歌詞が出てくるという説明があまりにも突然ない何隠された深い意味があると思っていました。 笑

    回答する
    • WordPressの「伝統」を作成したかったのではないと思われます。

      この記事のURLが http://...で始まる必要があるが実を結ぶ木さんがコメントをつけ文のURLは、 https://...で始まるね。 このため、サイドバーのリンクをクリックして入ってくると、この記事のレイアウトが文字化け。笑

      以前にSSLを適用したが、削除したため、httpsとhttpが混在して少し苦労したことがありました。 まだhttps URLが検索されているようですね。

      回答する
      • ああ、時にはディスカスで「議論の表示」を選択すると、404エラーが出る場合があったが、そんな理由だったよね。 ^^

      • ディスカスで404エラーが出るのは、最近知ったんです、URLをハングルが入ると404エラーが出て、もう一度クリックすると、正常に接続がされます。

  2. 残念ながらP3(Plugin Performance Profiler)は、PHP 7環境では、通常の動作をしないですね。代替プラグインもないようで、より残念です

    回答する
    • こんにちは?

      コメントありがとうございます。 プラグインサイトを確認してみるP3が更新されてから1年がはるかに超えね。 だから最近 WordPressで正常に動作しないこともあるようです。 PHP 7でも動作していないですね。 良いプラグインですが、プラグイン開発者は、もはや更新をしていないように思える惜しいですね。

      回答する