ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPressとWixのシェア比較

Last Updated:2017年10月26日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

私 WordPress 関連資料を検索するようになっ広告を介して ウィックスを知りました。 おそらく多くの方々が私のようにWixを広告を通じて知ったであろうと思われます。 簡単にプロのホームページを作成することができるというウィックス広告は明らかに印象的なようです。

しかし、Wixと WordPressを使用とCMSのシェアを比較してみると、面白いことを発見することができます。

まずW3Techsで発表した使用量(Usage)占有率図です。

WordPressとWixシェア(2017年2月現在)
WordPressとWixシェア(2017年2月現在)

世界中のホームページの中で WordPress(WordPress)は、2017年2月現在27.5%に達するが、Wix(ウィックス)は0.3%に過ぎません。 この統計が意味するところは、世界中のサイトの約1/4以上が WordPressで製作されたがウィックスは0.3%に過ぎないということです。

そしてCMSシェアでも似たような様相を見せます。

WordPressとWixのCMSシェア(2017年2月現在)
WordPressとWixのCMSシェア(2017年2月現在)

CMS(コンテンツ管理システム)のシェアで WordPressは58.7%でほぼ60%に迫るが、ウィックスは1%にも満たない0.6%に過ぎません。 (昨年に比べCMSシェアだけを見ると WordPressは昨年とほぼ同様のに対し、Wixは50%成長しました。)

興味深いのは Naverでウィックス(Wixとウィックス)と WordPress(WordPress와 WordPress)キーワードを持って比較してみると、55:35に格差があまり出ません。

Naver 検索トレンド照会で WordPressとウィックス検索頻度の比較
Naver 検索トレンド照会で WordPressとウィックス検索頻度の比較

ちなみに、他の統計によると、 Naverでウィックスが WordPressより検索頻度が高く出るね。

Wix-and-WP-in-Naver

グローバルシェアが0.2%にしかならないウィックスが Naverから WordPressと比較してほぼ同等か、あるいはもっと検索されていることは明らかで、通常のないようです。

事実Wixは知っている人は知っているようにSEOに問題があります。 丹念に作られたサイトは、Googleなどの検索エンジンに検索されていない場合、そのサイトは時代遅れになるでしょう。

ウィックスがGoogle検索で問題となるのはウィックスがAjaxという技術に依存しているからです。 GoogleはAjaxクロールの制限を数回発表したが、最初はAJAX-crawlingを使用しないことを勧告したが、2015年10月16日に、そのようなGoogleのAjaxクロールポリシーを推奨していないと発表しました。

しかし、このような発表後もWixサイトがGoogleの検索結果から一時(一時的に)完全に削除される問題が発生した(参照)、2016年3月5日に、GoogleのJohn Muellerは 新しいサイトにAJAX-crawlingを使用しないと既成のサイトは移転することを勧告しました。

Is Wix SEO Friendly?(ウィックスがSEOフレンドリーか?)という文では、次のように述べています。

Keep in mind also that Javascript / AJAX heavy sites can be slower and they do not work at all for anyone that has turned off Javascript in their browser(and yes there are people who do that)。 If you are using WiX、your site is probably fairly simple - do you really need all that baggage?

つまり、Javascript / AJAXが多く使用されているサイトは、遅くすることもあり、ブラウザのJavascript機能を切る場合、まったく動作しなくなるでしょう。

현재 WordPressがCMSシェアはほぼ60%に迫り、独占的な地位を享受しています。 WordPressがSEOに最適化され、多くのテーマとプラグインを使用して目的のサイトを構築することができるのが長所です。 しかし、相対的に使い方が容易ではない側面があり、適切に作成するには、費用と時間がかかるしかありません。

その点で 低コストで簡単に専門的なサイトを作ることができるウィックスは明らかに魅力的なようです。 もし Naver広告してSEOがそれほど重要ではないか、小規模な会社用サイトや個人のポートフォリオサイトを構築する場合は、 ウィックスを利用することもそれほど悪い選択ではないことができるようになります。 シンプルなサイトを作成する場合には、Wixを利用すれば、より簡単にきれいなサイトを作成することができています。

WordPressの利点でテーマとプラグインを使用して、レイアウトと機能を拡張することができる拡張性が挙げられます。 Avada, X, Enfold, BE などの人気のテーマやその他の様々なテーマを使用すると、コーディングの知識があまりないかほとんどなくても、簡単にプロのサイト構築が可能です。 そして WordPress別の強みでSEOを挙げることができます。 WordPressは何のSEOのテクニックを使用しなくても簡単にGoogleなどの検索エンジンに公開されます。


追加: 2017年2月初め現在WixのCMSシェアは0.6%で、前年0.4%に比べて50%上昇しました。 (全体のウェブサイトのシェアでは、前年度の0.2%から50%上昇した0.3%を記録しました。)

2017年10月追加: ウィックスが Wix SEOウィザードツールを今年5月に公開してWixのSEOが改善されたします。 ウィックスの主張によれば、 Wix SEOウィザードを適用したサイトの82%がGoogleのランキングが向上し、そのうちの67%は、Google検索の最初のページに表示されており、14ヶ月で、Google検索、XNUMXページ目の最初のページに上昇した事例もあるとします。

コンテンツが多くのブログや大規模なサイトではなく、小規模なサイト、個人のポートフォリオサイト、個人のプロフィールサイトなどでは ウィックスが良い選択であることがあります。

メモ:



コメントを残す

コメント