WordPressで、外部の画像を特徴画像に設定する方法

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ワードプレスで外部画像のURLを挿入して、イメージをロードすることができます。 グーテンベルクエディタでは、イメージブロックを追加して、「URLから挿入する」を選択して、画像のURLを指定することができます。

ワードプレス画像を挿入する -  URLから挿入するオプション

しかし、特性の画像は、外部URLで指定されている機能が、ワードプレスは、基本的に搭載されていません。 イメージイメージを特性イメージ(サムネイル画像)を指定したい場合 Featured Image from URLという無料のプラグインを使用することができます。

ワードプレスFeatured Image from URLプラグイン -  URL内の属性の画像を設定

このプラグインは、現在、7万人以上のサイトに設置されて使用されており、プラグインを有効にすると、さまざまな設定オプション(ワードプレス伝言板> Featured Image URL> Settingsで設定可能)が提供されます。

このプラグインを使用して外部画像のURLを文(ポスト)、ページ、またはカスタムポストタイプ(例えば、右コマース商品)の特性画像として指定することができます。 たとえば、文編集画面に「特性の画像」の設定オプションの下に「Featured Image form URL」オプションボックスが追加されます。

ワードプレスの特性画像の設定 - 外部の画像

画像のURL フィールドに画像のURLを記入して プレビューをクリックすると、外部の画像が特徴画像に設定され、プレビュー画像が表示されます。

ワードプレスFeatured Image from URLプラグイン

そしてこのプラグインには、「最初のイメージを特徴画像に設定」することができるオプションをはじめ、様々な設定が提供され、いくつかのオプションは、有料版での使用が可能です。

しかし、特性の画像に設定した画像が、元のサーバーから削除場合の特性イメージがエクバクに表示されます。 画像が割れた場合、デフォルトの画像を表示するようにする機能があるが、この機能は、プレミアムバージョンで使用することができます。

リンクが壊れて画像交換

また、プレミアムバージョンには画像のURLを検証する機能が含まれてい画像のURLを入力するときに「イメージが見つかりません」エラーが発生していないことを確認することができます。

Webホスティングサーバーの容量が不足したり、トラフィックを削減したい場合は、このプラグインを有効に活用することができます。 しかし、画像が元のサーバーから削除された場合エクバク画像が表示される問題が発生し、プラグインに依存するので、後日にプラグインを使用中止を決定した場合、既存の外部画像のURLに設定され特性の画像がサイトで正しく表示されなくなります。 したがって、このプラグインを使用するかどうかを慎重に選択してください。 ウェブサーバースペースが不足している場合、ブルーホストやサイトグラウンドのような海外のホスティングを利用することも考慮してみることができます( "海外ホスティング:ブルーホストとサイトグラウンド比較"参照)。

このプラグインを使用して外部イメージを特徴画像に設定すると、テーマに沿って、サムネイル画像が希望のサイズで表示されないことがあります。 そのような場合CSSでサムネイル画像のサイズを調整することができます。

参考までに、最近Featured Image from URLバージョン2.77以下でRESTルートでアクセス制御が不足している(Missing Access Controls on REST routes)されるセキュリティ上の問題が発生して、最新のバージョンからのアップデートされた。 このプラグインを使用する場合は、必ず最新のバージョンに更新してください。 (ワードプレスのサイトを安全に運営するために、常にワードプレス、テーマ、プラグインを最新バージョンに更新して、長い時間の更新がない放置されたテーマやプラグインは、使用していない方が安全です。)

注:



2のコメント

    • はい。 サーバーからの画像が削除されたり、サイト自体が消えるナンガムハルしかないようです。
      この記事で紹介するプラグインは、Webサーバーのスペースとトラフィックを削減してコストを惜しんたいとき考慮してみることができますが、あまりお勧めではありません。

      Webサーバーのディスク領域が多く必要な場合 Bluehostナ SiteGround 同じ海外ホスティングを利用するのも一つの方法です。

      応答