WooCommerce ショッピングモールに他の顧客が一緒に購入した商品を表示する方法

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

銀行などの金融会社が保険、証券など他の領域の商品まですべてを販売する行為をクロス販売(クロスセリング、Cross-selling)と呼ばれます。 正しいクロス販売戦略をショッピングモールに適用すると、売上高の増加に大きな助けになります。

このようなクロス販売戦略は、多くのショッピングモールで施行されています。 例えば、アマゾンで商品詳細情報の下には、商品と一緒に頻繁に購入する商品(Frequently bought together)を表示して購入を誘導します。

アマゾンクロスセル
アマゾンの「Frequently bought together」セクション

クパンでも同様に、各商品の説明ページの下部に「他の顧客が一緒に購入した商品」を表示しています。

クパン - 他の顧客が一緒に購入した商品
クパンの「他の顧客が一緒に購入した商品」セクション

ワードプレスで、このような機能を実装したい場合YITHで開発された YITH WooCommerce Frequently Bought Together プラグインを使用することができます。

お客様から寄せ一緒に購入する商品を表示するYITH WooCommerce Frequently Bought Togetherプラグイン

このプラグインは、無料版とプレミアム版がありますので、まず無料版を使用して必要な機能を提供するかどうかを確認することができます。 無料版は機能が制限されているので、ユーザーの評価はあまり良い方ではありません。 プレミアムバージョンの評価は5.0満点に4.51程度と比較的まともな方です。

無料版の機能:

  • 各単一商品に対して無制限数のおすすめ商品を設定
  • 「Frequently Bought Together」セクションのタイトルのカスタマイズ
  • 「Frequently Bought Together」セクションに表示される「Add to Cart」ボタンのフレーズとカラーのカスタマイズ

プレミアムバージョンの機能:

  • 表示する連携商品(linked product)の数を設定する
  • 連携商品の「total price」のラベルのカスタマイズ
  • よく一緒に購入するグループに対して割引を設定
  • 商品と関連する項目の数に応じてラベルのカスタマイズ
  • 商品リストに追加フレーズを追加
  • 「Frequently Bought Together」セクションの場所の選択
    - 商品詳細ページの「買い物かご」ボタンの下
    - 商品のタブの上
    - 商品詳細ページの最下段に
  • 連携商品の画像サイズを編集
  • Ajax呼び出し中に表示されるLoaderのカスタム画像をアップロードする
  • 他の商品に接続する必要がある商品のリスト
  • 一緒によく購入する商品に関連商品を設定
  • 「ウィッシュリスト」ページで連携商品スライダー(YITH WooCommerce Wishlistプラグインがインストールされた場合にのみ可能)
  • 推薦された商品の中からショッピングカートに追加する商品を選択
  • 基本的に商品をフォームで選択していないソンテに設定
  • 「買い物かご」アクションの後すぐに決済(チェックアウト)のページに移動

スクリーンショット:

ワードプレスウコマースクロスセルクロスセリングのプラグイン
「商品タブ上の "に表示さ

詳細とスクリーンショットはYITH WooCommerce Frequently Bought Togetherプラグインのページを参照してください。

注:



コメントを残す