WordPress Avada テーマ - 直感的なフロントエンドの視覚エディタ導入

2

ベストセラー WordPress テーマである Avada(Avada)最近のバージョン6.0に更新され、多くの新機能と改善点とフロントエンドでページを編集することができる Fusion Builder Liveという視覚エディタを導入しました。

最新バージョンにアップデートした後に WordPress サイト管理者アカウントでログインした状態で、編集するページを開くと、上部に「Fusion Builder Live」メニューが追加されていることを確認することができます。

Avada フロントエンドエディタFusion Builder Live

また、ページのリスト画面で、編集するページにマウスを置くと、「Fusion Builder Live」メニューが表示されて、フロントエンドエディタでページを編集することができます。 Fusion Builderの既存のバックエンドエディタでページを開くと、上部に「Fusion Builder Live」のアイコンが表示されます。

WordPress Avada テーマ

Visual Composer(現在の名称「WPBakery Page Builder」)、 DiviテーマのDivi Builder、 Elementor など競合ページビルダーでは、いち早く、フロントエンドエディタを導入したことに比べて Avadaは少し遅い感があります。

(Diviテーマでは、ドラッグでサイズを調節するコントロールを導入して、マウスでドラッグしてエレメントのサイズを調整することができる機能を最近導入しました。」WordPress Diviテーマ - ドラッグでサイズを調節する制御を導入し、速度の向上"参照)

次の画像で Avadaで新たに導入されたライブ編集(Live Editing)機能を調べることができます。

Avada テーマは、現在53万個以上の販売されており、多くのテーマのオプション/ページのオプションを提供し、コーディングの知識がない初心者でも簡単に使用することができます。 (あまりにも多くのオプションが提供ドゥェダみるどのようなオプションが提供される把握しにくいほどです。まず、テーマオプションに慣れたら作業が容易になるでしょう。)

そしてページで使用された個々の要素を完全に制御することができるように60以上Design Elementが提供されます。

Avada와 Newspaper(現在、このブログに設置されている)テーマはデモをインストールした後、気に入らなければ削除して、他のデモをインストールするオプションを提供しています。

おわりに

AvadaのFusion Builderは、フロントエンド編集機能を提供していなくて旧式という評価を受けたが、バージョン6.0に更新されライブで編集することができる視覚ビルダーであるFusion Builder Liveが導入されました。 今のフロントエンドエディタを使用して、直感的に編集することが可能になりました。

他にも多くの新機能が追加され機能が改善されたします。 Avadaが過去には重いという評価があったが、速度面でもますます改善されているようです。

ちなみに速度が遅い場合、不要な機能(例えば、Fusion Slider)を無効にして、プラグインの数もできるだけ減らす助けになることがあります。 キャッシュプラグインのインストールなど、一般的に知られている方法でサイトの速度が改善されない場合、専門家の助けを得ることができます。 速度の改善が必要な場合 ここでお問い合わせいただければ専門家を紹介させてドリルすることができます。

メモ:

2のコメント

  1. 私は、この機能に心酔んじゃないつもり.. ^^
    ここ雨が降っています。
    今の暑さも波いっね。

    • 私はバックエンドで編集することが便利ですが、フロントエンドで視覚ビルダーを使用して編集すると、より便利に思われる。

      ここ暑さが少し和らいました。
      今日も楽しい一日を過ごす。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください