アマゾンライトセールに WordPress インストールとドメインの接続

5

アマゾンライトセール(Amazon Lightsail)は、低コストで仮想サーバーのホスティングを利用できるサービスで、ソウルリーまでサポートして速度と性能の面で高い評価を受けています。 アマゾンライトセールは月に最低3.5ドルからサービスを利用することができます。

アマゾンライトセールLightsail料金プラン

アマゾンライトセールを利用すれば、低コストでVPSのサーバーを利用することができますが、直接サーバーを設定して運営しなければならない負担があります。 このブログに現在利用されている Bluehost VPS 商品はcPanelとライブチャットを介して顧客サポートが提供されるため、私のようにサーバーの知識が不足しているユーザーに適しているようです。

ちなみに安価に海外ホスティングを利用したい場合は、次の文に含まれているリンクをクリックして、ブルーホスト共有ホスティングに加入すると、月に1ドルが割引月に最低2.95ドルからサービスを利用することができます。

この記事では、AmazonのAWSに登録して、ワードプレスをインストールして、ドメインを接続する過程まで説明します。

アマゾンAWSに登録

アマゾンライトセールサイト(https://aws.amazon.com/ko/lightsail/)に接続して、 Lightsail無料始めるをクリックします。

アマゾンライステイル開始する

AWSアカウントの作成 画面が表示されます。

アマゾンAWSアカウントの作成

電子メールアドレス、パスワード、AWSアカウントの名前を入力します。 アカウント名は、後日変更が可能です。 ページが英語で表示される場合、右上の "韓国語"を選択すると、ハングルで変わります。

入力した後、下部の「同意して、アカウントの作成」をクリックします。

続いて 連絡先情報を入力するページが表示されます。

アマゾンAWSアカウントを作成

アカウントの種類にプロフェッショナル(企業)と個人の中から選択することができます。 英語ですべて記入するようにします。 記入した後、下部の「アカウントを作成して続行」をクリックします。

お支払い情報 ページが表示されます。 海外で使用可能なクレジットカードやデビットカードの情報を入力します。

アマゾンAWSアカウントの作成 - お支払い情報を入力

検証と追加をクリックすると、登録したクレジットカードでAMAZON WEB SERVICESの名前で0.00ドルと、1ドルが請求されます。

次の手順でテキストメッセージ(SMS)や固定電話への資格情報を確認する過程を経ることになります。 テキストメッセージを選択した場合、携帯電話の番号を選択して、セキュリティチェックの文字を入力した後、「SMSの送信」をクリックすると、文字の認証コード(Verification Code)が運ばれます。

アマゾンAWS登録資格確認

確認コードを入力すると、AmazonのAWSアカウントの作成が完了します。

アマゾンAWS登録完了

ライトセールでワードプレスインスタンスの作成

ライトセール(Lightsail)でワードプレスをすぐに動作したい場合は、インスタンス作成で WordPress 画像を選択すると、便利です。

アマゾンライトセール開始する

作成したアカウントで、アマゾンAWSにログインした後、アマゾンライトセールサイトで Lightsail無料始めるをクリックします。 その後、インスタンスを作成できる「インスタンスの作成」画面が表示されます。

アマゾンライトセールワードプレスのインスタンスの作成

インスタンスのイメージの選択でプラットフォームは、Linux / Unixを選択します。 Linux / Unixオペレーティングシステムは、月に3.5ドルから利用でき、Windowsオペレーティングシステムでは、月8ドルから利用が可能です。

ブループリントの選択では、 WordPressを選択します。

アマゾンライトセールインスタンスプランを選択

「インスタンスプランの選択」セクションで、適切な料金を選択します。 3.5ドルプランを選択すると、一ヶ月間無料で利用することができます。

アマゾンライトセールインスタンスの作成

インスタンス確認 セクションでLightsailリソースの名前を入力した後、下部の「インスタンスの作成」をクリックします。 その後、インスタンスの作成が開始されます。

アマゾンライトセールインスタンス生成完了

インスタンスが生成されるには少し時間が必要です。 生成が完了するまで、「待機中」が表示されます。

ワードプレスパスワードを確認する

WordPress インスタンスが完了すると、SSHに接続して、ワードプレスのサイトにログインするために必要なパスワードを確認することができます。

インスタンスの作成が完了すると、生成されたインスタンスの状態が「待機中」から「実行中」に変わります。

アマゾンLightsailワードプレスインスタンスパスワードの確認

先ほど作成したインスタンスの右上にある3つの点のアイコンをクリックします。

アマゾンAWS  -  SSH接続

ドロップダウンメニューから「接続」をクリックします。 その後、SSHに接続されます。

アマゾンライトセールSSH接続

上記のような画面が表示されたら、次のコマンドを入力します。

cat bitnami_application_password

その後、上記の画面のようにパスワードが表示されます。

ワードプレスのサイトにログインする

ログインに必要なパスワードを確認したので、新たに作成したワードプレスのサイトにログインすることができます。 ワードプレスのサイトにログインするには、ブラウザのアドレスバーに次のURLを入力します。

http://PublicIpAddress/wp-login.php

PublicIPAddressは WordPress インスタンスのパブリックIPアドレスです。 パブリックIPは、インスタンスのリストから確認が可能です。

アマゾンライトセールパブリックIPアドレス

デフォルトのユーザー名は、 userです。

アマゾンライトセールワードプレスログイン

Usernameに userを入力して、[Password]フィールドには、上で確認し、パスワードを入力します。 ワードプレスにログインした後は、言語を韓国語に変更し、パスワードも変更してください。

ライトセール固定IPアドレスを生成して、ワードプレスのインスタンスに接続する

インスタンスを停止して起動すると、ワードプレスのインスタンスの基本的なグローバルIPが変更されます。 インスタンスに固定IPアドレスを接続すると、インスタンスを停止して起動しても、IPアドレスが変更されません。

固定IPアドレスを作成する

インスタンスのページで静的IPアドレスを指定するインスタンスの名前をクリックします。

アマゾンライトセール - 固定IPアドレスを作成する

ネットワーク タブをクリックします。

アマゾンライトセール固定IPアドレスの作成

上記のような画面が表示されたら、「固定IPの作成」ボタンをクリックします。

固定IPアドレスの作成

インスタンスに接続 セクションで固定IPアドレスが接続インスタンスを選択します。

固定IPを確認し、生成

固定IP確認セクションにLightsailリソースの名前を入力し、下の 生成をクリックします。 固定IPアドレスは、インスタンスに接続されている間、無料で追加料金なしで5つを管理することができます。

ドメインの接続

これで、ドメインをワードプレスのインスタンスに接続することができます。 この手順は、次のとおりです。

  • アマゾンでドメインを追加して、アマゾンのネームサーバ情報を確認します。
  • ドメインのネームサーバ情報をアマゾンで提示する情報に変更します。
  • Aレコードを作成して、静的IPアドレスを指すように設定します。

インスタンスのページで ネットワーク タブをクリックします。

アマゾンライトセールドメイン接続する

ネットワークページで DNSゾーンの作成 アイコンをクリックします。

アマゾンライトセールDNSゾーンを作成

その後、登録したドメインを入力して、DNSゾーンを作成することができます。

アマゾンライトセールワードプレスのインスタンスにドメイン接続

登録したドメインを入力セクションに ガッビアーノ など登録したドメイン名(例:example.com)を入力して、下段の DNSゾーンの作成をクリックします。 その後、ドメインが登録された登録代行機関のホームページにログインして、ドメインのネームサーバー情報を変更できるようにネームサーバが表示されます。

アマゾンライトセールDNSレコードを追加

ネームサーバーの情報にドメインプロバイダのサイトにログインして、ドメインのネームサーバーを変更するようにします。 ネームサーバが変更されるに1〜2日程度かかる場合があります。 多くの場合、XNUMX〜XNUMX時間で変更されることがありますが、場合によっては一日以上かかることもあります。

ドメインのネームサーバ情報を変更した後、上記の画面のDNSレコードのセクションで、Aレコードを追加するようにします。

Aレコードを追加

「レコードの追加」をクリックします。

アマゾンライトセールドメイン接続

Aレコードを選択して、サブドメインには、@を入力すると、example.comの形で追加されます。 右から固定IPアドレスを選択します。 固定IPアドレスを選択すると、右上にチェックアイコンが緑色に変わります。 緑のチェックアイコンをクリックすると、レコードが追加されます。

今待つドメインワードプレスインスタンスに接続されます。

注:

5のコメント

  1. Cafe24とは比較にならない料金、ソウルリージョン、証明書の提供などを考えると、Amazonライトセールが非常に魅力的です。
    しかし、サーバの設定など私の能力を考えると躊躇たりします。
    現在月に1,100ウォン出して一般型を使用中だが、次の段階である、ビジネス型は月に5,500ウォンにストレージ容量2G、トラフィックは5.5Gに過ぎません。 ビジネス型を書きとか勉強をちょっとでもアマゾンで移動する必要がという気がします。

    • まず、テストの目的で一つ作ってテストしてみるのも一つの方法です。

      サイトの規模が大きい場合は、サーバーの問題で一日二日程度のサイトが中断されると、被害が大きくなる可能性があるので、そのような場合には、サーバーの専門家を雇って運営することを考慮してみることができるようになります。

      (アマゾンAWSやアマゾンライトセールを運営しながら、問題が発生した場合クモンで人を救っ問題を解決する方もおられます。その場合、より高価にすることができます。)

      • 笑それこそ倍以上へそが大きいことですね。
        私の文は、実際に画像が別必要がないことが多く、外部の画像を取り込んで使用してのです。 まだ時間的な余裕がありますので、もう少し悩んでみましょう。

  2. 良い情報ありがとうございます。

    テストの目的で一つ作ろうと考えています。 このサーバーでテストしようとしたら間違って触れる以上になって一つ作ろうとするのに良いアマゾンライトセールにする必要がね。

    アマゾンは国内サーバーとすごく速いですね。 後にはいくつかの高級仕様で行くとあまりにも高価なって問題が簡単な紹介サイトや国内サイトは大丈夫そうです。

    管理対象ノードにも基本的なサイト作成しあれこれアップタイムチェックにこれウェブサイトの構成するのが趣味になるといけないんですが。 ㅠㅠ..本業に忠実でなければね。

    • テストの目的で一つ作って使ってみるといいようです。

      サーバーは、問題が発生した場合の解決に時間が多くかかるので、時間が多い場合は、サーバーを運営しながら一つずつつけることもそれなり面白そうです。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください