ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

모든 WordPress URL エクスポート - Export All URLs プラグイン

Last Updated:2021年11月1日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress サイトですべての記事またはページのタイトルとURLをExcelファイルにまとめたい場合があります。 この場合、Export All URLsプラグインを使用してすべて WordPress URL エクスポートが可能です。

모든 WordPress URL エクスポート

このブログでは現在3200を超える記事が発行されています。 文の数が多くなると、どんな文があるのか​​把握することは容易ではありません。 それで、ある方がすべての文のタイトルをまとめたページがあればいいと提案していただきました。

すべての記事のタイトルとURLをExcelファイルなどで整理したい場合、またはタイトルに特定のキーワードを含む記事のタイトルのみを抽出したい場合WordPressでタイトルに特定のキーワードを含む記事のタイトルを抽出する」を参考にすることができます。

Export All URLs プラグインを使用してすべての URL をエクスポートする

洗練されたフィルタリングが不要な場合 Export All URLs プラグインを使用して投稿/ページ/カスタムポストタイプなどすべて WordPress URL をエクスポートできます。

まず、 WordPress 伝言板>プラグイン>新規追加で「Export All URLs」を検索して「今すぐインストール'をクリックしてインストールして有効にします。

Export All URLs プラグインを使用してすべての URL をエクスポートする

このプラグインは現在3を超えるサイトにインストールされ有効になっています。 ただし、これらのプラグインは必要な操作を完了した後に削除できます。

このプラグインをインストールすると、 ツール(Tools) 下に すべてのURLをエクスポートする メニューが追加されます。

모든 WordPress URL エクスポート - Export All URLs プラグイン

ここで、必要なポストタイプの記事のデータをエクスポートできます。 ダイムなどのデータを抽出できます。

  • Post IDs (ポスト ID)
  • Titles (タイトル)
  • URL
  • Categories (カテゴリ)

Post Status(文状態) セクションで公開された文だけを書き出すか、他の状態の文(保留中、一時文、非公開もしくはごみ箱にある文)を書き出すように設定できます。

Show Filter Options(フィルタオプションの表示)Show Advanced Options(詳細オプションの表示)をクリックすると、次のフィルタ機能と高度なオプションを利用できます。

  • 執筆者によるフィルタ
  • 日付範囲の指定
  • ドメインURLを除外(移行後の結果の比較に非常に便利)

Export Type(エクスポートタイプ)으로 CSVファイル(CSVファイル)Output here(ここに出力) XNUMXつのオプションがあります。

CSVファイルにエクスポートオプションを選択すると、データをCSVファイルにエクスポートしてExcelなどで開くことができます。 CSVファイルにエクスポートするとURLが見つからないことがあります。 そのような場合は、再試行すると正しくエクスポートされます。

Output hereを選択すると、 ツール > Export All URLs ページ下部に結果が表示されます。

プラグインの用途

このプラグインは、次の状況で便利に使用できます。

  • サイトのすべてのURLを確認する
  • サイト移転時
  • セキュリティ監査時
  • SEOの専門家とすべてのURLを共有する必要がある場合
  • htaccessを使用して301リダイレクトを設定するとき

システム要件

このプラグインはPHP 5.4以降、 WordPress バージョン3.1.0以降で動作します。 しかし、 WordPressではPHP 7.4以上を推奨しているので、PHPバージョンが低い場合は、PHPバージョンをアップグレードしてください。

最後に、

以上でExport All URLsプラグインを使用して WordPressのすべてのURLをエクスポートする方法について説明しました。

より洗練されたDBクエリが必要な場合 wpDataTablesなどのプラグインを使用すると、データベース操作を簡単に実行できます。

参照



コメントを残す

コメント