Naver 専用インデックスナウプラグインアップデート(マルチサイト対応など)

Last Updated:2024年05月30日| コメントを残す

Naver カフェ Naver ウェブ文書の収集がスムーズではなく、収集要求をしても収集保留になるという方が目立つですね。この WordPress ブログの場合は別途収集依頼をしていませんが、 Naverでインデックスはすぐになっています。昨日発行した記事を確認してみました。 Naverにインデックスが作成され、検索となっています。しかし、訪問者数は300日平均500~XNUMX人ほどであまり多くない方です。インデックスになることとよく露出されるのは別の問題のようです。

Naver 索引
Naverにインデックスが上手になっているが、上位ページには露出されていない。

私は投稿を投稿したり更新したとき Naver インデックスナウ(IndexNow)プロトコルを介して NaverにURLを送信しています。 Naver インデックスナウをサポートするプラグインがありますが、私は必要な機能だけを含めて直接作成して使用しています。

Rank Mathプラグインを使用している場合は、Rank Mathが提供するインスタントインデックスモジュールを使用してURLを送信すると、 Naverまた、索引付け要求を行うこともできます。この記事で紹介する自作プラグインとして Naver IndexNowプロトコルを介してURLを送信すると、Bing検索エンジンにもリクエストが送信されることが確認されました。駅にBingにIndexNowリクエストを送信すると Naverにも自動的にURLインデックス要求が送信されます(Naverで確認できる方法がないので確認できませんでした)。私はBing検索エンジンの流入がほとんどなく、Rank Mathのインスタントインデックス機能を無効にし、この記事で紹介するプラグインでのみIndexNowリクエストを送信する予定です。

Naver 専用インデックスナウプラグインアップデート(マルチサイト対応、重複URL提出のバグ修正など)

Naver IndexnowでURLを送信しても Naverでインデックスを付けるという保証はありませんが、インデックスがうまくいかない場合は試してみることができるようです。

Collins Agbonghamaという開発者が作成 Index Now SEO – Instant Indexing for Google, Bing, Yandexというプラグインから Naver インデックスナウをサポートします。このプラグインは Naverだけでなく、ビング、グーグル、ヤンデックスなどもサポートしています。 (GoogleはIndexNowプロトコルをサポートしていませんが、GoogleのIndexingサービスを介してURLを送信する方法のようです。)

WordPress プラグインリポジトリに登録されたこのプラグインを使うと便利ですが、サイトの速度が遅くなるというユーザーもいらっしゃいますね。私は Naver 専用に直接作って使っています。

Naver 専用インデックスナウプラグインアップデート(マルチサイト対応など)

機能は単純です。

  1. 文を発行するとき Naver IndexNowプロトコルを介してURLを送信する
  2. 投稿を更新するときにURLを送信する
  3. 一括編集/クイック編集時のURL送信
  4. マルチサイトの互換性
  5. ログ表示(提出日時はサーバー日付で表示されています。 WordPressで設定したタイムゾーンに基づいて日付を表示するように変更してみます。)

Naver IndexNow API キーは ここで作成できます。

Naver APIキーを入力したら、[保存]ボタンを押してテストしてください。エラーが発生した場合は、API キーを再生成してキーを保存してからテストすると、うまく動作します。 Code 200が表示され、正常に動作しています。 422 Unprocessable Entityや403 Forbiddenなどのエラーが発生した場合、APIキーは無効です。

マルチサイトで投稿または保存したときにURLが2回送信されるバグを修正し、クイック編集/バッチ編集時にも更新ボタンを押すとURL収集要求になる機能を追加しました。

Naver インデックスナウ文書によると、一度に1万個のURLまでリクエストが可能だという。一括リクエスト機能も追加できますが、この機能は別々のプラグインにしました。

Naver 専用のIndexNowプラグインは Naver カフェからダウンロードできます。

このプラグインは必要なときにのみ有効にし、使用しないときは無効にすることができます。私は普段は無効にして書き込みや更新時にのみしばらく有効にして使用しています。 (バックアッププラグイン など、普段使用しないプラグインは、必要なときだけしばらく有効にしてから作業後に無効にしても構いません。)

人工知能(AI)時代が開幕し、Googleなどの検索エンジンが検索アルゴリズムを相次いで更新しています。インターネットの世界は以前とは全く異なって変化しています。 Googleの検索アルゴリズムの更新により、小規模なウェブサイトは検索トラフィックを削減し、Reddit、Wikipedia、 Instagram などのような大型プラットフォームの検索トラフィックが増える現象が発生しているそうです。

GoogleとBingはAI検索サービスも導入しています。ユーザーは、よくまとめられた検索結果を提供するAI検索機能を使用することになれば、ブログなどのウェブサイトへの訪問が減少することは誰でも予想できます。これにより、時間がかかり時間がかかり、質の高いコンテンツを作成しようとするパブリッシャーが少なくなり、検索品質にも影響しないと考えられます。

参照


コメントを残す

コメント